Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

沖縄空手ニュース

沖縄空手会館「守礼の館」での演武

 

 

 

 

 

「守礼の館」での演武は何も「空手の日奉納演武」だけではなく、何かを記念する場合やイベントなどでも行われてはいる。

 

沖縄の伝統空手・古武道(小・少・松林流、剛柔流、上地流、古武道)の高段者は幸い多数いらっしゃる。

 

例えば、沖縄タイムスでの「週刊沖縄空手」で、これまで多数の先生方の紹介があった。かの先生方が「沖縄空手会館・守礼の館」で演武する機会(企画)があれば、かなりの反響があると思うのだが--------。

 

 

 

  • 2018.11.12 Monday
  • 11:28

沖縄空手ニュース

沖縄空手振興ビジョン シンポジウム

 

(以下は「沖縄タイムス11/11」から)

 

    

 

 

   ​

 

 

基調講演やパネリストの先生方の意見は実に示唆に富んでいる。

 

要はこのような貴重な意見主張が各団体に降りていき、それぞれで議論が交わされ、情報を共有できなければ意味をなさないのではないか。

 

正に、県政策参与の照屋氏の言われる「リーダーの資質を備えた」空手家の方々の活躍が期待される。

 

 

  • 2018.11.11 Sunday
  • 11:05

沖縄空手ニュース

空手家への賞授与と高段位認定について

 

 

(「沖縄空手通信」146号、2018年11月、by 沖縄メディア企画)

 

ミゲール氏は、沖縄の空手界を俯瞰的に見ており、「先見の明」があると私は思う。

 

 

 

高段者といえば、数年前に話題を呼び・・・「10段の人数」について・・・” とは、この記事では言葉を濁しているが、要は、沖縄空手界の最高段位十段取得者の数の問題。或いは、海外空手家への段位授与の問題。(単純に「剣道」や「柔道」とは比較できないから厄介である。)

 

各道場、各団体や組織で独自に段位を授与しているのが現状。その関わりで「統一段位の認定制度創設」のハナシが出てきた。

 

これまた、至極厄介ではある。

 

 

 

  • 2018.11.09 Friday
  • 18:02

その他

神社や寺が好きだ・・高松、松山への旅

 

先週の2日から3泊4日で、娘夫婦とカミさん四人で年一の旅に行ってきた。今回は四国の香川高松と愛媛の松山。

 

 

神戸空港から車で明石海峡大橋を渡り淡路島、高松へ。

 

翌日は高松市内の栗林公園(りつりんこうえん、と読みます)と善通寺。

 

お昼は製麺所で名物のうどんを食す。(製麺所で幾つか席をもうけ営業していいるのです。料金もバカ安でした。)

 

 

3(土)夕方には松山道後へ GO〜。露天ぶろ付きの和洋折衷のホテルで一泊。

 

4(日)は、パワースポットの石手寺を皮きりに、子規記念館、伊佐爾波神社、道後温泉街や松山城を散策。

 

 

 

 

毎度のことながら、娘婿がカーナビを駆使し、所によっては娘とスマホ連携で目的地へ。とてももじゃないが、私には真似できない。有難いことだ。(それでも観光旅行となると、歩く時間は半端ないです、ネ)(^_^;)

 

高松や松山では天気もよく、夜はひんやりするものの、昼間はポカポカ陽気で拍子抜けした。

 

 

 

 

石手寺は、愛媛県松山市石手にある真言宗豊山派の寺院。熊野山、虚空蔵院と号す。本尊は薬師如来。四国八十八箇所霊場の第五十一番札所。遍路の元祖とされる衛門三郎の再来伝説ゆかりの寺でもある。(ウィキペディア)

 

 

 

私は神社や寺が好きだ。

 

境内のあの厳かで静寂な雰囲気がたまらなく好きだ。

 

 

 

 

道後温泉駅前の放生園にある「坊っちゃんカラクリ時計」は、1994(平成6)年、道後温泉本館建設100年周年記念事業の一環として作られました。午前8時から午後10時までの間、1時間ごと(下記の期間は30分ごと)に道後温泉らしい音楽とともにせり上がり、小説「坊っちゃん」の登場キャラクターがみなさまを歓迎します。カラクリ時計の隣には、道後温泉の源泉を使った「足湯」もあり、人気のスポットになっています。(松山市HP)

 

 

 

カラクリ時計のことは事前に知らず、人がスマホやカメラを構えて集まっているので、路上パフォーマンスでもあるのかな、と思っていた。

 

たまたま3時前に道後温泉駅前をうろうろしていたら出くわしたのだ。(^_^)v

 

 

 

 

  • 2018.11.08 Thursday
  • 11:04

沖縄空手ニュース

沖縄空手、世界遺産へ

 

 

 

 

 

 

シンポに行きたかったのだが、如何せん、火曜日は8時まで子供達の指導で道場を離れる訳にいかず断念。(^_^;)

 

県の空手振興課もこの日に設定せざるを得ない事情もあったやもしれぬが、次回開催時には考慮してもらいたいものだ。

 

 

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 09:57

空手考

沖縄剛柔流空手人間塾

 

 

 

 

 

沖縄剛柔流空手人間塾は 沖縄の伝統空手をとおして

 

生きる力を培う場であり 人間力を高める場である

 

 

 

 

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 10:19

空手karate

沖縄空手の日 記念演武祭を終えて

 

 

 

 

(10/30追記:写真提供 from Fuchibe さん) 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

karatehi.jpg

 

 

karatehi (1).jpg

 

 

karatehi (3).jpg

 

 

今年は実にラッキーでした。)^o^(

 

今日の新聞一面にバッチリ載っていました。  

 

良い思い出になります。

 

(拡大可)

 

 

 

 

 

 

(琉球新報 10/28)

 

2018年度の「空手の日 記念演武祭」(主催・県、県議会、沖縄伝統空手道振興会)が28日、那覇市の国際通りで開催された。約2万人の見物客が詰め掛け、空手家の力強い演武に熱い視線を送った。午後3時から始まった第1部では、第1回沖縄空手国際大会で金賞を受賞した8人が力強い演武を披露した。第2部では、空手の日検討委員会の島袋善保委員長の指揮の下、約2400人の空手家による「一斉演武」があり、子供から大人まで統一的な動きで「普及型1」と「普及型2」を鮮やかに決めた。一斉演武後は、国際通りのてんぶす那覇から浮島通り手前までの区間を5つのエリアに分け、各団体による演武が行われた。【琉球新報電子版】

 

 

 

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 10:12

空手karate

本日28日は国際通りにて「空手の日」記念演武祭

 

 

 

● 第二部、一斉演武後の各団体による演武で、人間塾は一番バッターで演武(「全沖縄空手道連盟」エリア)

 

 

 

 

 

  • 2018.10.28 Sunday
  • 09:52

空手karate

空手の日 奉納演武

 

 

1025blog (6).jpg

 

 

1025blog.jpg

 

 

1025blog (1).jpg

 

受付カウンター内は当塾加盟の「全沖縄空手道連盟」の関係者。背中を見せている方は同連盟相談役の上地流瀬長先生。左の女性は大信館の大城先生。

 

早めに着いたので瀬長先生と食堂で暫く待機。私は目当ての「空手そば」。空手の日ということで、通常600円の「そば」が「てびち入り」で500円。)^o^(

 

 

 

1025blog (2).jpg

 

 

1025blog (3).jpg

 

 

1025blog (4).jpg

 

 

1025blog (5).jpg

 

 

(追記10/28)お蔭さまで私も・・・ ^_^;

 

(沖縄タイムス 10/28)

 

 

 

以下は10/26の新聞関連記事。

 

(琉球新報)

 

 

(沖縄タイムス)

 

 

 

 

 

  • 2018.10.26 Friday
  • 11:23

沖縄空手ニュース

第6回 沖縄空手道古武道功労賞

JUGEMテーマ:空手道

 

 

 「空手の日」記念演武祭 ⇒ http://okinawa-karate.jp/

 

 

 

 

 

 

● <社説>空手道古武道功労賞 極みを目指す姿から学ぶ (琉球新報 10/20、2018)

 

沖縄が誇る空手道古武道の継承発展に尽くした功績をたたえ、第6回沖縄空手道古武道功労賞が19日、5氏に贈られた。いまや沖縄は空手発祥の地として世界に広く知られる。今年8月の第1回沖縄空手国際大会には、世界50の国や地域から延べ3500人が沖縄の地に集結した。5氏は鍛錬を重ねて自らを磨いただけでなく、沖縄伝統の空手道古武道の神髄を世界に伝えた。


平良慶孝県空手道連盟会長は全日本空手道連盟公認審判員を務め、競技力の向上に貢献する。2020年東京オリンピックの空手競技決定にも関わった。


八木明達沖縄空手・古武道連盟副会長は第1回の父・明徳氏に続く受賞だ。海外約30カ国に2万人以上の門下生を抱え、5年に1度は弟子が沖縄に集う。


久場良男県空手道連合会副会長は、伝統の「手(てぃー、型)」を著作にまとめるなど空手の型の伝承に力を注ぎ、海外での指導も正しい型の継承に努める。


佐久川政信全沖縄空手道連盟会長は、地域で後進の指導に当たるほか、欧州キャラバン隊隊長などを務めた。沖縄空手国際大会の開催にも尽力した。


池宮城政明沖縄伝統空手道振興会事務局長は、沖縄の空手主要4団体でつくる同振興会の設立に奔走し、沖縄空手発展の礎を築いた。現在も実務を担う。


5氏に共通するのは、「平和の武術」と言われる空手の発展の基礎をつくり、さらに国内外に広めた功績だ。2008年に沖縄の空手主要4団体で構成する沖縄伝統空手道振興会が発足した。流派や「型」の違いを超えて、「県内空手団体および空手の普及振興に賛同する者を網羅した組織」だ。


発祥の地にふさわしい沖縄空手会館も開館した。2020年の東京五輪・パラリンピックで正式種目になったのも、積み重ねた努力の成果だろう。東京五輪では世界選手権で連覇した県出身の喜友名諒選手らの活躍も期待され、競技人口はさらに増すと思われる。


功労賞は1993年、琉球新報が創刊100年を記念して創設した。以降、5年に1度贈られ、5氏を含め30人が受賞した。贈呈式で5氏は周囲の支えに感謝し、空手を伝承、発展させることを誓った。


「降りかかる火の粉を払う。戦わずして勝つ」という沖縄伝統空手の精神性は世界平和につながる思想だ。伝統空手を中心にユネスコの世界無形文化遺産への登録へ向けた取り組みも進められているが、その精神性は世界の手本となるべきものだ。


今後の5氏の活躍を期待したい。後進が育ち、沖縄の空手道古武道がますます発展することを願う。一本の道を歩み続け、極みを目指す。その姿勢に私たちも学びたい。

 

 

  • 2018.10.21 Sunday
  • 21:00