特に高齢者(といわれている人)は熱中症に気をつけましょう

  • 2017.08.03 Thursday
  • 10:25

 

熱中症患者が増加する6〜9月の期間、沖縄県地域保健課が週ごとにまとめる集計で、最新の第8週の患者数が119人に上り、過去10年で同週の最多となったことが2日、分かった。うち、建設工事現場などで作業中の「屋外作業(就労中)」が47人と半数近くを占めた。第7週の61人から急増。同課は小まめな水分補給や休憩などを徹底するよう呼び掛けている。(下図は6月1日以降、熱中症と診断された患者数を集計)

 

 

 

同課によると、患者は例年、建設工事現場の作業員が抜きん出て多く、「運動」「農作業」などと続く。一方、今年は在宅時に熱中症になった人も7%ほどいて、「意識障害、けいれん」などの重度症状の約2割が「在宅」の患者だった。同課は自宅にいても水分補給やクーラーの利用で暑さを防いでほしい。特に高齢者は暑さを感じにくいので、自身や家族で気遣ってほしい」と注意を促している。(以上、沖縄タイムス 8/3 より)

 

・・・・・・・・・・・

 

 

またまた ”イッペー チムアタイ” する記事だ

 

キーワードは次の三つ

 

「高齢者」「運動」「在宅時」

 

いやはや 確かに昨日は 少々 やばかった かも w(゚▽゚)w

 

 

 

熱中症に気をつけましょう

  • 2017.07.29 Saturday
  • 15:14

 

 

那覇中央郵便局が「かもめーる はがき」を利用して、面白い営業をやってますね。一口(100枚)単位で協賛企業や団体として協力しませんか、というものです。

 

剛柔流人間塾、ものは試しと受諾しました。近々、道場の或る金城地区に配達される予定です。(^_^;)

 

 

 

 

夏のはがき かもめーる:暑中見舞いや残暑見舞い用のくじ付き郵便はがき「かもめーる」。くじの抽選で現金1万円(6381本)やクオカード千円分(2万1270本)が当たる。抽選は9月4日に行われる。

 


 

熱中症

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 15:11

 

 

(裏庭にて)

 

 

暑いです、今日は・・・。いやはや、ちょっと庭にいるだけで熱い(?)んです、ほんと。

 

 

先日ある会合があったのですが、そこで出た話しが「熱中症」のことでした。また、2週間ほど前、近くのスーパーで高校時代の仲間に偶然会ったのですが、やはり「熱中症」のハナシがでました。

 

 

共通するのは、彼らが皆、中高年であるということ。ま、中高年だけの問題ではないんでしょうが。

 

 

そのスーパーで遭った彼は、毎年、那覇マラソンに出るほど日頃からジョギングなどをしていて、体力には自信があったそうなのです。が、最近、ジョギング中に急に意識が遠のき、暫くダウンしていたとのこと。本人初めてのことだったので、愕然としたようです。

 

 

特に屋外でのお仕事に携わっている方々は、やはり気をつけないといけないでしょうね。もっとも、屋内に居ても熱中症にかかる場合もあるというのですから、要注意ですよ、中高年の皆さん。(熱中症の症状や対処方法はネットで簡単にチェックできます。一度は見ていた方がよいかもですね。)

 

 

 

で、我が家の「たま」は熱中症はどこ吹く風、エアコンの下でお昼寝でございます。

 

小生もリタイア後は殆ど家の中で過ごしているわけですが、それでも水分の補給には気をつけており、日々かなりの水を飲んでいます。

 

 

 

 

氷菓子を買う時は一度に十数個は買います(安い奴を・・・)。

 

サラリーマン時代は余り興味もなかったのですが、なんですかねぇ〜。

 

 

 

 

道場で子供たちを預かる身です。暑い夏場はやはり子供たちの様子には気を付けているつもりです。適度にブレイクタイムを設けるのは当然として、冷蔵庫を置き冷水を用意しています。(只の水道水ではありませんぞ。アルカリ性電解水です。)

 

 

 

拙ブログ訪問の方々は、体調管理はどうですか?

 

快眠・快便・快食、そして適度な運動、バッチリですか?

 

 

 

 

中高年のアイドル・・<綾小路きみまろ>登場

  • 2017.07.01 Saturday
  • 22:19

 

何も申しません。

 

中高年の皆様、もう既にご覧になった方々もいらっしゃるかもしれませんが、も一度どうぞ。

 

 

 

 

 

何故、これ程、彼のステージは盛り上がるのでしょう。

 

何故、これ程、中高年にもてはやされるのでしょう。

 

 

・・・そうです。

 

・・・みんな、少なからず「チムアタイ」しているからではないでしょうか。 (-。-)y-゜゜゜

 

 

 

意識的に呼吸をする

  • 2017.04.13 Thursday
  • 09:54

 

 

 

 

 

我々は普段、無意識に呼吸をしている。だが、武術に関わり合いのある者は日常的に呼吸を意識し、且つ、意識的に呼吸をするようになる。

 

 

武術的な意味合いもあるが、ひとつには、それが健康に結びつくことを知っているからである。

 

 

年をとり、体力筋力が衰えようとも、呼吸する事にはなんら問題ないからである。

 

 

見回してみよう。昔からの健康法或いは健康に良いと云われている運動など、その殆どが呼吸を意識している。

 

 

池原英樹 先生

  • 2017.03.25 Saturday
  • 17:46

 

先ずは次の動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

さてさて、一昨日の事です。

 

たまたま車で近くを通りかかったら、当道場の案内を見かけたということで、寄ってくれました。

 

先生とは空手仲間として旧知の間柄ですが、当道場に来られるのは初めてです。

 

 

 

道場内で立ち話をしていたら、子供たちの基本動作を見て、「みんな固いなあ〜。一発で柔らかくしてみせますよ」とのこと。

 

 

blog ikehara (1).jpg

 

 

blog ikehara.jpg

 

 

blog ikehara (2).jpg

 

軽くタッチしただけで、開脚の角度が・・・ (?_?)

 

 

blog ikehara (4).jpg

 

 

blog ikehara (3).jpg

 

 

blog ikehara (6).jpg

 

 

今度はうつ伏せにしての膝上げ。池原先生が一寸チョコチョコとやったら・・・

 

 

blog ikehara (5).jpg

 

何と何と・・・・ \(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

いやはや、小生も整体には多少の心得はあるのですが、正直、驚きました。

 

 

いつか、少年部、保護者及び一般部を対象に、「ケガをしない動き、身体のほぐし」について、池原先生に是非とも演習をお願いしようと思った次第です。

 

 

※YouTube で「池原塾」で検索してみて下さい。結構、アップされています。

 

 

元気があれば・・・ \(^o^)/

  • 2016.12.11 Sunday
  • 13:15

 

 

 

 

 

今日はまっこと素晴らしい天気になりました。

 

余り気持ちが良いものですから、朝の練功を終え、庭で撮ってみました。

 

 

しかし、人間は我儘なもんですよね。仮にこういういい天気が半年以上も続くと、今度は水不足を心配して、「はやく雨でも降ってくれないかなあ」とグチをこぼす。いやはや・・・です。

 

 

 

ところで、早朝、交流大会の記事を書いている時、思ったんですが、ここ数日ブログ毎日更新しているんですね。左上の「Calendar」を見て下さい。先月の22日から26日のみを除き、日々更新しているのです。^_^;

 

 

もちろん中には、駄文やしようの無い記事もあるんだと思いますが、でも、日によっては2件3件の時もあるんです。近年、希にみる快挙ですなぁ。(笑)

 

 

思うに、調子が良いんです。絶好調なんです。だから、何かを書きたい、何か発露したい。ま、そういうことでしょうね。(暇人の世迷言だったりして・・・。いやいや、精神科医にいわせると、只の躁状態だったりして・・・) (-。-)y-゜゜゜

 

 

 

 

 

 

昨日、特訓終了後は急いで、「ステーキ」と「ワイン」を買ってきました。私めにとって特別な日だったのです。

 

ほんと、まっこと、気もちの良い日です。\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生で後悔していることは何ですか?

  • 2016.10.14 Friday
  • 19:23

 

 

”生まれてから80才でもし死ぬとしたら、29200日を生きたことになります。”

 

 

80年と思うと長い気がしないでもない。が、日で数えるとそんなものか。(-_-;) 

 

 

「おいおい、俺のばあいは・・・・5千日余りかよ。OMG!!! 」

 

 

 

・・・ということで、次の動画をこのブログを贔屓にして頂いている皆さんにシェアしたいと思います。

 

 

私には全て「チムアタイ」することです。現在そうしていることもあるし、そうでないこともある。”物事を為すに遅いということは無い"というのが私の信条です。では、では・・・

 

 

 

 

 

 

 

あなたの意識があなたの身体をつくっている(2)

  • 2016.09.16 Friday
  • 18:47

 

 

さて、このような、是までの常識から外れるような価値観や考え方は、この書籍が出るころ(1990年代)は極く少数だったと思います。が、現在ではどうでしょうか。

 

 

因みに、著者の「篠原佳年」氏はれっきとした医学博士です。その後、彼が数十冊の本を刊行し病院が繁盛していることが、証左ではないでしょうか。(「医療法人わいわいクリニック」理事長兼院長、プロフィール参照)

 

 

 

 

 

 

”実際、いま病気で苦しんでいるのに、ニコニコしたり、未来への希望にわくわくしたりできるか、ということになります。それどころか「この病気は一生なおらないのではないか」「これがきっかけで死ぬのではないか」、そんなことまで考えてしまいがちです。

 

「病気を悪者にするな」「天からの贈り物と思え」などといっても、実際に病気に苦しむ人にとっては、「冗談も休み休みいってくれ!」といいたくなることでしょう。だが運命の分岐点はここにあるのです。”(書籍より転載)

 

 

 

・・・・・

 

 

今日は朝からいろいろあり、結構バタバタしておりました。で、幾つか物事が片付いたので早々とグラスを片手に持っています。なので、きょうはとりあえず、これにて・・・m(__)m

 

 

 

 

あなたの意識があなたの身体をつくっている

  • 2016.09.15 Thursday
  • 22:06

 

ここ最近、寝る前は本を読むことにしている。・・・といっても、新しく買って読むということではなく、むか〜しむか〜し買った本からピックアップして読んでいるのだ。

 

中には、今ならとてもじゃないが買わなかったであろう本も結構まだある。以前、多少は処分したつもりだが、貧乏根性のせいか、処分に踏み切れず未だ多数抱えているのだ。

 

 

 

さて、本題に入ろう。

 

今日紹介するのは、”「快癒力」by 篠原佳年、1996年、サンマーク出版”だ。

 

結構この類の本はいまでも好きだ。以下に、キーワードとして羅列したい。詳しく知りたければ、直接購入するか、私の知人であれば喜んでお貸ししますよ。

 

 

  • 人間はみなイメージした人生を歩んでいる。病気もまたしかり、です。
  • 医者や薬では病気は治らない。
  • 気を自分の為だけに使うと一方的に低下していき、人の為に使うと無限大になる。
  • 西洋医学と云うのは、目に見える症状の改善ばかりに意識を向けていて、病気の本質というものを見誤っている。
  • 病気は病院に行けば悪化する。
  • 病気とは熱きメッセージである。
  • 病気とはその人の生き方にたいするメッセージなのです。
  • 病気の人は病気をつくることに相当のエネルギー振り向けている。

 

 

 

 

 

 

  • 難病が治るケースは次の三つしかありません。第一に「病気をあきらめた人」、第二に「病気を忘れた人」、第三に「人のために尽くした人」です。
  • 病気の原因は過去に在り、今を変えれば過去も病気も変わる。
  • 過去も現在の心理状態で変わってくる。
  • 過去と云う記憶は、生きている私たちが、現在つくっている思いなのです。
  • 医者が病気になりやすいのはなぜか。
  • 病気になりにくい人は、「病気を意識していない人」なのです。
  • 胃潰瘍に限らず、あらゆる病気の原因は、自分自身がつくりだしている側面があります。
  • 最大の原因はその人の考え方にあるといっても過言ではありません。

 

 

さてと、これでも未だ書籍の四分の一ぐらいの紹介でしょうか。続きはまた明日・・・。(^_^;)

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM