オキナワのこと

  • 2017.10.29 Sunday
  • 10:55

 

 

本来なら今日、那覇市の国際通りで「空手の日 記念演武祭」が開催される予定だった。

 

当人間塾の塾生もこの演武祭に向けて、それなりに練習稽古をしてきた。開催が中止になったのは残念だが、集中して稽古を積んできたので、これはこれで良しとしたい。

 

 

(沖縄タイムス 10/29、多少手を加えています)

 

「空手の日」に因んで25日、沖縄空手会館で行われた「奉納演武」。QRコードから先生がたの演武(動画)を観られるのが有り難い。

 

 

 

 

(ウェブサイトより)

 

明日は「世界のウチナーンチュの日」なんですね。

 

 

 

今の時代は、いろいろ問題も抱え大変な時代だとは思います。しかし、昔日には想像もしえなかったネットワークが構築された世界に我々は生きています。個人でも小さな団体組織でも、情報にアクセスでき、そして発信できる。

 

 

沖縄空手は勿論ですが、我が沖縄のことがもっともっと世界中の人に知られることを願っています。

 

 

泉谷しげるに関わることについて

  • 2017.09.07 Thursday
  • 22:50

 

 

 

 

 

岡林さんとか、泉谷さんとか(他にももっと居るのですが・・・)丁度、自分が大学を滑った時に彼らに遭遇したのです。

 

あの時代の状況と、自分の境遇がうまい具合に重なってしまったのでしょうか。

 

 

しかし、今でも彼らの曲は胸にじ〜んときますね。(^_^)/~

 

・・・・・・・・・

 

 

(追記)

” きょうで すべてが おわるさ きょうで すべてが かわる きょうで すべてが むくわれる きょうで すべてが はじまるさ ”

 

(問い)

”・・・で、何が終わったのか、何が変わったのか、何が報われたのか、何が始まったのか・・・”

 

 

 

あの頃、時代の変革を夢み、そして試みた結果、現実社会に呑みこまれてしまったのが ”団塊の世代” ではなかろうか。

 

 

岡林信康に関わることについて

  • 2017.09.07 Thursday
  • 22:15

 

 

 

 

 

 

 

 

この人と同時代に生きていました。私は沖縄で・・・。

 

 

あの当時は全国津々浦々、大学紛争、真っ盛りでした。

 

 

我々の世代は世間で言う、所謂「団塊の世代」です。

 

 

大分前に、岡林さんに纏わるハナシをこのブログで記事にしたことがあります。(参照:11年10/19記事

 

 

我々「団塊の世代」は、当時の日本の、沖縄の、何を変えることができたのでしょうか? 

 

我々「団塊の世代」は何に挫折してしまったのでしょうか?

 

そして、その「団塊の世代」は、今現在、どう生きているのでしょうか?

 

 

 

知らぬが仏?

  • 2017.08.25 Friday
  • 18:47

 

知らぬが仏とは:知れば腹が立ったり悩んだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということのたとえ。 また、本人だけが知らずに澄ましているさまを、あざけって言うことば。(「故事ことわざ辞典」より)

 

 

 

さてさて、或る日、偶然目にしたある人のブログ記事。 w(゚∇゚)w

 

己が納めている税金に興味のある方はご覧あれ。そうでない方はスルーされたし。

 

 

・・・・・・・・・

 

 

年金受給年齢を75歳まで引き上げるのは規定路線ですが、高齢者医療費を賄う財源にするために、死亡すれば死亡時の遺産に消費税をかけるというのです。何も消費してないのに死ぬことが消費とは驚きです。

 

例えば、相続税は資産を持ってる金持ちが払う税金なのに対し、死亡消費税は貧乏人まで幅広く、葬儀代金、終身保険まで根こそぎ税金でもって行かれるでしょう。

 

なけなしの終身保険100万円があったとしても、10%引かれて90万円になるということですね。

 

今生きてるだけで下のような税金がかかっているのです。

 

働いたら→所得税
買ったら→消費税
貰ったら→贈与税
継いだら→相続税
あげたら→贈与税
起業しても→法人税
車に乗ったら→自動車税・ガソリン税
銭湯に行けば→入浴税
酒を飲めば→酒税
吸えば→タバコ税
家を持てば→不動産取得税、固定資産税
住むだけで→住民税
貰える当ての無い→年金
何か契約すれば→印紙税
テレビを持てば→NHK受信料
銀行に預ければ→預金利子税
投資すれば→配当利子税
酒じゃないのにノンアルコールビール税

 

 

上記以外でも、介護保険料、森林環境税、地方道路税、揮発油税、地価税、登録免許税、地方道路税、石油ガス税、石油石炭税、電源開発促進税、狩猟税、法定外目的税、特別土地保有税、水利地益税、共同施設税、自動車重量税、航空燃料税、入湯税、市町村税、軽油税、ゴルフ場利用税、高速道路通行料、国民健康保険税、関税など、

 

これ以外にも多数の税金が知らない間に徴収されています。しかしこれに、さらに死亡税が加わるというのです。これでは国民は国から経済制裁を受けてるようなものですね。

 

 

 

neko  (3).jpg

 

 

税金大国、ニッポン

 

知らなけりゃ

 

良かったか?

 

 

 

道場主として嬉しいこととチムアタイすること

  • 2017.08.01 Tuesday
  • 11:08

 

 

本日8/1の沖縄タイムスの投稿欄から。

 

 

 

おばあちゃんが ”シタタカ” 喜んでいる様子が手に取るようにわかる投稿ですね。もしかしたら、最初に聞いた時には「シタイヒャー!!」と言いつつ、”カチャーシー” でも踊ったんじゃないかと思われるような投稿記事です。(^_^)v 

 

 

 

 

 

 

果たして自分はどうなんだろうか、カミさんにそう想われ気付かってもらえるようなことを、常日頃、彼女にやってあげているのだろうかと、”チムアタイ” させられた投稿でした。 m(__)m ^_^;

 

 

 

 

 

 

先月でブログ開設して7年を過ぎました。ほんとに塵も積もれば何とかですね。これまでにもポーンとページヴューが跳ね上がることはたまにありました。が、7月は特異でしたね。月内に数回も跳ね上がり、ましてや7/21には何と<5063ページ>です。いやはや、驚きました。が、と同時に有りがたくもあります。拙ブログを時間をかけ見て頂いたことに感謝です。

 

 

 

ウシーミー

  • 2017.04.30 Sunday
  • 19:05

 

年年歳歳、子供たちが大きくなるにつれ、減っていくウシーミーへの参加。

 

寂しくはあれど仕方無しですな。

 

 

今年は兄貴が鬼籍に入り、妻方だけのウシーミー。

 

 

 

 

 

 

諸行は無常とは知りつつも・・・

  • 2017.02.19 Sunday
  • 16:17

 

お久しぶりでございます、みなみな様。

 

先週からここ十日ほどは、ばたばたと慌ただしく、時間に追われる日々でした。想定外と言うか、予期せぬ出来事との遭遇と言うか、とにもかくにも ”あれよあれよ” の日々でした。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

やっと一昨日あたりから落ち着き、いつもの日常生活に戻っております。

 

 

 

blog19Feb .jpg

 

 

 

blog19Feb  (2).jpg

 

 

 

blog19Feb  (1).jpg

 

 

 

 

 

12月に入って

  • 2016.12.06 Tuesday
  • 10:28

 

blog6.jpg

 

 

つい先日までの暖かさ(イヤ暑さか?)が嘘のような今日6日の天気です。亜熱帯に位置する此処沖縄では、冬でも殆ど10度をわることはありません。ありませんが、小さな島なので風が強いのです。体感温度が違うのです。ハイ。

 

 

ところで、一昨日に行われた「那覇マラソン」では余りの暑さに熱中症でリタイヤするランナーが多数出たようで、完走率も相当落ち込んだようですね。

 

 

人間塾道場が或るこの場所は那覇軍港を見下ろす高台にあり、台風や冬空になると風が強く特に気候の変化を感じます。先日は「全沖空連の忘年会」で、「こう暖かくてはどうにも年末恒例の忘年会の気持ちが出ない」ようなことを書いたのですが、そろそろそれらしい気候になりますでしょうか。

 

 

もっとも南半球に住んでいる人からすると、もし日本のように忘年会の慣習があるとするなら、逆パターンでしょうね。いやはや、”脳への刷り込み”、はたまた”先入観”とは・・・。

 

 

 

「忘年会」といえば、懸念されていた我が人間塾の忘年会も、私の予想を見事に覆して相応の参加希望があり、開催する運びとなりました。(^_^)v

 

 

とはいえ、忘年会で大いに親睦を重ねる、その一週間前には「第三回 少林寺流大川道場との交流試合」があるのです。今回から組手の団体戦の種目も加わりました。気を引き締めて子供たち共々、頑張って行こうと思います。

 

 

 

今の時代

  • 2016.10.02 Sunday
  • 19:26

 

 

いつも思うのですが、ほんとに今の時代は一昔前なら想像だにできない位にインターネット、電脳社会になっています。勿論、功罪はあるでしょう。それは否めません。刃物が料理するための包丁となるか、人を殺傷する凶器となるか。

 

何れにしろ、我々はこの時代に生きているのです。生きなければいけないのです。なら、このネット、電脳社会で生きる術を身に着けなければいけない。そう思います。

 

高齢者は身体機能の衰えは仕様がなくとも、アタマは別でしょう。脳みそは別でしょう。要は”覚悟”でしょう。”生き抜くための姿勢”でしょう。

 

 

 

あれあれ書いているうちに変な方向にいってしまいました。m(__)m

 

 

要は、この短編映画を紹介したいだけです。

 

 

ね、一昔前なら考えられませんよね。このような上質な映画がフリーで家に居ながら観られるということが・・・・

 

 

先ずは予告編をご覧下さい。(YouTube)

 

 

 

 

 

 

 

では、リンクを貼っている

 

「これが…四国!?」外国人が四国で撮影した短編映画が異界感半端ない

 

から本編(26分余)をご覧ください。

 

 

 

・・・懐かしい・・・

  • 2016.07.26 Tuesday
  • 15:30

 

 

那覇ハーリーメダル.jpg

 

       ↑             ↑ 

 

 

那覇ハーリーメダル (1).jpg

(左が平成8年、右が平成元年のもの。厚さ5mm、直径6cm)

 

 

 

書架整理や掃除したりしていると、懐かしいもの、見つけたりするもんですね。

 

 

なんせ、六十数年も生きているのですから、いろいろな物が私の人生にくっついてきているんですな。

 

 

 

那覇祭りでの「本バーリー」は3,4回ほど出たような覚えがあるんですが、手元にあるメダルは2個ですか。

 

 

20年前と28年前のハーリー。歳のせいか、あまり覚えておらず、我ながら驚きですな。

 

 

いまはどうなんでしょうか。やはり、このようなメダルが贈られているんでしょうかね。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM