うちなーぐち あまいち くまいち

  • 2019.12.25 Wednesday
  • 18:50

 

昨日は12月24日、クリスマスイブ。

 

12月のこの時期、日中は暖かくて「クリスマス気分」もでないなあ・・・なんて思っていたんですが。

 

沖縄タイムス 12/25)

 

 

 

 

閑話休題;

 

 

私は道場の子供たちに時々、簡単な「うちなーぐち」を教えています。

 

 

例えば、数の数え方。

 

日本語のいち、に、さん、し・・・は、てぃーち、たーち、みーち、ゆーち、いちち、むーち、ななち、やーち、くくぬち、とぅー、となります。

 

ところが、十一や十二以降は実はよくわからなかったのです。

 

 

幸いというか、先日参加した講座で教えて頂きました。

 

じゅういち(とぅー てぃーち)

じゅうに(とぅー たーち)

じゅうさん(とぅー みーち)

じゅうく(とぅー くくぬち)

 

で、にじゅうは(にじゅう)さんじゅうは(さんじゅう)となるようです。

 

 

でもね、私は思ったのです。「えっ? 十一が とうー てぃーち?」

 

で、講師の先生に聞いたのです。「とぅー とぅ てぃーち ではありませんか?」

 

講師の先生はそうではないというのです。(内心、合点はいかなかったが、そこはそれ、笑顔で「ありがとうございました。」)

 

とうー てぃーち、とうー たーちの言い方だと、10がひとつで10、10がふたつで20ではないかと、思うのです。

 

 

 

 

で、ネットチェックしてみたのですが、あまりヒットしなかったですね。

 

沖縄語・方言〜ウチナーグチ〜

沖縄方言で11、12などを何と言うか

 

・・・でしょう? (^_^;)

 

 

 

 

日本語の「ひとつ、ふたつ・・・」でも十一以降は「じゅういち、じゅうに・・・」といっています。

 

我が”うちなーぐち”もそれでいいと思うのです。

 

言葉は生き物です。多くの人に使用されてはじめて生きるのです。生きていくのです。

 

 

たとえば、昔々の鎌倉時代のことばは、現代では殆ど死語になっているはずです。であるなら、「うちなーぐち」もその必要性が多くのウチナーンチュに共有されなければ、やはり同じ運命をたどるでしょう。

 

 

 

 

何を言いたいのか良く分からない今日のブログ記事。

 

ハイ、「あまいち くまいち」でした。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM