Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

空手karate

イタリアでのカメ〜攻撃

(*^o^*) /

初めての海外セミナーが1995年イタリア北部ウディーネ地方の小さな町だった。

当時、その町に定住しているアジアの人は、確か日本人が一人しか居なくて、他には中国人が数名居るぐらいのかなりの田舎町だった。

・・・後で分かったのだが、何とチャイニーズレストランは世界のどんな辺鄙な街にも進出しているとのこと。

ガ━━━━━━∑(゚д゚lll)━━━━━━ン


空手発祥の地、本場オキナワから来たということで、我々は新聞にも掲載され、セミナー主催者の彼らはテレビのインタビューも受け、かなり話題になったようだった。 (●^□^●)ハハ


得意げにインタビューに答えている二人

得意げにインタビューに答えている二人



しかし、招聘してくれたその空手マンに連れて行かれた警察署には正直往生した。

メンバーの一人がポリスマンだったので、気を利かして案内してくれたのだろうが・・・。

美人の警察官に案内されたのは良いが、薄暗い室のテレビモニターを見せられながら、如何に国境からの不法侵入に苦労しているかとか何とか、(と、言っているようだった?)


う〜ん (^_^;) が見えない・・・ ここはモニター室ではありません。
うーん (^_^;) が見えない



ベラベラと専門用語で早口で言われた日には、どうしようも無い。

 (^〜^;)  

今にして思えば、美人警官の顔を見ながら、“Yes, Yes” と、首にカメラをぶら提げ、薄ら笑いを浮かべている眼鏡をかけた典型的な日本人だった様な気がする。

(誰がヨ〜?) (・・・出っ歯で無かったのが唯一の救いか?)


ところで、

イタリアでセミナーを主催してくれた空手マンのおばあちゃんがこれ又凄かった。

兎にも角にも、

 “マンジャーレ、マンジャーレ !!”

なのであった。


“おばあちゃん、もうお腹一杯だから、ありがとうもういいよ。” と言っても (勿論イタリアの彼に通訳してもらっている・・・) 


“マンジャーレ、マンジャーレ !!”

なのであった。


不思議なものだ。


遠い外国に居るのに、外国のおばあちゃんと話ししているのに、何を言っているのか良く分からないのに何の違和感も無い。まるで、オキナワのオバアと話しをして居るような錯覚さえ感じる。


  〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



あれから14年。そのおばあちゃんが90何歳で亡くなったことを、先日イタリア、シシリーのセミナーから帰ってきたポリスマンのT氏から聞かされた。(合掌) 

(ノ_・。)


◆◆2009年12月道場竣工予定 ◆◆道場開き2010年1月 

所在: 沖縄県那覇市金城エリア
概要: 重量鉄骨1F、トイレ・シャワー・更衣室&庭&駐車可
定員: 児童20名、一般10名
 

  • 2009.07.25 Saturday
  • 00:49

english

do not eat by karate

In the room of second floor Miyazato Sensei usually said us,

“You should not eat by karate.”

“The job and family are very important and karate is third or forth.”



It is very strange, recently I have often remembered Eiichi Sensei.

Frankly speaking, I did not think much about Sensei when he was alive.

Whenever I went the dojo I could meet sensei and trained under him.
I did not know that was very wonderful,very lucky.

I have understood only after loosing.

Ten years have been passing after sensei’s death.
Since then in Jundokan many things have happened.

I could not help understanding his greatness in these ten years.



◆◆STARTING JUNDOKAN SHIBU DOJO ◆◆

Location: Kanagusuku ,Naha City, Okinawa
(by ten minutes walking to Monorail Oroku Station)
Structure: One story steel frame
Starting training: Jan. 2010 ( in plan)

Honbu Dojo : Okinawa Gojuryu Karatedo Sohonbu Jundokan

  • 2009.07.23 Thursday
  • 22:37

空手karate

栄一先生

道場2階の応接室で先生が我々に言っておられたことを、何故か最近良く思い出す。


「イッター ティーシェー ムノー カムナヨーヤー」


「シグトゥトゥ カテイ ガル イチバン デェージ、ティーヤ サンバン ヨンバン ドゥ ヤンドー、 ワカイラヤー」


不思議なものだ。

当然の事だが、道場に行けばいつでも先生には会えた。先生から小言も大分頂いた。叱られたことも一つや二つなんてものでは無い。

正直のところ、先生の存命中は、之ほど先生のことは考えなかった。


先生が亡くなられて、もう10年になる。亡くなられてから順道館にもいろいろなことがあった。

本当に先生の凄さ偉大さを、この10年思い知らされた。  m(__)m
  • 2009.07.22 Wednesday
  • 22:24

空手karate

我が師 栄一先生

栄一先生のカメ〜攻撃

練習後は良く我々に2階から声を掛け、一寸休みなさい、とか、食べてから帰りなさいとかで、食事やビールをご馳走してくれた。


魚天ぷらが良く出た。

先生は、我々に「君の住んでいる ・・・では、こんな美味しいもの食ったこと無いだろう。遠慮しないで食べなさい。」とよく言っておりました。

ところが、玉には、あれっ !? と思うような場合があったのです。

            ・
            ・
            ・
            ・
            ・

そうです、少し傷んでいたのです。 ァハハ・・(^д^;)

先生は先生で「ヌ〜ガ、ヘーク、カメ〜 カメ〜 」とせっつくのです。


でも、そんなこと先生には一言も言えません。おまけに全部片付けなければなりません。

おわかりですネ。こういう場合こそ後輩の出番です。 (^_^;)

帰りは全員、ありがとうございました。ご馳走様でした・・・でした。



◆◆2009年12月道場竣工予定◆◆道場開き2010年1月 

所在: 沖縄県那覇市金城エリア
概要: 重量鉄骨1F、トイレ・シャワー・更衣室&庭&駐車可
定員: 児童20名、一般10名

 

  • 2009.07.19 Sunday
  • 10:43

道場建築

あ〜痛し痒しの道場建築

正に苦渋の決断であった。

之まで何十年もかけて育ててきた(?)(勝手に育った?) 我が庭の木達には誠に済まないと思う。 庭に建てる他、選択肢は無かった。 

未だ工事は始まってはおりません。現在申請中です。うまくいけば8月には着工できます。)  v(o^_^o)v



玄関口からの様子

玄関口



庭の主様
庭の主?



そして2階からの眺め

2階の寝室から



なんとなんと、4月ごろの話です。

玄関前に写真のように2羽の小鳥がじっとしているではありませか。

早速、パチリパチリと(いや、最近はガシャ〜ンか?)記念に撮りました。


庭の二羽の小鳥 なんちゃって。。。 (^_^;)


庭の二羽(niwa no niwa no) 小鳥


二羽の小鳥


朝は鳥たちが五月蝿いぐらいにさえずります。


カケス、メジロ、雀、鳩、そして一番五月蝿いのが台湾シロガシラ。

彼らの糞もすごいんですヨネ。

おかげで マイカーは毎日惨憺たる有様です。 (´д`)ハァ〜


ところで、ここ2、3年思うのですが、蝉の鳴きだす時期が遅くなったような、そしてニイニイ蝉の鳴き声が聞こえなくなったような・・・気がします。


ともあれ、庭の木達には事あるごとに声掛けをして詫びて、了解を得るよう努力しております。移せるものは何とか移してもらうよう業者に掛け合います。


 

  • 2009.07.19 Sunday
  • 08:49