道場再開・・・実に48日ぶり

  • 2020.05.28 Thursday
  • 10:59

 

 

我が人間塾が休塾に踏み切ったのが4月14日。

 

それから延長を重ね、一昨日、ようやっと48日ぶりに稽古を再開した。実に、ふた月近くも道場を閉めていたことになる。

 

人間塾創設から10年、初めての一時的な道場閉鎖である。

 

 

 

この間、道場の子供たちは稽古ができない不自由さもさることながら、二つの大会参加を諦めざるを得なかった。

 

一つは、人間塾創設10周年を記念した6月予定の「第2回人間塾チャンピオンシップ」。

 

もひとつは、7月に実施予定だった毎年恒例の「沖縄タイムス主催の大会」だ。

 

 

5月まで稽古が出来ない状況だったので、チャンピオンシップは早い時期に予定をキャンセルした。タイムスの大会は県下で一番大きな児童生徒の大会であり、例年2000名余が参加する正に県立武道館が三密状態になるので、中止も致し方なかろう。

 

 

久しぶりの子供たちの様子を見るに、やはり恐れていたことが起きていた。自粛中には殆ど自主稽古はしてなかったのだろう。休塾前の子供たちの動きと全然違った。大人と違い、余程、保護者の方が一緒になって運動をさせないと難しい。

 

 

 

ところで、今回の稽古再開にしても、もう以前と同じというわけにはいかない。空手道場もより一層の除菌やクリーンさを保つ努力が必要とされる。

 

幸いにして人間塾はサッシ戸の開口部が大きく、天井と壁に計3台の扇風機。そして、ウオッシュレットのトイレには薬用ハンドソープを置いてある。又、週一に掃除機をかけ、2回ほどリースキンモップをかけている。

 

これらは以前からやってきたことだが、今回は新たに道場入口に「手指消毒液」を置いた。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM