Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

空手karate

世界大会? 国際大会?

 

 

今日届いた「沖縄空手通信(17年2月号)」に次の記事。

 

 

”1月16日、沖縄県と沖縄伝統空手道振興会主催「第一回沖縄空手国際大会」が2018年8月1日〜8日に開催されると発表された。近日中に、公式ホームページが公開予定。”

 

あれあれ、「世界大会」ではないのですか。う〜ん、いろいろ考えての事でしょうね。

 

ま、世界であれ国際であれ、来年、我が沖縄県が主体となり「世界規模」の「国際規模」の空手大会が開催されることは喜ばしいことです。

 

 

 

 

ところで、世間では”オリンピックに空手が採用された”と大騒ぎですが、事はそれほど単純ではないのです。”空手”ということでこの世界を知らない人は単純に喜んでいるようですが、実はそうではありません。

 

 

オリンピックでの空手競技は所謂「スポーツ空手」なのです。沖縄の町道場で営々受け継がれてきた「沖縄の(伝統)空手」とは”似て非なるもの”なのです。

 

勿論、青少年への普及におけるスポーツ空手の有用性有効性は否定しません。当塾も子供たちにははその指導稽古方法を採っています。

 

 

最近、「オリンピックの型競技は是非、沖縄県で・・・」の開催運動がありましたが、(当然のことですが)無に帰しましたよね。

 

実は、それで良かったのです(私見として)。

 

 

 

それで良かったのだということが、今後、2020年が近づくにつれ、徐々に明らかになってくるはずです。

 

  • 2017.02.05 Sunday
  • 18:55

空手karate

沖縄空手会館の落成・・・おめでとうございます

 

 

是までもこのブログで度々紹介してきた「沖縄空手会館」。

 

一昨日、待ちわびていた「沖縄空手会館落成記念式典」の案内が届きました。(^_^)v

 

 

空手会館竣工式.JPG

 

 

空手道場、鍛錬室、研修室、展示施設、特別道場等々、やっと拝見できる。楽しみですね。

 

(詳しくは「沖縄県空手振興課」のウェブサイトで)

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017.02.03 Friday
  • 11:19

空手karate

連載小説「武士マチムラ」より

 

 

琉球新報で日々連載されている(除く日曜日)今野敏作「武士マチムラ」。

 

 

一番の見どころ、薩摩武士を懲らしめるシーンも終え、ヤンバルでの逃亡生活を経て故郷の泊に戻ってきた。一躍、有名になった彼の教えを乞うものが続々と現れてきた。

 

 

今朝の話題(152回)、友人の盛栄に指導する場のくだり。

 

”人に教えるようになると、自分の型もおろそかにはできなくなる。正しい型ができないと、人に正しい型を伝えることができない。だから興作(武士マチムラ)は益々丁寧に型を稽古するようになった。人に教えることも稽古なのだということを、初めて知った。”

 

 

まさに我が意を得たり。常日頃このブログにも書き綴ってきたように、まさしく「教えることは学ぶこと」である。

 

 

指導する相手は皆違う。体格や武才や運動神経、その他学ぼうとする意志の強度等、皆それぞれである。そういう人を相手にしていると、いろいろな気づきがあり、いろいろ工夫するようになる。型は当然、鍛錬方法もそうである。

 

 

 

  • 2017.01.30 Monday
  • 14:00

空手karate

人間塾のHP

 

(画像をクリックしてジャンプ)

 

  • 2017.01.29 Sunday
  • 20:10

空手karate

特訓

 

通常、特訓は大体月2回ほどのペースで実施している。只、今月は昨日の特訓で3回目となる。

 

 

今の子供たちは我々の時代と比べて、塾やら習い事やら部活などでチョウ忙しい。正直、通常稽古で済ませることができるのなら、そうしたいのはやまやまだ。あまり子供たちの時間を奪いたくはない。

 

 

しかしながら、狭小な道場スペース、指導員がAクラスを除いていない、レベルや学年の違う子供たちが一緒になっている、などなどの理由でどうしても、通常稽古外に時間を設けての集中特訓は避けられない。

 

 

参加は本人の意志に任せ強要はしない。本人のやる気次第ということだ。又、1時間或いは1時間半の短時間で済ませることにしている。当たり前の事だが、或る目的の為に特定の子供たちを集めての稽古は、かなりの効果があることは事実だ。集中力が半端ではない。


 

嬉しいことに、こういう場合は自前の道場だと自由が効くので有難い。これが公共施設を借りての道場運営なら大変だろうと思う。

 

 

 

tokkun (2).jpg

 

 

 

tokkun (1).jpg

 

 

昨日の型の特訓は、後期審査で三級に受かった塾生を中心に、二級の先輩にも手伝ってもらった。彼ら自身、改めて自分の型をチェックしてもらう良い機会になったはずである。

 

 

 

  • 2017.01.29 Sunday
  • 11:32