Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

空手karate

沖縄空手ニュース・・・100日前イベント

 

「第1回沖縄空手国際大会 100日前イベント」

 

沖縄県では、沖縄空手の技や精神性の保存・継承並びに空手愛好家の来訪・交流の促進を図り、沖縄伝統空手及び古武道をこれまで以上に振興させることを目的に8月1日から「第1回沖縄空手国際大会」を実施します。
 

大会の開幕までちょうど100日となる4月23日には、以下のとおり「大会100日前イベント」を開催します。
 
  〇 日時:平成30年4月23日(月)10時45分〜15時00分
  〇 場所:県庁1階県民ホール
  〇 内容:_縄空手の型演武(10時45分〜12時)、仮想現実(VR)による沖縄空手体験(12時〜15時)


どなたでも自由にご参加できます。 

ぜひ、この機会に沖縄空手を間近で体験してみませんか。

 

 

 _縄空手の型演武(10時45分〜12時)
 3月に行われた大会県内予選において、各種目1位となった選手18名による型演武を行います。
 首里・泊手系、那覇手系、上地流系、古武道の棒、サイ、沖縄伝統の空手、古武術の型を間近で見る機会はなかなかありません。

◆_樵杆充臓複孱辧砲砲茲覯縄空手体験(12時〜15時)
 専用のゴーグルを着用すると、上地流空手道拳優会の新城清秀範士が、あなたの目の前で上地流最高の型「サンセーリュー」を披露します。最新技術VRを使った3Dコンピューターグラフィックで再現された型の動きは、指先の使い方まで忠実に再現されており、迫力満点。

 

 

 

※ 以上、沖縄県の空手振興課のウェブサイトから転載しました。なお、10:45開始の「型演武」に当人間塾の”前田”が出場します。

 

 

 

 

 

 

  • 2018.04.20 Friday
  • 15:08

空手karate

沖縄空手ニュース

JUGEMテーマ:空手道

 

 

 

彼のお店”Dojo Bar”にご無沙汰してもう随分なるが、ジェームズさん、頑張っているなあ。

 

james さんといい、ミゲールさんといい、ほんとに沖縄空手の為に頑張っていると思う。同じ空手仲間として誠に有りがたい。

 

 

(沖縄タイムス 4/17)

 

沖縄の伝統空手は、世界にそれなりに普及している。ロシアに限らず、沖縄空手普及発展の為に、どんどん他の国にも拡げてもらいたいものだ。

 

 

 

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 15:49

健康

健康十訓

 

古今東西、百花繚乱の如く、世の中には様々な「健康法」があります。多くの健康法の中でも歴史に耐え、現在でも伝えられているものは、それなりに効果があるということでしょうか。

 

 

 

この画像は未だおふくろが元気でいる時に、実家に貼られていたものです。ネットで画像検索してみると、この「健康十訓」なるものは相当数ヒットします。見づらいと思いますので、改めて明文化してみます。

 

 

一.少肉多菜:肉を控えて野菜を多く摂りましょう
二.少塩多酢:塩分を控えて酢を多く摂りましょう
三.少糖多果:砂糖を控えて果物を多く摂りましょう
四.少食多噛:満腹になるまで食べずよく噛んで食べましょう
五.少衣多浴:厚着を控えて日光浴し風呂に入りましょう
六.少車多走:車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう
七.少憂多眠:くよくよせずたくさん眠りましょう
八.少憤多笑:いらいら怒らず朗らかに笑いましょう
九.少言多行:文句ばかり言わずにまずは実行しましょう
十.少欲多施:自身の欲望を控え周りの人々に尽くしましょう

 

 

一から七は”食事や生活習慣”についての心得のようで、(七を含め)残りは”気もちの持ち様”を言っているようですね。

 

さ〜て、自分に当てはめてみますと、「う〜ん、気もちの持ち様は特に問題無し」なんですが、前半の項目では半々ぐらいでしょうか。(^_^;) 

 

 

・・少車多走について・・

 

多走」で、身体を動かすことや運動することを勧めていますが、その比較対象として「少車」があります。

 

いやいや、私めはこれは完全に”アウト”です。多くの”ウチナ〜ンチュ” 同様、私めも何処に行くにも「車」無しではアカンのです。「多車」なのです。^_^;

 

 

 

・・・で、この「車」でふと思ったのですが、近年、社会問題化している「高齢者ドライバーの事故」や、「運転免許証の自主返納運動」。

 

”明日は我が身” になるのは間違い無いのですが、正直、考えたくもありませんので・・・考えないようにしています。( ー`дー´)キリッ

 

 

 

ところで、「高齢者に車の運転を辞めさせるフレーズ」なんて〜のを見つけました。

 

『今日は自家用車 明日は霊柩車』

『若者の車離れが進んでるんだって 流行に乗り遅れちゃうよ』

『いくら逆走しても時間は巻き戻せませんよ?』

『我が孫に賠償金を遺す気か』

『賠償金 貴方の年金底をつく』

『車の運転 冥途に一直線』

『早そうな 棺桶ですね』

 

 

イヤハヤ です。(>_<)

 

 

今日のブログ「健康十訓」は、「高齢者ドライバー」に依るモノでした。(-。-)y-゜゜゜

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

(追記)

 

おもしろい偶然?です。このブログを最初にアップしたのは昨晩15日ですが、今日の新聞投稿欄にも「高齢者と車」について掲載されていました。(@_@;)

 

 

 

 

  • 2018.04.16 Monday
  • 09:35

健康

健康に関すること

 

 

 

 

若い時にはハードな運動もたまには良いだろうし、又、必要だと私は思う。要は年代、歳に応じて週に2,3回ほど自分の好きな運動を続けていけばいい。

 

しかし、凄いデータですね。”適度に運動する人は全く運動しない人に比べて、男性で6.2年、女性で5.6年も寿命が長いと分かっています。” 

 

ま、35年もの間、18000人を追跡調査したのですから、それなりに信用はできるのではないでしょうか。実のところ私自身、直観的にそう思っております。ハイ。

 

 

 

さて、次はこれです。

 

 

”多くの人は「健康のため」と称して、職場の健診や人間ドックを受診する。 だが、こうした「健診」は欧米には存在せず、日本でだけ「早期発見・早期治療」が推奨されるのが現実。

そもそも健診を受けたら「寿命がのびる」「健康になる」というデータはないにもかかわらず、日本でだけ熱心に行われているのは世界的に見ても奇異なことである。

過剰な健診の末、ムダな手術や投薬の結果、健康人が「病人」にさせられることもあり、検査がもたらした「検査病」になっているのが現状。

その裏には、日本でだけまかり通る「正常値神話」、検査ビジネスと化している医療を取り巻く世界の実態、医学部や病院の医師を取り巻く不都合な真実などが隠されている。

この本では、なかなか医者が語りたがらない健診をめぐる日本の医療の不可解な実態に、医学界の裏側を知り尽くしたメディアで注目の2人の医師が鋭く迫り、私たちがいかに過剰な医療介入を避け、健康寿命を縮めないためにどうすればいいかを語るもの。”(出版社からのコメント)

 

 

 

私自身、是までこのブログにて、我が「日本の健康診断」なるものに  を表明してきた。「人間ドック」なるものを受けなくなって、もう30年ちかくなる。勿論、健康にはそれなりに気を使ってはいる。運動、睡眠、食事、ストレスのコントロール等々。

 

 

しかし、私にとって一番の健康法は、やはり、空手道場「人間塾」の存在であろう。沖縄空手を生き甲斐に、その空手をとおして多くの人たちと交わる。

 

故に、己の経験体験を通して訴えている。「沖縄の伝統空手は素晴らしいですよ。一緒にやりませんか?」・・・と。

 

 

  • 2018.04.13 Friday
  • 18:16