コロナ騒動で思う事(6)・・こんな時だからこそ。。

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 17:58

 

 

それぞれの環境のもとで、みんな必死に毎日を過ごしていることと思う。かく言う私も同じだ。

 

如何に時間を潰すかではなく、これまでトライしてなかったことや、或いは同じことをやるにしても、多少やり方を変えてみるとか、そういう風にしていこうと思っている。

 

起きている事象や物事にたいして、人が思ったり感じたりすることは各人各様だ。例えば、昔からよく言われている、コップに入っている半分の水。「もう半分しかない」と思うのか、「まだ半分も残っている」と考えるか。

 

 

取り越し苦労持ち越し苦労はしない、そういう風に毎日を過ごしたい。

 

 

 

 

 

幸い、私は大学の事務方に居たので、仕事柄、PC作業は避けて通れなかった。お陰様で、歳の割にはまあまあIT機器とは付き合っていると思う。

 

こういう未曽有の災害に遭遇している今、ほんとうに情報化社会の有難さを感じている。

 

しかしながら、物事には必ず表と裏の二面性がある。例えていうなら「刃物」。料理にも工作にも使えて便利だが、殺傷能力もある。

 

情報の取捨選択には充分に気を付けるに越したことは無い。

 

 

 

 

(追記)FB見てたら、面白いもの見つけました。シェアします。 ヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ騒動による運動不足

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 19:05

 

 

(沖縄タイムス 4/1)

 

 

 

空手や氣功、ストレッチ、自重トレなどは広い場所は必要としないし一人でもできる。

 

記事にある「片足立ち」は空手や氣功にもあるし、「スクワット」は空手の型や基本動作の中にそれに近い動きがある。

 

 

これまで、余り運動の習慣化に興味を持たなかった貴方も、この機会にどうですか?

 

 

 

コロナ騒動で思う事(2)

  • 2020.03.30 Monday
  • 15:25

 

 

もともと外から帰ってきたら、手洗いする習慣はあった。

 

最近はより意識的に手洗いするようにしている。

 

 

健康に自信があるとはいえ、過信は禁物と心得ている。なんせ高齢者世代なのだから。

 

疲れも溜めないようにしている。起床もゆっくりだ。二度寝は普通、三度寝(?)の時もある。お昼あとは午睡が習慣化している。

 

リタイア後しばらくは外で呑む機会も多かったが、ここ数年はもっぱら家呑みで済ませている。

 

 

このブログでも書いたことがあるが、3年ほど前「全沖縄空手道連盟」の周年パーティがあったときのこと。ある高名な先生の案内状の返信には「外出は極力控えている。特に夜間は外出はしない。」とあった。

 

惜しくも昨年亡くなられたが、享年92歳であったか。その返信は私に相当なインパクトを与えた。

 

 

 

 

今月頭ごろ、次女が私たちを心配してか、自分達が使用していた「空気清浄器」なるものを持ってきた。

 

それまで関心の無かった機器だが、なかなか良さそうである。

 

アレルゲン、バクテリア、真菌胞子、ウイルス、花粉、化学物質等の除去性能が市場トップクラスらしい。(と、カタログでは謳っている。)

 

 

確かに価格も相当なものだ。

 

いろいろ迷ったが、予定していた県外への旅行費用がまるまる戻ってくるので、今後のことも考え、思い切って購入することにした。そしたら、丁度その機器の改良型が発売されるとのこと。

 

327種の粒子や微生物を99.99%除去。2.4nm (ナノレベル)まで除去可能とのこと。{ 因みに現機器は94種類、0.009μm(ミクロン)}

 

米国家電製品協会認定、英国アレルギー協会認証マーク取得、欧州アレルギー研究機関認証、国際エネルギースタープログラムの基準を満たした製品とのこと。

 

また、専用アプリをダウンロードしたスマホで、室内空気の状態を可視化、遠隔操作で電源オンオフなど、かなりの優れものだ。

 

 

そういえば、先日、彼女はマスク専用の抗菌剤(除菌・消臭)も持ってきてくれた。これで数回は使用できる。誠に有難い。(^_^;)

 

 

ところで、今回のコロナ騒動、終息するにはかなりの期間を要すると思われるが、終息後はおそらく、日本を含め世界の人々のライフスタイルというか、意識の持ち様に相当な変化が訪れるような気がする。勿論、確証はないのだが・・・。

 

 

 

 

最後に、道場(30畳)の様子について。

 

大きな四つのサッシ戸で換気は十分。天井に2台、壁に一台の扇風機。

 

道場は週一掃除機をかけ、その後リースキンのモップ掛け。

 

更衣室のフローリングはリースキンで毎日。

 

トイレはウォッシュレットを設置。薬用ハンドソープと竹炭を常置。日々チェックし掃除は欠かせない。

 

足ふきマットは日中はなるべく陽にあて、稽古前後にファブリーズでシュッシュッと。

 

休憩時のお水は電解水素水を用意。

 

 

とまあ、こんな調子で頑張っている。

 

 

コロナ騒動で思う事

  • 2020.03.29 Sunday
  • 20:05

 

 

今、世界をパニックに陥れているコロナ肺炎に限らず、インフルや肺炎やノロウイルス等々、様々な感染症がある。

 

でも不思議な事に感染率100%や致死率100%というのは無い。

 

コロナもそうだが、感染する人とそうでない人が居る。又、感染したとしても無症状の人もいる。

 

何故だろう?

 

 

やはりそれは”免疫力の差異”、”生命力の差異”、要するに”病に対する身体の抵抗力”ではないかと思う。

 

高齢になれば、当然、生体エネルギーや生命力は若い人に比して弱いだろうし、持病を抱え服用している人たちは、それら感染症に罹患する確率は發ぁ

 

 

 

健康を維持するということは、一朝一夕には為し得ない。毎日の生活習慣に依る。

 

俗に云う、”快眠、快便、快食”、そして適度な運動とストレスを溜めこまないこと。

 

 

貴方は”良い睡眠を充分とっていますか?” ”毎日のお通じはどうですか?” ”野菜・お魚・お肉、美味しく食べていますか?”

 

運動を習慣化していますか? 

 

他人に気を使いすぎてはいませんか?

 

 

 

私は空手の鍛錬がメインではあるが、朝夕2回1時間半ほど、ストレッチやサンチン、氣功等もこなしている。

 

勿論、リタイアしている身であるからその為の時間をとれるのだが・・・。

 

しかし、こと自分の健康に関わることとなれば、何とかやりくりして「快眠・快便・快食・適度な運動・ストレス軽減”に努めるべきではなかろうか。

 

リタイヤしてからとか考えていると、それは無理だと断言できる。

 

 

 

 

 

 

ところで、高齢の方々に勧めたい運動方法がある。

 

それは”氣功”だ。(太極拳も呼吸法を重視するし健康にも良いのですが・・・。)

 

体力や力は必要ない。

 

高齢者の方々に一番向いているのではないかと思っている。

 

 

 

私は今年”古稀”を迎える。

 

然るに幸いな事に、ここ何年も病に伏したこともないし、インフルや風邪や服薬とも疎遠である。

 

 

日々の空手の鍛錬は勿論だが、やはり朝夕の練功等のおかげだと実感している。

 

 

 

 

知的好奇心を持ち続けること

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 11:02

 

那覇市立公民館主催の成人講座「琉球・ウチナーの歴史」を受講している。全4回のうち2回を終え、今月中に残り2回を予定している。

 

 

 

 

実は今までこれらの講座のことは余り知らなかったのだ。それも、嬉しいことに、ロハで受講できる。(^_^;)

 

昨年、たまたま「那覇市の広報紙」で「しまくとぅば講座(全4回、12月)」のことを知り、受講した。(参照:12/21、2019記事)

 

 

開催は土日の週末ではあるが若い人は少なく、受講生の多くはシニア世代である。小生同様、日常生活において、比較的、時間に余裕のある人達だと思う。

 

 

 

 

さて、歳を重ねるごとに、人の関心ごとで重要な位置を占めるのはずばり「健康」だと思う。

 

若い時は多少の無理は「若さ」でカバーできても、五十、六十になるとそうもいかなくなる。

 

中高年世代が集まると、必ず出て来るのが「病気や健康」のハナシだ。

 

 

 

健康維持の方法として一般的なのが、快眠・快食・快便、適度な運動、過度にストレスをためないことなどが考えられる。

 

そして、そこに加わるのが「好奇心をもつこと」だと思う。(参照:「老化を遅らせて創造性を高めるシンプルな方法」)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命の洗濯をしてきました

  • 2019.11.09 Saturday
  • 11:11

 

10月31日の深夜便で中部国際空港へ着いたのは零時前。予想していたほどには寒くは無かった。

 

娘夫婦と私等夫婦の旅行も今年で4回目になる。

 

 

例年どおり、娘婿がレンタカーを借りての全行程何百キロのドライブ旅行である。(白川郷、飛騨高山、平湯温泉、上高地、恵那峡遊覧、熱田神宮などなど。)

 

 

初めての土地を車で移動するにはどうしてもカーナビに頼らざるを得ない。

 

 

・・・のだが、何とレンタカーのナビがまともに機能しなかった・・のだ。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

「レンタカーのナビがオカシイなんて・・・普通、有り得ないだろう。」<`ヘ´>

 

しかしながら、二人は二台のスマホを駆使しながら全行程を乗り切った。おそるべし現代のスマホ。おそるべし娘夫婦。

 

 

帰ってきてからネットでチェックしてみた。

 

名古屋→白川郷(155Km)

白川郷→平湯温泉(84Km)

平湯温泉→恵那峡(136Km)

 

おそらく最短の距離だろうが、実際のところ、我々は行きつ戻りつの迷いながらのドライブで距離も時間も相当食った。

 

 

そういえば岐阜を中心に田舎の道路を走っていて気付いたのだが、コンビニはファミマとローソンはまあまああったのだが、圧倒的にセブンイレブンが少なかった。(因みに、ファミマやローソンでは私の持っている”イオンのワオン”は使えるが、セブンでは使えない。)(^_^;)

 

 

沖縄で生まれ育った私にとって人生初の多くの、そして長いトンネルに遭遇した。トンネルを出たかと思えば又トンネルが延々と・・・。一番驚いたのは沖縄では想像もできない長いトンネル、最長で何と11Kmもあった。

 

因みに那覇から糸満市まで12Km余ですよ。その間、ず〜とトンネルの中を走っているのです。いやあ、沖縄では考えられません。

 

 

 

 

8Nov blog (1).jpg

(白川郷)

 

8Nov blog.jpg

 

たまたま一軒の家で屋根の葺き替えが行われていた。案内やチラシでは村人総出で作業にあたるらしいが(結と云うらしい)、見たところ、どうも業者のような感じがした。(やはり、時代ですかね)

 

 

 

 

 

8Nov blog (3).jpg

 

高山の”古い町並み”に行ったのが11/2の土曜日だったせいか、人ひとヒトで昔ながらの狭い道は随分混んでいた。

 

 

 

 

今回は10/31〜11/4までの旅程だったが、名古屋も岐阜も昼間の最高気温が20〜21℃の陽気で、歩いているとやや汗ばむほどだった。しかし、流石に上高地は寒かった。もっとも2時間近く歩いた後はかなり身体は暖かくなってはいたが・・・。

 

 

8Nov blog (5).jpg

(恵那峡遊覧)

 

8Nov blog (6).jpg

 

 

8Nov blog (8).jpg

(熱田神宮近くにある、白鳥庭園)

 

8Nov blog (9).jpg

 

 

 

8Nov blog (7).jpg

 

名古屋の熱田神宮。11月の祝日ということもあり、七五三の家族が多かった。

 

上高地もそうだったが、大和の神社仏閣の境内は敷地が広く、高く大きな樹木に囲まれ、何ともいえない爽やかな気持ちになる。

 

 

娘婿が旅程の全てを予約や手配をし、そして車を一人で運転してくれた。ほんとに彼には感謝に耐えない。

 

 

 

 

 

最終日4日のお昼。

奮発して名古屋名物「ひつまぶし(特)」なるものをオーダーした。

 

”ひつまぶし”なるものは何か食べ方があったようで、娘に事前に説明は受けたのだが、「お父さんのは”うな丼”になっちゃっ」って言われてしまった。(;一_一)

 

(熱田神宮近くの鰻専門店「大和田」)

 

”なごやめしの代表的料理の「ひつまぶし」とは、関西風で焼き上げ、細かく刻まれたうなぎの蒲焼をお櫃に入ったご飯の上にどっさりと乗っけた料理です。1杯目はお櫃に入った「ひつまぶし」をお茶碗によそい食べ、2杯目はお茶碗によそったひつまぶしに薬味をかけて食べ、3杯目はお茶漬けにして食べます。店によってはお茶漬けの際に出汁がきいたお茶漬けにする場合もあり、店によってさまざまな味の違いを楽しめるでしょう。”(ネットより転載)

 

 

 

知人の訃報を聞くのはやはり寂しいもんだ

  • 2019.05.20 Monday
  • 16:54

 

 

 

 

九州の雨が大変そうだ。→ ”九州で大雨 一日の雨量がひと月分を超えたところも”

 

ニュースではよく ”?十年振りの豪雨” とか言うが、そうだろうか。

 

もうここ数年、毎年、どこかでゲリラ豪雨やらは頻発しているのではないか。

 

もう異常気象ではないと思う。

 

毎年、どこかで災害が発生すると考えた方が良い、と私的には思う。

 

 

 

 

 

さて、早朝の土砂降りから一転、ここ沖縄は少し小休止か。(午後5時前)

 

うっとうしい梅雨空の下、今日は湿っぽいハナシをひとつ。

 

 

中学高校の同期生との立ち話し。

 

アレコレ話しの中で飛び出た ”K”君 の訃報。

 

 

まさかひゃ〜 !?

 

 

高校時代は野球三昧のスポーツが得意だった ”K”君。

 

私が大学在学中の頃、彼が東京から帰省する時は、よくつるんで呑み歩いていた。

 

もう何十年も会っていなかった。

 

残念だ。

 

 

 

 

我々の世代の多くは恐らくは”新聞を購読”している。

 

そして、必ず目を通すのが「告別式告知欄」だ。

 

 

いつまでも若くはない。

 

”明日ありと思う心の仇桜”

”諸行は無常なり”

 

”故に只今に専心せよ”

 

 

 

お母さんが健康であること。是即ち家族の幸せなり。

  • 2019.04.07 Sunday
  • 17:27

 

3回目となる「人間塾母の為の氣功教室」を本日、予定通り終えた。1時半から3時までは真向法とストレッチ、そして三つの気功法をこなし、3時半頃までユンタクハータク。

 

今日は、Tさんが初参加でした。

 

 

 

(追記4/8)そのTさんからコメント頂きました。

 

「昨日は、ありがとうございました。 初めて気功を体験しましたが、音楽の流れる中、ゆったりとした時間、ゆったりとした体の動きで、心も体も(特に心)リフレッシュした気がしました。

帰宅すると、次女が『待っていました!』とばかりに飛びついてきて、現実に引き戻されましたが(汗)、 また来月の教室を楽しみにしています。」

 

 

(追記2)Mさんからもコメント頂きました。

 

「昨日は、ありがとうございました! もちろん、夜はぐっすり気持ちよく眠れました。 それ以外にも、帰宅してから、程よい疲労感で30分程の仮眠も気持ちよくできました。 やはり、人数が多い方が活気もあり楽しいですね。 来月の参加者が増えてくれるのを願っています。」

 

 

 

第2回お母さんの為の人間塾氣功教室

  • 2019.03.16 Saturday
  • 17:23

 

 

 

 

 

『お母さんが健康であること。是即ち、家族の幸せなり。』by 人間塾

 

 

2回目となる氣功教室を終えた。

 

ユンタクハータクしながら約1時間半余。

 

生憎、今回も四名参加予定が、直前に二人のキャンセルが出た。

 

 

 

真向法とストレッチで身体をほぐし、簡易氣功を二つと、伝統的な氣功を一つ。

 

簡易氣功は兎も角として、伝統的な氣功は「調心・調息・調身」の三位一体を旨とするので、修得には時間がかかる。(因みに、「調心・調息・調身」は、我が剛柔流空手のサンチン「氣・息・体」に符合する。)

 

 

お母さんたちは忙しい。

 

 

・・・気長にやっていこうと思う。

 

 

 

こんな暑い2月は初めてだ

  • 2019.02.28 Thursday
  • 21:32

JUGEMテーマ:健康

今日は2月28日。明日からもう3月に入るのですね。

 

今日も昨日に続き暖かく、やや”ムシット”した天気でした。夕方からここ那覇では雨になりました。

 

 

 

思うに、沖縄の今年2月の気候は、まさに”異常気象”ですね。ハイ。

 

70年近く生きてきて、こんな2月は初めて経験しました。元来、一年を通して2月が一番寒いのです。それが、今日もそうですが、まるで4月頃の”シーミー(清明祭)”前のような天気模様。

 

 

追記「3/2沖縄タイムス」

 

 

 

 

沖縄含め、世界の気候がおかしくなっています。地球のあるエリアでは”寒波”、と同時にあるエリアでは”熱波”。

 

異常も続けば、もう普通。当たり前の現象。

 

地球の気候だけではなく、世の中、世界の状況変化が著しい。

 

 

こういう時代だからこそ、安易に流されず、付和雷同せず、しっかりと地に足を付けた、自分らしい生き方を生きるべきだと強く思います。

 

 

 

 

 

自分らしい生き方とは?

 

後悔しない生き方とは?

 

そのヒントや参考になるのが、このブログのカテゴリー「健康」で見つかるかもしれません。

 

 

試してみてはどうですか?

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM