ミケの九十九里浜

  • 2019.05.24 Friday
  • 19:58

 

 

 

(ジャンプ可)

 

 

ロック、フォーク、グループサウンズなどが活況を呈していた時代、1970〜80年代が我々団塊世代が血気盛んな若かりし頃です。

 

今の日本では、若い人たちは想像もできないでしょうが、大学紛争・学園闘争という時もあったのですよ。(参照:60、70年代の学生運動とは一体なんだったのか?」

 

 

 

 

不思議なものですね。音楽の力というのは・・・。

 

音は勿論、ましてや映像で見せられると簡単に ”タイムスリップ” します。

 

毎回毎回、言っているのですが、ほんとうに現代のテクノロジーの進化は有難い・・・と思います。

 

 

 

※ Mi-Ke:アイドルグループとしては1991年にデビュー。振り付けを意識した当時のアイドルグループの形態をとりながらも、アルバムごとにテーマを定めた”リバイバルカバー・プロジェクト”であった。グループ名の由来は当時ヒットした「たま」をもじり、メンバー3名の個性を活かして三毛猫から取っており、白が宇徳、茶色が村上、黒が渡辺というように色が分けられていた。(ウィキペディアより)

 

※  想い出の九十九里浜:GSを意識した楽曲は数多くあれど、ここまで徹底してGSの精神を理解し、GSサウンドを現代に蘇らせ、さらにはヒットさせてしまった作品はないのではないだろうか。楽曲的にはオックスのヒット曲として知られる「スワンの涙」をベースに制作されたと噂されている。歌詞ではGSのヒット曲12曲のタイトルを羅列してみるといったパロディー精神を発揮。パクりうんぬんの是非を問う不毛な日本人的体質をモノともしない潔いインスピレーションには脱帽ものだ。また、楽曲中間部で聴くことが出来るオルガン・ソロはGSのルーツであるリバプール・サウンドを、さらにリズムにはスパイダースの影響も感じられる。古くて新しい永遠の懐メロナンバー。(ネットより転載)

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM