沖縄のローカルヒーロー

  • 2017.09.02 Saturday
  • 10:57

今日の呟き・・・

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 15:39

 

晴れたり曇ったり、時にはちょろっと小雨が降ったりと、毎日、うっとうしく蒸し暑い日が続いています。

 

皆様、如何お過ごしですか?

 

 

 

 

久しぶりに雨らしい雨でしたね。すぐ止むかと思っていたら、まあまあ降ってくれました。

 

ここは那覇空港近くにある人間塾道場です。

 

雨も風もお天気も、なんでもそうだと思うのですが、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。ほどほどが良いですね。

 

 

そういえば、先日、娘を糸満市の宴会場へ送る機会があったのですが、帰りは見事に渋滞に嵌ってしまいました。高架道路ですから、流れに任せるしかありません。

 

 

生来、短気の私です。リタイヤ前なら、もうイライラして大変だったんでしょうが、朝夕の交通ラッシュから解放され、日々、マイペースで生きている今の私ですから、どうってことありません。(^_^)v (特に急いで帰る予定もなかったことだし・・・)

 

 

(実際はもっと鮮やかだったんですが・・・ウインドウ越しで撮ってしまいました)

 

 

通常、雲は横長が多いのですが、見事なほど縦長でぽっかりと浮かんでいたのです。人によっては何でもない、只の雲かもしれませんが、その時の私は何故か、「うわぁ〜」でしたね。

 

 

 

こういうことを経験したことはありませんか?

 

いつも車で通っている道。

 

何気なく見た道路沿いの木々や草花が、実にいきいきとしているのを。実に鮮やかだったことを。カメラのレンズを通して観たようなズームアップしたような・・・。

 

 

ありませんか?

 

 

 

猫って・・・

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 14:06

 

 

 

neko  (1).jpg

 

 

 

 

neko  (2).jpg

 

 

猫って不思議な動物ですね、ホントに。

 

 

一番、困るのはあの鳴き声です。あの鳴き声に惹き付けられ、癒され、時に、絆されてしまうのです。

 

 

元来、私は猫や犬には余り愛着や興味は無かったんです。此処に引っ越してきた20年以上も前には、住宅が少なく野良犬や野良猫も結構居たのです。

 

 

うちのカミさんが猫好きで、餌をあげたりしていたものですから、いつの間にか、外猫として居ついていました。が、当時は野良犬に噛まれたり、車に轢かれたりで、何匹も死なせてしまった苦い思い出があります。参照:14年11/27記事

 

 

それでも「たま」が来るまでは、今ほど猫への愛着は無かったのです。

 

 

毎日毎日、家の中で、猫特有の動作仕草を見ていて、あの甘える時の鳴き声や、何かをねだる時の鳴き声を聞かされていると、あきません。^^;

 

 

今現在でも、私には「抱っこ」もさせてくれませんが、リタイヤ後の日々に、我が家に、潤いを与えてくれているのは間違いないのです。(-。-)y-゜゜゜

 

 

 

 

しかし、いつの間にやら「猫記事」が増えていますネ。

 

お暇な「貴方」、カテゴリー(categories)「動物」でチェックしてみたらどうですか?

 

 

 

(追記)

 

 

Aug28 (1).jpg

 

 

あらあら、偶然と言えば偶然、不思議と言えば不思議。何と「アンちゃん」がヴェランダに・・・ (?_?) 

 

 

「たま」の記事をブログアップしたのが朝の11時前。「アンちゃん」を見つけたのが12時半頃です。

 

 

久しぶりですねぇ。

 

うちの「たま」に気付かれないように、居間のカーテンで見えないようにし、そ〜っと、勝手口ではなく道場側から・・・

 

 

 

Aug28 (2).jpg

(そ〜っと、近づき餌を・・・)

 

 

 

Aug28 (4).jpg

(なかなかチャーミングですね ♪♪ )

 

 

Aug28 (3).jpg

 

 

 

Aug28 (5).jpg

(食べ終わったら、ヴェランダの下に潜り込んでしまいました)

 

 

・・・ほんとに、猫って ♪ ♪ ♪

 

 

島袋先生

  • 2017.08.27 Sunday
  • 19:05

 

今日8/27、沖縄タイムスの「週刊沖縄空手」から、島袋春吉先生を紹介します。

 

 

(先生の廻し蹴りを受けているのが太希くん、右端が久江さんの旦那さん)

 

 

島袋春吉先生は、我が「全沖縄空手道連盟」の副会長を数期務めております。

 

 

さて、同じ南派少林拳の流れを汲む「上地流」ですが、型は勿論、鍛錬法もかなり違います。例えば、剛柔流同様、「サンチン」と呼ばれる身体鍛えは勿論ですが、蹴りにおける「足尖(そくせん)」は特にそうですね。伝統的に剛柔流では「足尖蹴り」は余り行われておりません。(足尖とは爪先、足先のこと。しかし、尖足と文字が逆になると、アキレス腱が縮み、足先が下を向いたまま元に戻らなくなった状態、所謂、脳卒中などで寝たきりでいるとなりやすい症状のことをいうようです。)汗

 

剛柔流の前蹴りでは所謂「中足底」を使います。(※流派により上足底ともいう)

 

 

 

因みに、若い頃、慣れない試合で何気に出した前蹴りをミスってしまい、左足の人差し指(示指)は今でも親指側に曲がったままです。^^;

 

 

(追記)

日本や沖縄の場合だと、一般的に裸足での稽古となるので、蹴りにも注意が必要となりますが、中国拳法に於いては中足も足尖も関係ありません。靴を履いたまま行うのが中国拳法ですから…

 

 

沖縄空手ニュース

  • 2017.08.26 Saturday
  • 14:58

 

新聞記事から3件紹介します。

 

(沖縄タイムス 8/22)

 

 

 

(沖縄タイムス 8/26)

 

 

 

 

 

「空手を多言語で発信 会館に案内センター」(琉球新報 8/20)

 

 

空手発祥地としての沖縄を国内外に発信し、空手愛好家の受け入れを強化する目的で「沖縄空手案内センター」が豊見城市の沖縄空手会館内に設置され、本格的な運用が始まっている。同センターは多言語で沖縄空手の情報発信、問い合わせに対応するほか、沖縄での修行を希望する国内外の空手家らの要望を聞き、県内町道場とつなげる役割も担う。

 

案内センターは県が沖縄伝統空手道振興会に委託して開設した。県は今後、空手振興ビジョンを策定し、沖縄の新たな観光資源として空手の魅力を発信する考えで、センターはその中核の一つになる。

7月下旬に特設ホームページをつくり、電話やEメール、専用フォームからの問い合わせが可能となっている。ホームページは現在、日本語と英語で情報発信しているが、今後はフランス語やスペイン語での情報発信も進める考え。

県空手振興課によると、ホームページ開設前の5〜6月の間にも20件近く道場の紹介依頼があり、インドやオーストリア、ブラジル、スペインなど多くの国の空手愛好家と県内の町道場をつなげたという。同センターのホームページは http://okic.okinawa/

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM