健康法について

  • 2020.09.19 Saturday
  • 11:04

JUGEMテーマ:健康

 

新型コロナ感染症が我が国を含め世界で猛威を奮っている現在、己の体調や健康を意識し、自宅で出来る運動を実践している人が増えていると聞く。実際のところ、ネットでも相当数その手の動画が溢れている。

 

 

私にしてみれば、沖縄空手を主として気功法、真向法、バラコン運動他を数十年やってきたので、特に新たに何かをということは無かったが、只、暫く中断していた”瞑想”は復活させ、我流ながら日々欠かさず実践している。

 

 

ご承知のように世の中には健康法と名のつくものが溢れている。健康法は人それぞれであり、相性というものがある。要はやっていて楽しく、どこでも気楽にでき長続きするものが良い。特に私を含めた高齢者には健康を維持するための運動は切実であろう。勿論、身体運動だけが健康法というわけではなく、己の人生観死生観のありようも大切であることは当然のことである。

 

 

さて、今日は2018年4月に一度アップした記事「健康十訓」を再度紹介したい。少しでも役にたってくれれば有難い。

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

古今東西、百花繚乱の如く、世の中には様々な「健康法」があります。多くの健康法の中でも歴史に耐え、現在でも伝えられているものは、それなりに効果があるということでしょうか。

 

 

 

この画像は未だおふくろが元気でいる時に、実家に貼られていたものです。ネットで画像検索してみると、この「健康十訓」なるものは相当数ヒットします。見づらいと思いますので、改めて明文化してみます。

 

 

一.少肉多菜:肉を控えて野菜を多く摂りましょう
二.少塩多酢:塩分を控えて酢を多く摂りましょう
三.少糖多果:砂糖を控えて果物を多く摂りましょう
四.少食多噛:満腹になるまで食べずよく噛んで食べましょう
五.少衣多浴:厚着を控えて日光浴し風呂に入りましょう
六.少車多走:車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう
七.少憂多眠:くよくよせずたくさん眠りましょう
八.少憤多笑:いらいら怒らず朗らかに笑いましょう
九.少言多行:文句ばかり言わずにまずは実行しましょう
十.少欲多施:自身の欲望を控え周りの人々に尽くしましょう

 

 

一から七は”食事や生活習慣”についての心得のようで、(七を含め)残りは”気もちの持ち様”を言っているようですね。

 

さ〜て、自分に当てはめてみますと、「う〜ん、気もちの持ち様は特に問題無し」なんですが、前半の項目では半々ぐらいでしょうか。(^_^;) 

 

 

・・少車多走について・・

 

多走」で、身体を動かすことや運動することを勧めていますが、その比較対象として「少車」があります。

 

いやいや、私めはこれは完全に”アウト”です。多くの”ウチナ〜ンチュ” 同様、私めも何処に行くにも「車」無しではアカンのです。「多車」なのです。^_^;

 

 

 

・・・で、この「車」でふと思ったのですが、近年、社会問題化している「高齢者ドライバーの事故」や、「運転免許証の自主返納運動」。

 

”明日は我が身” になるのは間違い無いのですが、正直、考えたくもありませんので・・・考えないようにしています。( ー`дー´)キリッ

 

 

 

ところで、「高齢者に車の運転を辞めさせるフレーズ」なんて〜のを見つけました。

 

『今日は自家用車 明日は霊柩車』

『若者の車離れが進んでるんだって 流行に乗り遅れちゃうよ』

『いくら逆走しても時間は巻き戻せませんよ?』

『我が孫に賠償金を遺す気か』

『賠償金 貴方の年金底をつく』

『車の運転 冥途に一直線』

『早そうな 棺桶ですね』

 

 

イヤハヤ です。(>_<)

 

 

今日のブログ「健康十訓」は、「高齢者ドライバー」に依るモノでした。(-。-)y-゜゜゜

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

(追記)

 

おもしろい偶然?です。このブログを最初にアップしたのは昨晩15日ですが、今日の新聞投稿欄にも「高齢者と車」について掲載されていました。(@_@;)

 

 

 

 

 

瞑想、復活

  • 2020.08.21 Friday
  • 09:58

JUGEMテーマ:瞑想

JUGEMテーマ:健康

 

コロナウィルスの猛威により、8月頭より今回二度目の休塾に入ったわけだが、数年ぶりに瞑想を始めた。

 

このブログで見る限り、2014年以来になるのか。気付かないうちにいつの間にか、私の日常から離れて行ってしまっていた。


 

 

 

 

前回の自粛中には”歩け歩けのウォーキング”を始めたのだが、なんせ、外に出るために身支度をし、且つマスク着用なので暑くて暑くて、とてもじゃないがギブアップした。(~_~;)

 

 

今回は寝起き後と午前中のトレーニングタイムに加えるだけなので、何とかルーティーンにしたい。(夕方の練功時にはやったりやらなかったりで、その日の気分次第だ。)

 

 

しかし、再開した8月頭ごろは僅か10分、15分さえもじっとしていられなかった。いや、ほんと。試しにどなたかトライしてみたら良い。如何に私たちは就寝中以外、外界の出来事に反応し、思考にふりまわされ動き回っているか、思い知らされる。

 

特に、現代においてはインターネットが発達し、個人が何時でもどこでも好む情報を手に入れることができる。が、それ故に、余程意識的に意図的に対応しないと引っ張られてしまう。

 

 

 

 

お蔭さまで今では特に寝起き後の30分は割りと容易にこなしている。朝早いせいか、車やバイクの音もあまりなく、鳩や小鳥のさえずりが聞こえたりする(たまにはカラスも・・・)。お昼前の練功時の際は、それ用のBGMを流しながらやっている。

 

 

以前一度、カルチャーセンターの講座で受講をしたことはあるが、殆ど我流である。勿論、それなりに本を読み漁ったり、ネットなどもチェックはしてきた。

 

 

思考はながれるままに任せ、時に呼吸に、時に一つの事柄に集中し、時にはソラで”般若心経”を唱えながら、何とか続いている。

 

 

確かに終わった後は”すっきり感”はある。”ちりちり感”を眉間に感じたりもするが、特に変わった様子は今のところは無い。

 

 

退職後の我々にとって(或いは殆どの高齢者にとって)何が一番うれしいかというと、時間である。自分の自由になる時間である。

 

 

 

コロナ騒動で思う事(6)・・こんな時だからこそ。。

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 17:58

JUGEMテーマ:健康

 

それぞれの環境のもとで、みんな必死に毎日を過ごしていることと思う。かく言う私も同じだ。

 

如何に時間を潰すかではなく、これまでトライしてなかったことや、或いは同じことをやるにしても、多少やり方を変えてみるとか、そういう風にしていこうと思っている。

 

起きている事象や物事にたいして、人が思ったり感じたりすることは各人各様だ。例えば、昔からよく言われている、コップに入っている半分の水。「もう半分しかない」と思うのか、「まだ半分も残っている」と考えるか。

 

 

取り越し苦労持ち越し苦労はしない、そういう風に毎日を過ごしたい。

 

 

 

 

 

幸い、私は大学の事務方に居たので、仕事柄、PC作業は避けて通れなかった。お陰様で、歳の割にはまあまあIT機器とは付き合っていると思う。

 

こういう未曽有の災害に遭遇している今、ほんとうに情報化社会の有難さを感じている。

 

しかしながら、物事には必ず表と裏の二面性がある。例えていうなら「刃物」。料理にも工作にも使えて便利だが、殺傷能力もある。

 

情報の取捨選択には充分に気を付けるに越したことは無い。

 

 

 

 

(追記)FB見てたら、面白いもの見つけました。シェアします。 ヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ騒動による運動不足

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 19:05

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

 

(沖縄タイムス 4/1)

 

 

 

空手や氣功、ストレッチ、自重トレなどは広い場所は必要としないし一人でもできる。

 

記事にある「片足立ち」は空手や氣功にもあるし、「スクワット」は空手の型や基本動作の中にそれに近い動きがある。

 

 

これまで、余り運動の習慣化に興味を持たなかった貴方も、この機会にどうですか?

 

 

 

コロナ騒動で思う事(2)

  • 2020.03.30 Monday
  • 15:25

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

 

もともと外から帰ってきたら、手洗いする習慣はあった。

 

最近はより意識的に手洗いするようにしている。

 

 

健康に自信があるとはいえ、過信は禁物と心得ている。なんせ高齢者世代なのだから。

 

疲れも溜めないようにしている。起床もゆっくりだ。二度寝は普通、三度寝(?)の時もある。お昼あとは午睡が習慣化している。

 

リタイア後しばらくは外で呑む機会も多かったが、ここ数年はもっぱら家呑みで済ませている。

 

 

このブログでも書いたことがあるが、3年ほど前「全沖縄空手道連盟」の周年パーティがあったときのこと。ある高名な先生の案内状の返信には「外出は極力控えている。特に夜間は外出はしない。」とあった。

 

惜しくも昨年亡くなられたが、享年92歳であったか。その返信は私に相当なインパクトを与えた。

 

 

 

 

今月頭ごろ、次女が私たちを心配してか、自分達が使用していた「空気清浄器」なるものを持ってきた。

 

それまで関心の無かった機器だが、なかなか良さそうである。

 

アレルゲン、バクテリア、真菌胞子、ウイルス、花粉、化学物質等の除去性能が市場トップクラスらしい。(と、カタログでは謳っている。)

 

 

確かに価格も相当なものだ。

 

いろいろ迷ったが、予定していた県外への旅行費用がまるまる戻ってくるので、今後のことも考え、思い切って購入することにした。そしたら、丁度その機器の改良型が発売されるとのこと。

 

327種の粒子や微生物を99.99%除去。2.4nm (ナノレベル)まで除去可能とのこと。{ 因みに現機器は94種類、0.009μm(ミクロン)}

 

米国家電製品協会認定、英国アレルギー協会認証マーク取得、欧州アレルギー研究機関認証、国際エネルギースタープログラムの基準を満たした製品とのこと。

 

また、専用アプリをダウンロードしたスマホで、室内空気の状態を可視化、遠隔操作で電源オンオフなど、かなりの優れものだ。

 

 

そういえば、先日、彼女はマスク専用の抗菌剤(除菌・消臭)も持ってきてくれた。これで数回は使用できる。誠に有難い。(^_^;)

 

 

ところで、今回のコロナ騒動、終息するにはかなりの期間を要すると思われるが、終息後はおそらく、日本を含め世界の人々のライフスタイルというか、意識の持ち様に相当な変化が訪れるような気がする。勿論、確証はないのだが・・・。

 

 

 

 

最後に、道場(30畳)の様子について。

 

大きな四つのサッシ戸で換気は十分。天井に2台、壁に一台の扇風機。

 

道場は週一掃除機をかけ、その後リースキンのモップ掛け。

 

更衣室のフローリングはリースキンで毎日。

 

トイレはウォッシュレットを設置。薬用ハンドソープと竹炭を常置。日々チェックし掃除は欠かせない。

 

足ふきマットは日中はなるべく陽にあて、稽古前後にファブリーズでシュッシュッと。

 

休憩時のお水は電解水素水を用意。

 

 

とまあ、こんな調子で頑張っている。

 

 

コロナ騒動で思う事

  • 2020.03.29 Sunday
  • 20:05

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:社会の出来事

 

 

今、世界をパニックに陥れているコロナ肺炎に限らず、インフルや肺炎やノロウイルス等々、様々な感染症がある。

 

でも不思議な事に感染率100%や致死率100%というのは無い。

 

コロナもそうだが、感染する人とそうでない人が居る。又、感染したとしても無症状の人もいる。

 

何故だろう?

 

 

やはりそれは”免疫力の差異”、”生命力の差異”、要するに”病に対する身体の抵抗力”ではないかと思う。

 

高齢になれば、当然、生体エネルギーや生命力は若い人に比して弱いだろうし、持病を抱え服用している人たちは、それら感染症に罹患する確率は發ぁ

 

 

 

健康を維持するということは、一朝一夕には為し得ない。毎日の生活習慣に依る。

 

俗に云う、”快眠、快便、快食”、そして適度な運動とストレスを溜めこまないこと。

 

 

貴方は”良い睡眠を充分とっていますか?” ”毎日のお通じはどうですか?” ”野菜・お魚・お肉、美味しく食べていますか?”

 

運動を習慣化していますか? 

 

他人に気を使いすぎてはいませんか?

 

 

 

私は空手の鍛錬がメインではあるが、朝夕2回1時間半ほど、ストレッチやサンチン、氣功等もこなしている。

 

勿論、リタイアしている身であるからその為の時間をとれるのだが・・・。

 

しかし、こと自分の健康に関わることとなれば、何とかやりくりして「快眠・快便・快食・適度な運動・ストレス軽減”に努めるべきではなかろうか。

 

リタイヤしてからとか考えていると、それは無理だと断言できる。

 

 

 

 

 

 

ところで、高齢の方々に勧めたい運動方法がある。

 

それは”氣功”だ。(太極拳も呼吸法を重視するし健康にも良いのですが・・・。)

 

体力や力は必要ない。

 

高齢者の方々に一番向いているのではないかと思っている。

 

 

 

私は今年”古稀”を迎える。

 

然るに幸いな事に、ここ何年も病に伏したこともないし、インフルや風邪や服薬とも疎遠である。

 

 

日々の空手の鍛錬は勿論だが、やはり朝夕の練功等のおかげだと実感している。

 

 

 

 

知的好奇心を持ち続けること

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 11:02

JUGEMテーマ:健康

 

 

那覇市立公民館主催の成人講座「琉球・ウチナーの歴史」を受講している。全4回のうち2回を終え、今月中に残り2回を予定している。

 

JUGEMテーマ:人生論

JUGEMテーマ:沖縄

 

 

 

 

実は今までこれらの講座のことは余り知らなかったのだ。それも、嬉しいことに、ロハで受講できる。(^_^;)

 

昨年、たまたま「那覇市の広報紙」で「しまくとぅば講座(全4回、12月)」のことを知り、受講した。(参照:12/21、2019記事)

 

 

開催は土日の週末ではあるが若い人は少なく、受講生の多くはシニア世代である。小生同様、日常生活において、比較的、時間に余裕のある人達だと思う。

 

 

 

 

さて、歳を重ねるごとに、人の関心ごとで重要な位置を占めるのはずばり「健康」だと思う。

 

若い時は多少の無理は「若さ」でカバーできても、五十、六十になるとそうもいかなくなる。

 

中高年世代が集まると、必ず出て来るのが「病気や健康」のハナシだ。

 

 

 

健康維持の方法として一般的なのが、快眠・快食・快便、適度な運動、過度にストレスをためないことなどが考えられる。

 

そして、そこに加わるのが「好奇心をもつこと」だと思う。(参照:「老化を遅らせて創造性を高めるシンプルな方法」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知人の訃報を聞くのはやはり寂しいもんだ

  • 2019.05.20 Monday
  • 16:54

JUGEMテーマ:訃報

 

 

 

九州の雨が大変そうだ。→ ”九州で大雨 一日の雨量がひと月分を超えたところも”

 

ニュースではよく ”?十年振りの豪雨” とか言うが、そうだろうか。

 

もうここ数年、毎年、どこかでゲリラ豪雨やらは頻発しているのではないか。

 

もう異常気象ではないと思う。

 

毎年、どこかで災害が発生すると考えた方が良い、と私的には思う。

 

 

 

 

 

さて、早朝の土砂降りから一転、ここ沖縄は少し小休止か。(午後5時前)

 

うっとうしい梅雨空の下、今日は湿っぽいハナシをひとつ。

 

 

中学高校の同期生との立ち話し。

 

アレコレ話しの中で飛び出た ”K”君 の訃報。

 

 

まさかひゃ〜 !?

 

 

高校時代は野球三昧のスポーツが得意だった ”K”君。

 

私が大学在学中の頃、彼が東京から帰省する時は、よくつるんで呑み歩いていた。

 

もう何十年も会っていなかった。

 

残念だ。

 

 

 

 

我々の世代の多くは恐らくは”新聞を購読”している。

 

そして、必ず目を通すのが「告別式告知欄」だ。

 

 

いつまでも若くはない。

 

”明日ありと思う心の仇桜”

”諸行は無常なり”

 

”故に只今に専心せよ”

 

 

 

お母さんが健康であること。是即ち家族の幸せなり。

  • 2019.04.07 Sunday
  • 17:27

 

3回目となる「人間塾母の為の氣功教室」を本日、予定通り終えた。1時半から3時までは真向法とストレッチ、そして三つの気功法をこなし、3時半頃までユンタクハータク。

 

今日は、Tさんが初参加でした。

 

 

 

(追記4/8)そのTさんからコメント頂きました。

 

「昨日は、ありがとうございました。 初めて気功を体験しましたが、音楽の流れる中、ゆったりとした時間、ゆったりとした体の動きで、心も体も(特に心)リフレッシュした気がしました。

帰宅すると、次女が『待っていました!』とばかりに飛びついてきて、現実に引き戻されましたが(汗)、 また来月の教室を楽しみにしています。」

 

 

(追記2)Mさんからもコメント頂きました。

 

「昨日は、ありがとうございました! もちろん、夜はぐっすり気持ちよく眠れました。 それ以外にも、帰宅してから、程よい疲労感で30分程の仮眠も気持ちよくできました。 やはり、人数が多い方が活気もあり楽しいですね。 来月の参加者が増えてくれるのを願っています。」

 

 

 

第2回お母さんの為の人間塾氣功教室

  • 2019.03.16 Saturday
  • 17:23

 

 

 

 

 

『お母さんが健康であること。是即ち、家族の幸せなり。』by 人間塾

 

 

2回目となる氣功教室を終えた。

 

ユンタクハータクしながら約1時間半余。

 

生憎、今回も四名参加予定が、直前に二人のキャンセルが出た。

 

 

 

真向法とストレッチで身体をほぐし、簡易氣功を二つと、伝統的な氣功を一つ。

 

簡易氣功は兎も角として、伝統的な氣功は「調心・調息・調身」の三位一体を旨とするので、修得には時間がかかる。(因みに、「調心・調息・調身」は、我が剛柔流空手のサンチン「氣・息・体」に符合する。)

 

 

お母さんたちは忙しい。

 

 

・・・気長にやっていこうと思う。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM