Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

健康

健康に関すること

 

 

 

 

若い時にはハードな運動もたまには良いだろうし、又、必要だと私は思う。要は年代、歳に応じて週に2,3回ほど自分の好きな運動を続けていけばいい。

 

しかし、凄いデータですね。”適度に運動する人は全く運動しない人に比べて、男性で6.2年、女性で5.6年も寿命が長いと分かっています。” 

 

ま、35年もの間、18000人を追跡調査したのですから、それなりに信用はできるのではないでしょうか。実のところ私自身、直観的にそう思っております。ハイ。

 

 

 

さて、次はこれです。

 

 

”多くの人は「健康のため」と称して、職場の健診や人間ドックを受診する。 だが、こうした「健診」は欧米には存在せず、日本でだけ「早期発見・早期治療」が推奨されるのが現実。

そもそも健診を受けたら「寿命がのびる」「健康になる」というデータはないにもかかわらず、日本でだけ熱心に行われているのは世界的に見ても奇異なことである。

過剰な健診の末、ムダな手術や投薬の結果、健康人が「病人」にさせられることもあり、検査がもたらした「検査病」になっているのが現状。

その裏には、日本でだけまかり通る「正常値神話」、検査ビジネスと化している医療を取り巻く世界の実態、医学部や病院の医師を取り巻く不都合な真実などが隠されている。

この本では、なかなか医者が語りたがらない健診をめぐる日本の医療の不可解な実態に、医学界の裏側を知り尽くしたメディアで注目の2人の医師が鋭く迫り、私たちがいかに過剰な医療介入を避け、健康寿命を縮めないためにどうすればいいかを語るもの。”(出版社からのコメント)

 

 

 

私自身、是までこのブログにて、我が「日本の健康診断」なるものに  を表明してきた。「人間ドック」なるものを受けなくなって、もう30年ちかくなる。勿論、健康にはそれなりに気を使ってはいる。運動、睡眠、食事、ストレスのコントロール等々。

 

 

しかし、私にとって一番の健康法は、やはり、空手道場「人間塾」の存在であろう。沖縄空手を生き甲斐に、その空手をとおして多くの人たちと交わる。

 

故に、己の経験体験を通して訴えている。「沖縄の伝統空手は素晴らしいですよ。一緒にやりませんか?」・・・と。

 

 

  • 2018.04.13 Friday
  • 18:16

Comment
Send Comment