Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

動物

タマちゃん 再登場

 

我が家に来てからもう3年になります。

 

大きくなりました。

 

餌代もばかになりません。

 

おしっこやうんちの世話も大変であります。・・カミさんが・・・^^; 

 

 

 

・・・では、ご機嫌よろしゅう・・・ (-。-)y-゜゜゜

 

 

 

 

 

 

  • 2017.05.10 Wednesday
  • 14:14

動物

パトラとの遭遇

 

 

台所の裏戸を開けたら、何と・・・

 

 

 

1blog (7) (1).jpg

 

 

1blog (7) (2).jpg

 

 

1blog (7) (3).jpg

 

 

見知らぬ野良猫が逃げもせず、悲しそうな泣き声で寄ってくるではないか。

 

 

「オイ オイ ソンナコエ ダスナヨ!!」 ^_^;

 

 

 

カミさんに声をかけたら、どうも最近、我が家の周りをうろついているらしい。うちの「たま」とも遭遇したらしいのだな。(カミさん曰く、この猫はメスとのこと。う〜ん、何でわかるのかな?)

 

 

 

兎に角、うちのカミさんに「オ〜イ 早く 猫の餌を持って来いよ〜」と捲し立てる。

 

 

1blog (7) (4).jpg

 

 

 

1blog (7) (5).jpg

 

 

 

聞かなかったが、多分、以前にカミさんは餌を上げたことがあるんだろう。だから、不用心にも俺に近づいてきたのだろう。

 

 

・・・で、この出来事が10月30日。

 

 

 

・・・そして、たまたまその翌日。

 

 

2blog (5) (1).jpg

 

 

 

2blog (5).jpg

 

 

 

2blog (5) (2).jpg

 

 

 

2blog (5) (3).jpg

 

 

じゃじゃ〜ん、うちのタマとの遭遇で〜す。

 

 

家猫と外猫。今後の展開が実に楽しみではあるな。

 

 

ところで、何でうちの猫は俗っぽい「たま」で、野良は「パトラ」なの? 

 

 

 

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 23:28

動物

今日から10月

 

 

10月と云う事は、後3ヶ月で2016年、平成28年も終わると言う事になりますか。イヤハヤ何ともです。

 

自分では「いやいや俺はまだまだ・・・」のつもりでも、世間様に云わせると、りっぱな高齢者ってことになりますね。汗

 

人の寿命なんてのは誰にも分からない。だから良い。先を憂えても仕様がない。只今のこの時を生きる、行き抜く。そう思って生きております。(-。-)y-゜゜゜

 

 

 

ところで、私の日課といいますか、朝と夕方には道場にて稽古や練功をしております。自慢じゃないが余程の事が無い限り欠かしたことはありません。(・・・と言いつつ自慢している?)<(`^´)>

 

 

・・・で、今朝の朝練の時です。

 

 

Oct1  (1).jpg

(道場更衣室)

 

 

タマちゃんに言わせると、「一体何をしているんだろう?」ってことになるんでしょうね。

 

 

暫く見ていましたが・・・ 

 

ありゃありゃ・・・

 

 

Oct1 .jpg

 

 

そして・・・

 

 

 

 

ま、タマを追っかけるわたしもわたし・・ですがね。

 

 

 

 

 

Oct1  (2).jpg

 

今日の土曜特訓は組手でした。みんな、ご苦労さん。

 

 

 

  • 2016.10.01 Saturday
  • 17:01

動物

猫の話題

 

 

動物病院で一命を取り留めた猫。不自由な足にも負けず、病気の動物達を励まし続ける! (エウレカより)

 

 

 

 

猫もそうですが、動物には我々人間には認識、もしくは感知できない何かセンサーのようなものがあるのでしょうね。

 

我が家のタマの動きを見ていても、そう感じる時があります。

 

 

 

 

  • 2016.09.10 Saturday
  • 20:37

動物

未知との遭遇

 

 

 

 

  ↓

 

  ↓

 

  ↓

 

  ↓

 

  ↓

 

(拡大可)

 

 

 

 

 

  • 2016.09.03 Saturday
  • 16:25

動物

この夏の蝉

 

この地に移り住んで早や26年になります。

 

来た当初はこの界隈には未だ住宅がほとんどなく、ギンネムや雑木雑草の空き地だらけでした。野良猫、野(良)犬、マングースやはたまたハブなどがまだまだ見受けられました。

 

 

 

さて、蝉のはなしですが、住宅だらけになったここ数十年を振り返ると、蝉の鳴き声が年々少なくなってきたし、又、鳴く時期も年々遅くなったような気がします。

 

 

長年、地中に潜っていた幼虫が成虫になる為に地上に這い出てくる。只、今年は例年には見られないようなことが幾つかありました。

 

 

次の写真は道場道路向きの壁です。 抜殻が僅か40cm程の高さにあります。前日の昼にはなかったようなので、その夜、羽化したのでしょうか。道場が建ったのが7年前、当時は庭でした。

 

 

7月6日蝉 (4) (188x250).jpg  7月6日蝉 (5) (188x250).jpg

(ブロック壁での羽化? 7/6朝)

 

 

7月6日蝉 (2) (188x250).jpg  7月6日蝉 (1) (188x250).jpg

(こんな先っぽで?)

 

上の写真と同日の朝。道路に面した庭の黒木。丁度、2,3日前にプロの庭師さんに剪定してもらったばかりで、葉がすかすかな状態です。

 

 

 

7月19日 (17) (188x250).jpg  7月19日 (16) (188x250).jpg

(くそ暑い昼間に木ではなくブロック壁で? 7/19昼)

 

隣の住宅壁にしがみつき、しばらく鳴いておりました。

 

 

 

さて、最後はこれです。道場東向きの引違いサッシの網戸にしがみついている蝉です。朝の練功時、ふと見ると蝉がしがみついていたのです。最初は死んでいるのかな、とも思いましたが、少しずつもそもそ移動していたんです。

 

 

8月1日 (188x250).jpg  8月1日 (1) (190x250).jpg

(逃げない蝉 8/1朝)

 

 

8月1日 (2) (215x250).jpg

 

目の前数センチ。でも逃げないんですねぇ。

 

 

 

異常気象が度々起きれば異常でなくなって日常茶飯事の物事となる。

 

鳥や動物や昆虫の生態もどんどん変わっていくのでしょうか。

 

 

 

  • 2016.08.18 Thursday
  • 14:19

動物

猫ヶ原

 

 

 

飼い猫の証である鈴を太刀「虎燵」にぶら下げ、野良として旅を続けるノラ千代。追いかけてくる過去、鈴に刻まれた家紋、先の合戦、彼は何故野良となったのか? そして旅の目的とは? 善と悪、不埒な世と心。ノラ千代はすべてを斬り伏せ、己が足で歩み続ける。(Amazon での商品紹介文)

 

 

 

 

今日ツタヤで借りてきたコミックです。

 

いやあ、こういう”ねこ漫画、ネココミック”があるんですね。ヽ(^。^)ノ

 

 

 

面白い発想であり構成ですね。人間のような猫たちがメインであり、我々、人は神のような存在(1巻を読んだ限りでは・・・)になっています。

 

 

人に飼われた猫と野良猫たちとの身分の差異。サムライの時代をイメージに構成されています。タイトルは「猫ヶ原」です。未だ1巻しか出てないようですが、今秋発売予定の次巻が楽しみですね。

 

 

 

 

 

一昨年、娘が拾ってきた猫のおかげで・・・もう・・・アキマヘン。^^;

 

 

 

 

 

(7月のたま・・・でございます)

 

 

 

 

 

  • 2016.08.15 Monday
  • 19:02

動物

テラスの小鳥




小鳥 L1 (360x207).jpg




小鳥 L 2 (360x188).jpg




小鳥 L 3 (360x183).jpg




小鳥 L 4 (360x190).jpg




小鳥 L R (360x194).jpg




小鳥 R 2 (360x180).jpg




小鳥 R 4 (360x183).jpg




小鳥 R 5 (360x181).jpg




小鳥 R 1 (360x224).jpg








       小鳥を.jpg



 
  • 2016.06.01 Wednesday
  • 19:42

動物

猫って??


あっという間ですねぇ、一年二年過ぎてゆくのって・・・。


画像や時には動画付きのこのブログを続けているお蔭で、まるでその時点にタイムワープしたかのように、自分の様子をありありと思い描くことができる。




さて、本題。

我が家の「たまちゃん」が娘に拾われてきたのが2年程前のこと。(参照記事「たま」


日頃の「たまちゃん」の面倒は全てといっていいほど、カミさんがみている。「たま」を拾ってきた娘は、たま〜(笑)にしか、我が家に帰ってこない。


・・・が、



18May 2.jpg


見て下さいな。このデレっとした「たま」。


面白いことに、日々面倒を見ているカミさんには懐くことはなついているのだが、「なかなか膝には乗ってくれない」とのこと。



生まれて間もない2年前。


傷つき弱っていた「たま」を助け拾ってきた娘には、特別な想いなるものが猫にもあるのか。不思議と言えば不思議だ。






 
  • 2016.05.18 Wednesday
  • 15:05

動物

猫はバックが苦手?

JUGEMテーマ:日記・一般


今の時代、世の中見渡すと腹が立つやら心苦しくなることもたくさんあります。でも、それ以上に良いことだってたくさんあるはずです。素晴らしいことや良いことが、日常当たり前になって気づかないことって、結構あるのではないでしょうか。


「病気になって初めて健康の有難さがわかる」って昔から言われていますね。失って初めて、経験して初めて、その有りがたさが分かることって沢山あるのではないでしょうか。諸行は無常。永遠に続くものはない。だからこそ、今を今日を精一杯生きたいものです。




さてさて、今の時代だからこそ、私のような極く平凡な一庶民がこういう”ほっこりした”情報などにアクセスでき、皆さんとシェアできるのです。一昔前では考えられないことです。有難いことです。(^o^)







リタイア前は犬や猫、或いは小鳥など、動物などには余り興味を示さなかった。いや、示さなかった以上に、好きではなかったというべきか。

人は変わる。人は簡単に変わる。私は変わった。娘やカミさんのお蔭で、タマちゃんにデレデレである。^^;


 
  • 2016.04.27 Wednesday
  • 10:30