Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

空手考

拳ダコ、巻藁

JUGEMテーマ:空手道








殆どの空手道場には当たり前だが、巻き藁が設置されている。道場に入門したら、先輩方が巻き藁をガンガンついており、皆それなりに拳ダコをつくっていた。当然、私も稽古の度にガンガン巻藁をついていたものだ。そして、自分の拳ダコをみながら一人悦に入っていた。拳ダコのゴツイ人は何となく強そうですもんね。



しかし、ある時期を境に私は巻藁をガンガン突いて、拳ダコを作ることに疑問を感じた。(注:論点は二つ。一つはガンガンやみくもに突くこと。もう一つは拳ダコ。)



通常の(あくまでも一般的な)巻藁鍛錬はガンガン突き拳頭を鍛える。軟骨を潰し神経を麻痺させ表皮を厚くしていく。慣れると余り痛みを感じなくなる。


拳ダコは、人により拳頭が潰れ丸くなり凸凹が無い場合、拳頭が凸凹の場合、又、皮膚が黒いものや茶色っぽいものや余り変わらないものもある。人に拠りいろいろだ。


よく拳ダコをつくるために、拳立て(腕立て・逆立ち等)がいいとの話も聞くが、本来それは拳ダコというより手首を強くするための稽古である。拳ダコは巻藁鍛錬の結果であり、目的ではない。





それと巻藁での稽古は気をつけないと、結構肩や肘を痛める場合がある。沖縄でも年取った方で若い頃ガンガン(根性根性で)やって、年いってから具合が悪くなった人の話もきく。或いは出血した部分から菌が入り回復するのに病院の世話になる輩も結構居る。


巻藁の材質はしなりの効くものでなければならない。以前、映画か何かで見たことがあるが、松か何かの木にそのまま直に拳でガンガンついているのを見たことがあるが、? に思う。


人の身体は我々の想像以上に繊細にできている。思い切り拳で硬い物を突くときの衝撃が己の拳から手首、肘関節、そして肩・頚椎へと連動していくのである。ちなみに廻し蹴りや廻し脛鍛えは、余ほど気をつけないと股関節にくる。(若いということは実に良い。だが、おかしなやり方をずっと続けていると、年とってからガタがくるので気を付けてほしい。)


誤解がないようにしてもらいたいが、私は巻藁鍛錬は空手の稽古には絶対的に必要だとは思う。要はその意義とその使用法を一度立ち止まって考えてほしいだけだ。


ちなみに、私は今でも巻藁鍛錬は続けてはいる。只、昔みたいに正拳・裏拳や手刀でガンガン突かないだけだ。


人間塾HPはこちらから。
 
  • 2013.02.18 Monday
  • 01:00

Comment
Send Comment