演武会を終えて

  • 2015.02.01 Sunday
  • 15:53

子供たちは、おしゃべりは上手だ。が、当然のことながら、かしこまって自分の意見や考えを論理的に人前で話すことは苦手だ。


そういうわけで、時々、何かのイベントの折や、休み中の出来事について、みんなの前で発表してもらったり、感想文を出してもらったりしている。


1月25日に開催された「空手古武道演武大会」参加の感想文を出してくれた6名。以下に紹介したい。



3.JPG

(M・Y 小4)
「とてもきんちょうしたけど、最後までちゃんとできてよかった。とても足がふるえていた。力をぜんぶだしきったから、がんばってできたと思う。6年に一回のえんぶ会にでれるだけでとてもうれしい。これからも、たくさん、たくさん、空手をがんばります」



1.JPG

(K・Y 小2)
「さいしょは、とてもドキドキしました。でも、さいごまでできて、うれしかったです。力をぜんぶだしきったのでうれしい」



2.JPG

(A・U 小3)
「私は、始めどこに行くかわかりませんでした。でも、てだこホールが大きくてびっくりしました。そして、ドアがいっぱいあってどこから入ればいいかわかりませんでした。練習のときは、まくはとじていたけど、本番は開いていたので、どこを見ればいいかわかりませんでした。始めはきんちょうしたけれど、だんだんなれてきました。先生がかたをしたとき、とてもすごかったです。これからもがんばっていきたいです」



5.JPG

(S・H 小4)
「ぼくは、出る時にとてもきんちょうしました。でも、きんちょうしても出ることがうれしかったです。ほかの人を見たら、同じごうじゅう流でも少し動きがちがったです。5,6年に一回なので出れることが出来てとてもうれしかったです」



6.JPG

(S・I 小1)
「1月25日えんぶ大会がありました。ぼくたちがやったかたはゲキサイいちとシソウチンとやって、ぼくは上手にできたとおもいます。シソウチンはさすがみどりおびだったので、みどりおびの人もじょうずでした。ぼくは、はじめてだったので、さいしょはドキドキしたけど、おとうさんが、がんばれといったように、そのはげましで、じょうずにできたのでうれしかったです」



7.JPG

(S・I 小5)
「1月25日、ぼくが楽しみにしていた大きなえんぶ大会がありました。ぼくたち人間じゅくはゲキサイ一とシソウチンを先生のごうれいにあわせてやりました。えんぶ前、まちがいがないか心配で、ドキドキしたけど。えんぶをして、声もそろっていて、しせいもきれいでがんばったいたのでみんな上手でした。お父さん、お母さんが「がんばってね」と言って、ぼくはうれしかったです」



8.JPG



(追記:2/5)

「えんぶかいできんちょうしました。げきさいいちいっしょうけんめいやりました。こえもおおきくだしました。おわっておかあさんがとてもすごいとゆていました。たのしかったね」(幼稚園、T.K)


「はじめてのえんぶ会でした。えんぶ会ではたくさんの人がいたのでとてもきんちょうしました。いつもより気合がはいりました。先生のえんぶを見てわたしは、いつか、こんなむずかしいかたをならってみたいなーと思いました。おわった時は「もうおわりなんてはやいなー」と思いました。またえんぶ会にでたいなーと思いました」(小2、A.K)



 
コメント
感想文からは、普段話さない子供たちの気持ちや思いが伝わりました。とても嬉しく思います!これからも子供たちを応援してあげたいと思います。
  • 山浦
  • 2015/02/02 11:14 AM
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM