命の洗濯をしてきました

  • 2019.11.09 Saturday
  • 11:11

 

10月31日の深夜便で中部国際空港へ着いたのは零時前。予想していたほどには寒くは無かった。

 

娘夫婦と私等夫婦の旅行も今年で4回目になる。

 

 

例年どおり、娘婿がレンタカーを借りての全行程何百キロのドライブ旅行である。(白川郷、飛騨高山、平湯温泉、上高地、恵那峡遊覧、熱田神宮などなど。)

 

 

初めての土地を車で移動するにはどうしてもカーナビに頼らざるを得ない。

 

 

・・・のだが、何とレンタカーのナビがまともに機能しなかった・・のだ。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

「レンタカーのナビがオカシイなんて・・・普通、有り得ないだろう。」<`ヘ´>

 

しかしながら、二人は二台のスマホを駆使しながら全行程を乗り切った。おそるべし現代のスマホ。おそるべし娘夫婦。

 

 

帰ってきてからネットでチェックしてみた。

 

名古屋→白川郷(155Km)

白川郷→平湯温泉(84Km)

平湯温泉→恵那峡(136Km)

 

おそらく最短の距離だろうが、実際のところ、我々は行きつ戻りつの迷いながらのドライブで距離も時間も相当食った。

 

 

そういえば岐阜を中心に田舎の道路を走っていて気付いたのだが、コンビニはファミマとローソンはまあまああったのだが、圧倒的にセブンイレブンが少なかった。(因みに、ファミマやローソンでは私の持っている”イオンのワオン”は使えるが、セブンでは使えない。)(^_^;)

 

 

沖縄で生まれ育った私にとって人生初の多くの、そして長いトンネルに遭遇した。トンネルを出たかと思えば又トンネルが延々と・・・。一番驚いたのは沖縄では想像もできない長いトンネル、最長で何と11Kmもあった。

 

因みに那覇から糸満市まで12Km余ですよ。その間、ず〜とトンネルの中を走っているのです。いやあ、沖縄では考えられません。

 

 

 

 

8Nov blog (1).jpg

(白川郷)

 

8Nov blog.jpg

 

たまたま一軒の家で屋根の葺き替えが行われていた。案内やチラシでは村人総出で作業にあたるらしいが(結と云うらしい)、見たところ、どうも業者のような感じがした。(やはり、時代ですかね)

 

 

 

 

 

8Nov blog (3).jpg

 

高山の”古い町並み”に行ったのが11/2の土曜日だったせいか、人ひとヒトで昔ながらの狭い道は随分混んでいた。

 

 

 

 

今回は10/31〜11/4までの旅程だったが、名古屋も岐阜も昼間の最高気温が20〜21℃の陽気で、歩いているとやや汗ばむほどだった。しかし、流石に上高地は寒かった。もっとも2時間近く歩いた後はかなり身体は暖かくなってはいたが・・・。

 

 

8Nov blog (5).jpg

(恵那峡遊覧)

 

8Nov blog (6).jpg

 

 

8Nov blog (8).jpg

(熱田神宮近くにある、白鳥庭園)

 

8Nov blog (9).jpg

 

 

 

8Nov blog (7).jpg

 

名古屋の熱田神宮。11月の祝日ということもあり、七五三の家族が多かった。

 

上高地もそうだったが、大和の神社仏閣の境内は敷地が広く、高く大きな樹木に囲まれ、何ともいえない爽やかな気持ちになる。

 

 

娘婿が旅程の全てを予約や手配をし、そして車を一人で運転してくれた。ほんとに彼には感謝に耐えない。

 

 

 

 

 

最終日4日のお昼。

奮発して名古屋名物「ひつまぶし(特)」なるものをオーダーした。

 

”ひつまぶし”なるものは何か食べ方があったようで、娘に事前に説明は受けたのだが、「お父さんのは”うな丼”になっちゃっ」って言われてしまった。(;一_一)

 

(熱田神宮近くの鰻専門店「大和田」)

 

”なごやめしの代表的料理の「ひつまぶし」とは、関西風で焼き上げ、細かく刻まれたうなぎの蒲焼をお櫃に入ったご飯の上にどっさりと乗っけた料理です。1杯目はお櫃に入った「ひつまぶし」をお茶碗によそい食べ、2杯目はお茶碗によそったひつまぶしに薬味をかけて食べ、3杯目はお茶漬けにして食べます。店によってはお茶漬けの際に出汁がきいたお茶漬けにする場合もあり、店によってさまざまな味の違いを楽しめるでしょう。”(ネットより転載)

 

 

 

知人の訃報を聞くのはやはり寂しいもんだ

  • 2019.05.20 Monday
  • 16:54

 

 

 

 

九州の雨が大変そうだ。→ ”九州で大雨 一日の雨量がひと月分を超えたところも”

 

ニュースではよく ”?十年振りの豪雨” とか言うが、そうだろうか。

 

もうここ数年、毎年、どこかでゲリラ豪雨やらは頻発しているのではないか。

 

もう異常気象ではないと思う。

 

毎年、どこかで災害が発生すると考えた方が良い、と私的には思う。

 

 

 

 

 

さて、早朝の土砂降りから一転、ここ沖縄は少し小休止か。(午後5時前)

 

うっとうしい梅雨空の下、今日は湿っぽいハナシをひとつ。

 

 

中学高校の同期生との立ち話し。

 

アレコレ話しの中で飛び出た ”K”君 の訃報。

 

 

まさかひゃ〜 !?

 

 

高校時代は野球三昧のスポーツが得意だった ”K”君。

 

私が大学在学中の頃、彼が東京から帰省する時は、よくつるんで呑み歩いていた。

 

もう何十年も会っていなかった。

 

残念だ。

 

 

 

 

我々の世代の多くは恐らくは”新聞を購読”している。

 

そして、必ず目を通すのが「告別式告知欄」だ。

 

 

いつまでも若くはない。

 

”明日ありと思う心の仇桜”

”諸行は無常なり”

 

”故に只今に専心せよ”

 

 

 

お母さんが健康であること。是即ち家族の幸せなり。

  • 2019.04.07 Sunday
  • 17:27

 

3回目となる「人間塾母の為の氣功教室」を本日、予定通り終えた。1時半から3時までは真向法とストレッチ、そして三つの気功法をこなし、3時半頃までユンタクハータク。

 

今日は、Tさんが初参加でした。

 

 

 

(追記4/8)そのTさんからコメント頂きました。

 

「昨日は、ありがとうございました。 初めて気功を体験しましたが、音楽の流れる中、ゆったりとした時間、ゆったりとした体の動きで、心も体も(特に心)リフレッシュした気がしました。

帰宅すると、次女が『待っていました!』とばかりに飛びついてきて、現実に引き戻されましたが(汗)、 また来月の教室を楽しみにしています。」

 

 

(追記2)Mさんからもコメント頂きました。

 

「昨日は、ありがとうございました! もちろん、夜はぐっすり気持ちよく眠れました。 それ以外にも、帰宅してから、程よい疲労感で30分程の仮眠も気持ちよくできました。 やはり、人数が多い方が活気もあり楽しいですね。 来月の参加者が増えてくれるのを願っています。」

 

 

 

第2回お母さんの為の人間塾氣功教室

  • 2019.03.16 Saturday
  • 17:23

 

 

 

 

 

『お母さんが健康であること。是即ち、家族の幸せなり。』by 人間塾

 

 

2回目となる氣功教室を終えた。

 

ユンタクハータクしながら約1時間半余。

 

生憎、今回も四名参加予定が、直前に二人のキャンセルが出た。

 

 

 

真向法とストレッチで身体をほぐし、簡易氣功を二つと、伝統的な氣功を一つ。

 

簡易氣功は兎も角として、伝統的な氣功は「調心・調息・調身」の三位一体を旨とするので、修得には時間がかかる。(因みに、「調心・調息・調身」は、我が剛柔流空手のサンチン「氣・息・体」に符合する。)

 

 

お母さんたちは忙しい。

 

 

・・・気長にやっていこうと思う。

 

 

 

こんな暑い2月は初めてだ

  • 2019.02.28 Thursday
  • 21:32

JUGEMテーマ:健康

今日は2月28日。明日からもう3月に入るのですね。

 

今日も昨日に続き暖かく、やや”ムシット”した天気でした。夕方からここ那覇では雨になりました。

 

 

 

思うに、沖縄の今年2月の気候は、まさに”異常気象”ですね。ハイ。

 

70年近く生きてきて、こんな2月は初めて経験しました。元来、一年を通して2月が一番寒いのです。それが、今日もそうですが、まるで4月頃の”シーミー(清明祭)”前のような天気模様。

 

 

追記「3/2沖縄タイムス」

 

 

 

 

沖縄含め、世界の気候がおかしくなっています。地球のあるエリアでは”寒波”、と同時にあるエリアでは”熱波”。

 

異常も続けば、もう普通。当たり前の現象。

 

地球の気候だけではなく、世の中、世界の状況変化が著しい。

 

 

こういう時代だからこそ、安易に流されず、付和雷同せず、しっかりと地に足を付けた、自分らしい生き方を生きるべきだと強く思います。

 

 

 

 

 

自分らしい生き方とは?

 

後悔しない生き方とは?

 

そのヒントや参考になるのが、このブログのカテゴリー「健康」で見つかるかもしれません。

 

 

試してみてはどうですか?

 

 

初めての気功教室

  • 2019.02.09 Saturday
  • 20:27

 

「第1回人間塾ママの為の気功教室」本日、終えました。

 

 

 

当初、四人参加の予定でしたが、下の息子さんが急に発熱したということで、結局、三人になりました。

 

子供の同伴は遠慮してもらったこと、土か日曜日の一定時間に行うという条件下で、お母さんがたへの参加呼びかけですから、致し方無いかなあ、と思います。

 

何れにしろ、当面は月イチで続けていこうと思っています。

 

気功そのものが主なる目的ですが、集まっての”ユンタク”も楽しいものです。”ユンタク”は人と人の潤滑油です。お母さんがたのコミュニケーションの場になればと思っています。

 

 

 

参加したSさんから早速、コメントを戴きましたので紹介します。

 

”気功教室の開催ありがとうございます。参加するまでは、気功って何するの?と思いながらも、最近は全然体を動かしてないし、ちょっとやってみようかな、という理由で参加させていただきました。

たくさんの動作があって、あんまり覚えられませんでしたが、終わった後の手のひらがじわじわした感じが不思議な 感じでした。身体もあちこち伸ばしてスッキリ、きもちよくなりました。教室が続いて、家でもできるようになって、ひざのポキポキも治るといいなぁと思いました。休憩中や終わった後のおしゃべりも楽しかったです。次回の教室もぜひ参加したいです。

今日は本当にありがとうございました。”(Sさん)

 

残るお二人からもコメント頂きましたら、紹介しようと思います。

 

 

 

さて、今日はお母さんの為の健康教室でしたが、実は、明日、「おやじ達」の集まりがあるのです。楽しみです。勿論、私も参加するつもりです。「おやじ組」の組長Nさん、宜しくお願いします。

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

● Mさんからもコメント届きました。

 

”今日は、ありがとうございました。
気功とは聞いたことはありましたが、全く未知の世界だった為、始まる前からドキドキワクワク…💓
まずストレッチで日頃の習慣不足を反省(^^;)
しかし、簡単な動き〜複雑な動きまで、与儀先生の動きを見よう見まねで実践していくうちに、現代社会で凝り固まった身体(笑)の硬さが解放されて解き放たれていくのがわかり、終わった後はすごくスッキリしました!
途中、自分の動きがおかしくて笑いが込み上げてきたり、皆さんであーだこーだ言いながら和気あいあいと出来たのも楽しかったです♪
そうそう! 帰宅してからすぐにまたお手洗いに走りました(笑) どんだけ毒素がたまっていたのか…(^^;)
家でもストレッチを頑張りながら、次回の開催を楽しみにしております♪ よろしくお願いします!” 

 

 

 

 

◆ ハイ、ラスト三人目Aさんからのコメントです。

 

”気功教室に参加させて頂き、ありがとうございました。 全く未知の世界で、何をするんだろう?と思いながらの参加でしたが、塾長の説明を受け身体を動かすと、簡単な身体の動きなのにポカポカジンジンしてきて不思議な体験でした。

 

後半の複雑な動きは、もっと練習をして呼吸法までマスターし自分のものにできたら、トランス(無の)状態に入るんじゃないかと思うほど、ボーっと動いてる瞬間がありました。

気持ちのいい脱力感があり、帰宅後には2時間も落ちたように爆睡してしまいましたが、起きたらスッキリリフレッシュ!私って疲れてたのかも?と認識した1日でした。

日常では動かさない部分を自分で動かせる範囲でほぐし、運動不足を実感しました。

終わってからのアンダグチも楽しくて、まだまだ足りず…  また参加したいです♪ 今後もよろしくお願いします。

オヤジ会に負けず、母会も開催しましょ〜 ” (^∇^) 

 

 

 

 

 

人間塾の気功教室

  • 2019.02.04 Monday
  • 14:34

 

 

 

 

気功を始めて8年になる。

 

ご承知のように、気功は多人数でやればやるほど、気場・磁場が上がるといわれている。大勢で練功すると生命磁場が強くなり、得気が早い。場の効果は人数と比例する。

 

これまで朝夕、一人でやってきたが、健康法に有効なこの気功を今回、少年少女部のお母さん達や一般部女子に開放しようと思う。当面は月イチ(日時不定期)のペースでやっていき、ゆくゆくは定期化できればと思う。

 

 

リタイア人生・・・どうしてますか?

  • 2019.01.18 Friday
  • 16:18

 

小生が職を辞したのは2010年だ。定年まで未だ5年はあったが、正直、もう限界だった。

 

月々もらえるサラリーや年2回のボーナスは無くなってしまったが、職場の煩わしい人間関係から解放されたことや、自分の自由になる時間が大幅に増えたことが何よりも嬉しかった。有難かった。心底そう思った。ヽ(^。^)ノ

 

 

そういえば、昨年の娘夫婦との旅行でのこと。

 

高松市の栗林公園でボランティアガイドをしていた60代の男性、そして那覇空港から帰りの60代タクシーの運転手さん。二人ともやはり同じことを言っていた。「収入は断然減ったけど、その代わり自分の自由になる時間がもてたことや、好きなことをしていて毎日が楽しい」と。

 

 

 

 

 

退職金の殆どが道場建築、起ち上げに消えてしまった。が、思う存分、好きな空手に打ち込める。弟子や新しい仲間も出来る。

 

不思議なことに、果たして入門者はどうなるのだろうとか、道場の運営はどうなるのだろう、とかは頭の片隅にも無かった。ホントに・・・。

 

 

何とかなるもんだ。

 

結局、人は収入の範囲内で生きていくしかない。前職時、如何に浪費していたのか、リタイア後、思い知らされた。

 

 

気をつけることといえば、年齢に伴う体力の衰えや病だ。以前はワインも呑み過ぎることが多々あったが、流石にここ数年は何とかコントロールしている。

 

 

 



ところで、最近、自分自身驚いているのが読書。読む量が圧倒的に少なくなっている。

 

書籍雑誌の購入は現在の懐事情から仕様が無いとしても、是まで購入した本は山ほどある。いい話しが、ためになる話しが、一杯載っている。人の器を大きくするには、幾つかの手段方法があるが、読書もその一つだと思う。

 

 

 

因みに、お笑い芸人だらけのTVの通常番組は見ない。かつて良く見ていたニュースもみない。フィルターがかかり過ぎて信用していない。

 

映画、アニメ、格闘技系の番組などを録画して見ている。有料の衛星放送やネット配信ものには多少興味はあるものの、お金を出してまで見ようとは思わない。

 

 

 

 

このブログもお陰様で10年目を迎える。

 

ブログを読み返すと、その当時の状況や背景が思い返される。

 

”徒然なるまま日々の想いを綴り 我が人生の軌跡足跡と為す”  

 

現在、進行中 )^o^(

 

 

 

 

人生で最も後悔していることは何ですか?

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 15:59

 

 

 

 

この動画をみて、「チムアタイ」して、「そうだ。なんとかしないと!!」と思うのは、やはり高齢者のかたではないだろうか。

 

おそらく、かく言う私でも、もし30代40代でこのような動画を見ても、「感じる」だけで、本気で「行動に移す」ことはあまりなかっただろう。

 

 

 

人は「死」を意識することによって、今在る「生」を一生懸命生きようとする、と思う。

 

昨年初めに「兄」が急逝した。持病を抱えていたとはいえ、想定外だった。本人自身、そのような<ふし>があった。

 

身近な人の死を目の当たりにすると、死を意識し、そして生を意識する。

 

 

 

 

 

”本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。” By  スティーヴ・ジョブズ(アップル創業者)

 

 

 

老いるとは

  • 2018.12.21 Friday
  • 19:36
JUGEMテーマ:健康

 

「人は老いることはありません」

あなたにとって、年齢とは何ですか? 年をとることがこわいでしょうか? それとも、あなたはそんなことは気にもかけずに楽しく生き、若さの泉とは、自分自身の意識にあるのだということがよく分かっている人でしょうか。

心を若く、新鮮で目覚めた状態にしておけば、年をとるということはありません。関心を持つことがたくさんあり、人生を100パーセント楽しんでいるなら、いったいどうして老いることなどがあるでしょうか。

人生70年などと考えてしまうと、自分に限界を課してしまいます。生きることの素晴らしさに目覚めることが、長い人生のはじまりになる人もたくさんいるのです。そういう人たちは、目覚めてから初めて人生を楽しめるようになります。

老齢などという考えはすべて捨ててしまいなさい。それは、みんなが持っている思考にすぎません。それが強くなりすぎて、固いナッツのようになり、殻を壊すのが難しくなってしまったのです。年齢についての思いを、この瞬間から変えて下さい。
                      
(アイリーン・キャディ著 「心の扉を開く」 6/19今日の言葉)





人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

(サミュエル・ウルマン の言葉)


特にサミュエル・ウルマンのこの詩は、若い頃から大好きでした。60も超えた現在、益々私の心に響きます。

 

 

(この記事は2012年6月にアップしたものを再掲した。現在、68驀進中。)

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM