Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

沖縄空手ニュース

記録する事が如何に大事か。

 

先ずは次の記事をご覧ください⇒ 「糸洲安恒の写真は別人?」3/5

 

 

 

(沖縄タイムス3/17)

 

仲村氏曰く、「・・・沖縄空手の歴史は未解明な部分が多く、見方を変えれば研究者にとって宝の山だ。」

 

 

 

空手家/空手道場主として、日々、沖縄空手に関わってる者にとって、実に嬉しいことを言ってくれる。(^O^)/

 

 

そういえば、当塾が加盟する団体も歴史は古い。当然、古い映像資料なども多数、残されていたようだが、或る先生曰く、保守管理の不味さで相当数の映像資料を失ったらしい。

 

研究探究もデータが残っていればこそのハナシである。

 

 

 

同日付け、タイムス紙一面の”大弦小弦”の記事を読むと考えさせられる。

 

 

 

  • 2019.03.17 Sunday
  • 16:07

沖縄空手ニュース

沖縄県内の空手道場について

 

 

「沖縄空手案内センター」が県内の道場一覧を公開しました。

 

 

”2009年に、沖縄県教育委員会により「沖縄空手道古武道道場一覧」という印刷物が発行された。その後、沖縄県文化観光スポーツ部空手振興課は、「平成28年度沖縄伝統空手・古武道実態調査」を行った。その調査で、2016年は、県内に386の道場があることがわかった。 これまでこの名簿は未公開でありました。それで、当案内センターは時局に鑑みて、「県内道場一覧」発表を業務の一環として行い、ここに成果品「県内道場一覧」を案内センターのウェブサイトに公開したことをご報告いたします。

 この一覧表には県内すべての道場がリストアップされているのではありません。公開を承認してくれた道場のみを紹介しています。一覧表には、191道場が登録されています。随時更新していきます。 来沖される空手愛好家の皆さんに活用していただければ幸いです。 ちなみに、2017年4月の案内センターの活動開始以来、80余りの道場や組織が県外・海外の空手愛好家の受け入れ・指導に協力しています。”(「沖縄空手案内センター」ウェブサイトより)

 

詳しくは、http://okic.okinawa/archives/news/p2704 をご覧ください。

 

検索ページは、http://okic.okinawa/dojo 

 

 

 

 

勿論、我が道場も掲載されています。

 

地域は「南部の那覇市」、流派は「那覇手系」で検索して下さい。(^_^)v

 

 

 

 

  • 2019.03.11 Monday
  • 16:08

沖縄空手ニュース

「剛柔流流祖・宮城長順」企画展

 

 

 

 

 

剛柔流を標榜する我が「剛柔流人間塾」も、これは是非とも観に行かずばなるまい。

 

幸い、展示会の会期が半年もある。出来るだけ、塾の子供たちもつれて行きたい。

 

口頭ではちょくちょく空手の流派や歴史など、簡単ではあるが説明はしている。が、やはり「沖縄空手会館」で直に資料を観るということは、子供たちにとっても貴重な体験・勉強になると思う。

 

道場にもチラシが何枚か届いているが、何でも小学校でも配付されているらしい。(良いことだ・・・)

 

 

  • 2019.03.08 Friday
  • 16:05

沖縄空手ニュース

糸洲安恒の写真は別人?

 

 

(沖縄タイムス 3/3)

 

 

記事中指摘されている「沖縄空手古武道道事典(柏書房、2008年)の”人物列伝の糸洲”の写真。

 

 

 

人から人へ沖縄空手は伝えられてはきたが、残念ながら、地元沖縄での”学術的分野”の資料やデータの蓄積は乏しかった。空手振興課課長の山川氏の云われるとおり、こうした学術研究が深まることによって、沖縄空手界の刺激になり、発展に繋がるものと思う。

 

余談ですが、仲村氏は県の非常勤職員なんですね。何とか正規雇用の立場で、腰をすえて研究に打ち込んでもらいたいものです。

 

 

  • 2019.03.05 Tuesday
  • 15:11

沖縄空手ニュース

外国の道場主(2)

 

 

 

 

 

本日紹介するのは「ノルウエーBSI空手」道場(松林流)のオレビョーン・テュフテダル先生(64歳)。

 

(沖縄タイムス 2017年8/27)

 

 

 

 

  • 2019.02.23 Saturday
  • 14:30

沖縄空手ニュース

外国の道場主(1)

 

沖縄タイムス紙で毎日曜日に掲載される「週刊沖縄空手」。

 

 

 

 

隔週で、”沖縄空手案内センター”のミゲール氏が、外国における沖縄空手事情を紹介している。実に有意義な情報提供で、居ながらにして外国の空手事情が多少なりとも知ることが出来る。

 

流石に長年空手に関わり、道場主となった人の言葉には含蓄がある。電子新聞の購読者にとっては、その気になればいつでも閲覧できる記事だが、このまま埋もれさせるのは実にもったいないと前から思っていた。

 

 

今日から少しずつ遡って紹介したい。

 

初回の今日は、2017年6/25付。ヨハエム・ラウプ先生(1957生)の「ドイツ白鷺道場」。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019.02.15 Friday
  • 15:10

沖縄空手ニュース

ミゲールさんとジェイムスさん

 

 

沖縄空手の為に奮闘している<沖縄空手案内センター>のミゲールさん。

 

 

 

 

そして、道場バー(Dojo Bar)オーナーのジェイムスさん。<うちなーむーく>のジェイムスさんは、今年のはじめに、道場バーの向かいに「ASATO DOJO 」を開設しています。

 

 

 

 

 

 

お二人は立場は違えど、沖縄空手への愛着には並々ならぬものを感じます。有難いです。

 

今後とも、沖縄空手の為に 汗を流して )^o^(  頑張って下さい。

 

 

(沖縄タイムス 12/28)

 

 

 

  • 2018.12.28 Friday
  • 14:36

沖縄空手ニュース

沖縄空手・・外国人が注目「武道ツーリズム」

JUGEMテーマ:空手道

 

 

「スポーツ庁ウェブ広報マガジン」で沖縄空手が紹介されています。(元ネタは「沖縄空手案内センター12/6」記事です)

 

 

● 訪日外国人が注目! 日本でしか体験できない「武道ツーリズム」の現場をレポート。

      https://sports.go.jp/movie/post-14.html#an01

 

 

 

 

 

 

※ 「沖縄空手案内センター」と「道場バー」はこのブログにリンクを貼っています。

 

 

  • 2018.12.07 Friday
  • 15:51

沖縄空手ニュース

沖縄空手会館「守礼の館」での演武

 

 

 

 

 

「守礼の館」での演武は何も「空手の日奉納演武」だけではなく、何かを記念する場合やイベントなどでも行われてはいる。

 

沖縄の伝統空手・古武道(小・少・松林流、剛柔流、上地流、古武道)の高段者は幸い多数いらっしゃる。

 

例えば、沖縄タイムスでの「週刊沖縄空手」で、これまで多数の先生方の紹介があった。かの先生方が「沖縄空手会館・守礼の館」で演武する機会(企画)があれば、かなりの反響があると思うのだが--------。

 

 

 

  • 2018.11.12 Monday
  • 11:28