Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

空手考

沖縄の空手・・普及型

JUGEMテーマ:空手道

 

我が沖縄の空手界では、流派を超えて修得を推奨している型がある。これを「普及型」と呼んでいる。

 

”普及型機↓供1941年、時の沖縄県知事の委嘱を受けて空手道専門委員会が発足。目的は伝統空手の普及発展のために初心者向きの平易な型を創作することであった。伝統空手の型は首里手も那覇手も共に初心者には難しく、普及伝搬の障碍となっているのでその打開策は時代の要請であった。そこで、首里手系の長嶺将真師範が「普及型機廚鯀楼討掘那覇手系の宮城長順師範が「撃砕」の型を一部改め「普及型供廚箸靴動儖会で公認された。”(「沖縄空手古武道事典」柏書房、2008年)

 

 

 

ところで、最近、「沖縄伝統空手道振興会」では上地流の「完子和」を「普及型」として認定した。当人間塾では「普及型機廚盪愼海靴討い襪、今後は上地流の完子和=普及型靴眩瓠垢忘里蠧れたいと思っている。

 

 

 

先日の全沖空連大会審判講習会(10/7)で、上地流の先生がたに、初めてその指導をしてもらったわけだが・・・

 

・・・もらったが、いやあ、正直、難しい。

 

これまで何十回、何百回と見てきたが、自分がやるとなると、なかなか身体がついていかない。<(`^´)>

 

おそらく、子供たちなら我々よりもっとはやく動作順序自体は覚えるのでは、と思う。^_^;

 

 

因みに、毎年、空手の日を記念して「演武祭」が今年も<那覇市内の国際通り>で10/28に行われるが、参加者全員による一斉演武の型が「普及型気鉢供廚任△襦E初、普及型靴皸貔同乕陲砲噺‘い気譴燭茲Δ世、時期尚早ということで流れたようだ。

 

 

 

 

 

”完子和(かんしわ):上地流系空手道の型。1950年代後半、上地完英(宗家2世)が考案。入門後「三戦」の次に教えられる初心者用の型である。基礎鍛錬型「三戦」から上位の型「十三(セーサン)「に至る、指導方法の体系化のステップとして考案された三つの型の中の一つ。上地流の手技は、小拳突き以外はすべて開手拳でなされるが、「完子和」には沖縄古来の手技とされる正拳突き、いわゆる閉手拳(ティージクン)がとり入れられている。上地流の型の中では正拳突きから始まる異色の型であるが、平手廻し受けや足刀蹴りが含まれるがゆえに、初心者用としては比較的難易度の高い型である。”(沖縄空手古武道事典)

 

 

 

 

  • 2018.10.11 Thursday
  • 10:29

Comment
Send Comment