12月31日の呟き

  • 2018.12.31 Monday
  • 19:07

 

ここ数日の寒さが嘘のように今日は天気も良く、暖かな一日になった。9時過ぎに起床し、午前中はのんびりだらりと過ごし、軽く練功を済ませ午後に備えた。

 

午後も遅くからではあったが、道場周りの掃除を済ませ、明日の新年会の準備にとりかかった。意外と時間を食ってしまい、終えたのが6時頃になってしまった。

 

 

 

与儀家の「年越しそば」は昨日30日に実家に集い済ませた。大晦日31日になると、兄弟家族の集まりが難しくなるので1日早めた。

 

 

 

 

さて、今年も例年同様、公私ともにいろいろなことがあったが、やはり筆頭にあげたいのは、「第1回沖縄空手国際大会」だ。(同大会についてはカテゴライズしているので、是非、ご一読を。)

 

 

その外にも結構、今年は例年にも増していろいろワクワクする事や、がっくりする事や、想定外の出来事があり、まさに「自分はこの世に、人間社会に生きているんだなあ〜」と実感した年であったと思う。

 

 

短期的にはそうであっても、年間通して、或いは数年通して、ず〜と順風満帆であるはずはない。

 

その気持ちで、その姿勢で私は生きている。

 

 

 

 

 

 

先日26日の「人生で最も後悔していることは何ですか?」の記事は肝に銘じている。

 

また、自分の周りに10人いたら、10全員に好かれることはあり得ない。3,4人、よくいって4,5人もいれば「ばちくゎい」である。

 

 

大学を出、就職し、35年近く務め、2010年六十歳で早期退職し、「沖縄剛柔流空手人間塾」をたちあげ、そして現在の私がいる。

 

お蔭さまで、この8年半、大病を患うことなく、人生を謳歌している。

 

 

再来年は私も「古稀」を迎える。

 

今後の人生は、まさに「未知との遭遇」である。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM