Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

社会世相

ウルトラマンを作った男

 

 

 

 

元来、SFや宇宙ものが好きだった私にとって、TVで毎週放映された「ウルトラQ」や「ウルトラマン」には必然魅了された。・・・が、当時は勿論、その生みの親が沖縄出身の金城哲夫氏とは知る由も無かった。

 

 

その後、大学在職中に就職指導で拘わった中に、氏の姪にあたる学生が居たことを、卒業後の或る日の呑み会で本人から知らされた事には驚いたものである。

 

 

 

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 23:06

社会世相

闘牛戦士ワイド―

 

これまでにも沖縄の”ローカルヒーロー”ものはドラマ化されてきた。例えば、「龍神マブヤー」「ハルサーエイカー」などであるが、今度新たに「闘牛戦士ワイド―」なるものが登場予定だ。

 

 

(沖縄タイムス 3/23)

 

 

私自身は闘牛には余り興味は無いのだが、県内のみならず、県外にも結構ファンがいるらしい。観光客にも人気があるようだ。闘牛シーンも出て来るのだろう。ドラマ放映されたら一寸覗いてみるか。

 

 

”ローカルヒーローとは:環境保護や地域おこし、観光振興などを使命とするご当地ヒーロー。自治体や市民有志がアイデアを出してつくるケースが多く、遊び心のある名前が特徴だ。2000年以降、全国で急増し、各地のヒーローたちを一堂に集める催しも盛ん。”(コトバンクより)

 

 

 

  • 2018.03.23 Friday
  • 13:43

社会世相

最近はラジオに嵌っています

 

 

朝、新聞をとるために玄関を出たら、いやあ、風はあるし「さむーい」のだ。昨日までは結構良い陽気だったのに、いやはや、これは沖縄でも「寒の戻り」か? 東京や関東では大雪らしい。此処は、明日はもう少し寒くなるようだが、週末には天気も落ち着きそうだ。

 

 

--閑話休題--

 

 

ところで、先日も書いたのだが、最近はよくラジオを聴いている。ほんとに便利になったものだと思う。新聞の番組欄を見ると、我が沖縄県では、既存の<FM4局の県域放送>と「19局のコミュニティ放送(FM」が在る。

 

 

お蔭さまで、コンポでは受信できない離島や中北部の放送局もネットで結構聞ける。誠に便利な世の中だ。

 

日常的にスマホがなくてはならない状況ではあったが、どんどん便利になってきて、ますます手放せなくなっている。(~_~;) 固定電話もあるし、月々の通信費もばかにならない。

 

 

どちらかというと、”しまくぅとば”、民謡、オキナワの歌、などの多い局を聴くようにしている。

 

特に「FMニライ」が面白い。町をあげて盛り上げていて、住民参加のまさに ”地域に根差した、地域のための放送局」の様相を呈している。一番の魅力は、一般住民参加のウチナーグチ満載であることだ。(^_^)v 後は、「FMたまん、FMとよみ、FMレキオ、FMくめじま」が続く。

 

 

 

 

さて、以前にも、ブログで述べたことがあるのだが、私は「方言札の世代である。聞くのには不自由はしないが、お蔭さまでこの歳になってもスムーズに話せないのだ。

 

げに「教育の力」とは偉大である。^^; 

 

我々の世代は、己のアイデンティティの証である「しまくぅとば、うちなーぐち」は「方言」であり、TVやラジオで流れる東京言葉、所謂「標準語」に劣るものであるから、標準語が ”じょーとー” だからと刷り込まれて成長してきた。

 

 

これでも一時期は、一日中「うちなーぐち」で生きていたのだから、今は「勘を取り戻すべく」、身近にあるあらゆるメディアを活用し、気楽に気長に「学び直し」している。

 

 

 

p.S. 沖縄空手の先輩方が話す「うちなーぐち」は、その人の空手同様、実に味わいがあるものである。

 

 

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 14:03

社会世相

家呑み族 ばんざ〜い

 

 

このブログは今、

 

 

を呑みながら書いている。

 

 

 

退職前と退職後暫くは、外で呑むことが多かった。

 

外で呑むとお金がかかるということもあるが、如何せん、外で呑もうという気持ちがわかないのである。勿論、近しい人たちとのたまの呑み会には出来るだけ行くようにしてはいる。

 

 

 

 

 

数日前、奮発して買った。

 

今、ミニコンポから流れる音を聴きながらこのブログを書いている。

 

 

 

 

特段理由はないが、ここ数年、PCのYouTubeは別として、自分が持っているCDは殆ど聴いていなかった。が、数日前、何故かわからんが、無性に音を聴きたくなって車中で聴いた。(以前、100枚近くのCDを処分しようと思っていたが、めんどくさくてほっといていたのが幸いした。)

 

何を隠そう(笑) 軽ではあるが、結構良いカーストレオ(KENWOOD)が備え付けられているのだ。<(`^´)>

 

 

・・・で、買ってしまったのだ、ミニコンポを・・・。

 

 

 

 

ツマミも成るべく安いヤツを買ってくるようにしている。今日は刺身と他あれこれだ。(カミさんに感謝です。m(__)m )

 

 

 

美味しいワインと美味しい刺身やツマミ、そして、我が身を包み込むように「流れる音たち」!!

 

 

ばんざ〜い 家呑み!!

 

 

 

 

  • 2018.01.26 Friday
  • 19:05

社会世相

今日のつぶやき

 

 

 

 

(2件とも沖縄タイムス紙1/12より)

 

 

いやあ 此処沖縄も、ほんとに寒くなりましたねぇ。天気予報を見ると、那覇は11〜14℃となっています。10度は割ってないとはいえ、小さな島の沖縄では結構、こたえるのです。体感温度とでもいいますか、風が寒いのです。ホント。

 

そういえば、こういうハナシはよく聞きますね。

 

県外や海外(冬場が寒い地域)から、この時期、沖縄に来た人たちは、「オキナワの寒さは、どおってことない」、と言って薄着のラフな恰好で過ごすんです。・・が、一年を過ごした翌年の冬は・・・我々ウチナーンチュと同じように「さむい さむい」と着込んでいるのです。笑

 

良くも悪くも見事なまでの「環境への人間の適応力」なんでしょうか。(?_?)

 

 

 

ハナシは変わりますが、アメリカの寒さは半端ではないですね。超がつくほどの寒波のようです。

 

 

 

 

 

 

 

片や南半球のこの国は?

 

 

 

 

 

数年或いは数十年にあるかないかの異常気象も、こう毎年続くようだともう「異常」とは言えませんね。一体、この地球はどうなっているのでしょうか、どうなるのでしょうか?

 

 

 

 

  • 2018.01.12 Friday
  • 19:16

社会世相

オキナワのこと

 

 

本来なら今日、那覇市の国際通りで「空手の日 記念演武祭」が開催される予定だった。

 

当人間塾の塾生もこの演武祭に向けて、それなりに練習稽古をしてきた。開催が中止になったのは残念だが、集中して稽古を積んできたので、これはこれで良しとしたい。

 

 

(沖縄タイムス 10/29、多少手を加えています)

 

「空手の日」に因んで25日、沖縄空手会館で行われた「奉納演武」。QRコードから先生がたの演武(動画)を観られるのが有り難い。

 

 

 

 

(ウェブサイトより)

 

明日は「世界のウチナーンチュの日」なんですね。

 

 

 

今の時代は、いろいろ問題も抱え大変な時代だとは思います。しかし、昔日には想像もしえなかったネットワークが構築された世界に我々は生きています。個人でも小さな団体組織でも、情報にアクセスでき、そして発信できる。

 

 

沖縄空手は勿論ですが、我が沖縄のことがもっともっと世界中の人に知られることを願っています。

 

 

  • 2017.10.29 Sunday
  • 10:55

社会世相

泉谷しげるに関わることについて

 

 

 

 

 

岡林さんとか、泉谷さんとか(他にももっと居るのですが・・・)丁度、自分が大学を滑った時に彼らに遭遇したのです。

 

あの時代の状況と、自分の境遇がうまい具合に重なってしまったのでしょうか。

 

 

しかし、今でも彼らの曲は胸にじ〜んときますね。(^_^)/~

 

・・・・・・・・・

 

 

(追記)

” きょうで すべてが おわるさ きょうで すべてが かわる きょうで すべてが むくわれる きょうで すべてが はじまるさ ”

 

(問い)

”・・・で、何が終わったのか、何が変わったのか、何が報われたのか、何が始まったのか・・・”

 

 

 

あの頃、時代の変革を夢み、そして試みた結果、現実社会に呑みこまれてしまったのが ”団塊の世代” ではなかろうか。

 

 

  • 2017.09.07 Thursday
  • 22:50

社会世相

岡林信康に関わることについて

 

 

 

 

 

 

 

 

この人と同時代に生きていました。私は沖縄で・・・。

 

 

あの当時は全国津々浦々、大学紛争、真っ盛りでした。

 

 

我々の世代は世間で言う、所謂「団塊の世代」です。

 

 

大分前に、岡林さんに纏わるハナシをこのブログで記事にしたことがあります。(参照:11年10/19記事

 

 

我々「団塊の世代」は、当時の日本の、沖縄の、何を変えることができたのでしょうか? 

 

我々「団塊の世代」は何に挫折してしまったのでしょうか?

 

そして、その「団塊の世代」は、今現在、どう生きているのでしょうか?

 

 

 

  • 2017.09.07 Thursday
  • 22:15

社会世相

知らぬが仏?

 

知らぬが仏とは:知れば腹が立ったり悩んだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということのたとえ。 また、本人だけが知らずに澄ましているさまを、あざけって言うことば。(「故事ことわざ辞典」より)

 

 

 

さてさて、或る日、偶然目にしたある人のブログ記事。 w(゚∇゚)w

 

己が納めている税金に興味のある方はご覧あれ。そうでない方はスルーされたし。

 

 

・・・・・・・・・

 

 

年金受給年齢を75歳まで引き上げるのは規定路線ですが、高齢者医療費を賄う財源にするために、死亡すれば死亡時の遺産に消費税をかけるというのです。何も消費してないのに死ぬことが消費とは驚きです。

 

例えば、相続税は資産を持ってる金持ちが払う税金なのに対し、死亡消費税は貧乏人まで幅広く、葬儀代金、終身保険まで根こそぎ税金でもって行かれるでしょう。

 

なけなしの終身保険100万円があったとしても、10%引かれて90万円になるということですね。

 

今生きてるだけで下のような税金がかかっているのです。

 

働いたら→所得税
買ったら→消費税
貰ったら→贈与税
継いだら→相続税
あげたら→贈与税
起業しても→法人税
車に乗ったら→自動車税・ガソリン税
銭湯に行けば→入浴税
酒を飲めば→酒税
吸えば→タバコ税
家を持てば→不動産取得税、固定資産税
住むだけで→住民税
貰える当ての無い→年金
何か契約すれば→印紙税
テレビを持てば→NHK受信料
銀行に預ければ→預金利子税
投資すれば→配当利子税
酒じゃないのにノンアルコールビール税

 

 

上記以外でも、介護保険料、森林環境税、地方道路税、揮発油税、地価税、登録免許税、地方道路税、石油ガス税、石油石炭税、電源開発促進税、狩猟税、法定外目的税、特別土地保有税、水利地益税、共同施設税、自動車重量税、航空燃料税、入湯税、市町村税、軽油税、ゴルフ場利用税、高速道路通行料、国民健康保険税、関税など、

 

これ以外にも多数の税金が知らない間に徴収されています。しかしこれに、さらに死亡税が加わるというのです。これでは国民は国から経済制裁を受けてるようなものですね。

 

 

 

neko  (3).jpg

 

 

税金大国、ニッポン

 

知らなけりゃ

 

良かったか?

 

 

 

  • 2017.08.25 Friday
  • 18:47