第1回沖縄空手国際大会を終えて(8)

  • 2018.08.20 Monday
  • 10:56

JUGEMテーマ:空手道

 

先ずは次の過去ログをご覧ください。8年前に開催された「世界大会」についての感想を述べたものです。

 

沖縄伝統空手道世界大会 雑感(8/29/2009)」  

 

世界大会雑感 その2(9/1/2009)

 

 

 

 

その時に疑問に上げたのが主として次の3点でした。

 

1. 会場の問題

今回は「武道館」と「沖縄空手会館」の2会場を使用。

 

2. 試合スケジュールがタイトだった

事前に県内予選を設定したこと。期間を予備日含め1週間確保したこと。

 

3. 広報態勢

空手振興課の設置に伴うウエブサイト開設、及びネットを大いに活用したこと。又、「沖縄タイムス」で沖縄空手を集中的継続的に取り上げたこと(現在進行中)。

 

 

当時に比べ飛躍的に世界(国際)大会の運営がスムーズにいったのは、やはり「空手振興課の設置」が原動力になっていると思う。

 

 

 

さて、今回の国際大会を振り返って思う事は、実はまだまだある。例えば、何故、台風が多い時期の開催なのか、競技補助員への講習の在り方、そして今後に向けては、県内予選突破選手の強化合宿、関係者(県内外海外選手、審判、競技補助員)からのコメント又はアンケート、高段者による座談会を設ける、などなどである。

 

 

 

ブログに残すということは、一面では”記録”的な意味合いもある。

 

・・・あるのだが、流石に、今回を持って終わりにしたい。

 

 

最後に県の「空手振興課」の皆様、準備段階から開催までほんとにお疲れ様でした。特に大会前には、おそらく残業や休日出勤等、大変だっと思います。

 

T主任はじめ、職員みなさま、ほんとうに有難うございました。m(__)m

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM