Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

健康

初めての気功教室

 

「第1回人間塾ママの為の気功教室」本日、終えました。

 

 

 

当初、四人参加の予定でしたが、下の息子さんが急に発熱したということで、結局、三人になりました。

 

子供の同伴は遠慮してもらったこと、土か日曜日の一定時間に行うという条件下で、お母さんがたへの参加呼びかけですから、致し方無いかなあ、と思います。

 

何れにしろ、当面は月イチで続けていこうと思っています。

 

気功そのものが主なる目的ですが、集まっての”ユンタク”も楽しいものです。”ユンタク”は人と人の潤滑油です。お母さんがたのコミュニケーションの場になればと思っています。

 

 

 

参加したSさんから早速、コメントを戴きましたので紹介します。

 

”気功教室の開催ありがとうございます。参加するまでは、気功って何するの?と思いながらも、最近は全然体を動かしてないし、ちょっとやってみようかな、という理由で参加させていただきました。

たくさんの動作があって、あんまり覚えられませんでしたが、終わった後の手のひらがじわじわした感じが不思議な 感じでした。身体もあちこち伸ばしてスッキリ、きもちよくなりました。教室が続いて、家でもできるようになって、ひざのポキポキも治るといいなぁと思いました。休憩中や終わった後のおしゃべりも楽しかったです。次回の教室もぜひ参加したいです。

今日は本当にありがとうございました。”(Sさん)

 

残るお二人からもコメント頂きましたら、紹介しようと思います。

 

 

 

さて、今日はお母さんの為の健康教室でしたが、実は、明日、「おやじ達」の集まりがあるのです。楽しみです。勿論、私も参加するつもりです。「おやじ組」の組長Nさん、宜しくお願いします。

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

● Mさんからもコメント届きました。

 

”今日は、ありがとうございました。
気功とは聞いたことはありましたが、全く未知の世界だった為、始まる前からドキドキワクワク…💓
まずストレッチで日頃の習慣不足を反省(^^;)
しかし、簡単な動き〜複雑な動きまで、与儀先生の動きを見よう見まねで実践していくうちに、現代社会で凝り固まった身体(笑)の硬さが解放されて解き放たれていくのがわかり、終わった後はすごくスッキリしました!
途中、自分の動きがおかしくて笑いが込み上げてきたり、皆さんであーだこーだ言いながら和気あいあいと出来たのも楽しかったです♪
そうそう! 帰宅してからすぐにまたお手洗いに走りました(笑) どんだけ毒素がたまっていたのか…(^^;)
家でもストレッチを頑張りながら、次回の開催を楽しみにしております♪ よろしくお願いします!” 

 

 

 

 

◆ ハイ、ラスト三人目Aさんからのコメントです。

 

”気功教室に参加させて頂き、ありがとうございました。 全く未知の世界で、何をするんだろう?と思いながらの参加でしたが、塾長の説明を受け身体を動かすと、簡単な身体の動きなのにポカポカジンジンしてきて不思議な体験でした。

 

後半の複雑な動きは、もっと練習をして呼吸法までマスターし自分のものにできたら、トランス(無の)状態に入るんじゃないかと思うほど、ボーっと動いてる瞬間がありました。

気持ちのいい脱力感があり、帰宅後には2時間も落ちたように爆睡してしまいましたが、起きたらスッキリリフレッシュ!私って疲れてたのかも?と認識した1日でした。

日常では動かさない部分を自分で動かせる範囲でほぐし、運動不足を実感しました。

終わってからのアンダグチも楽しくて、まだまだ足りず…  また参加したいです♪ 今後もよろしくお願いします。

オヤジ会に負けず、母会も開催しましょ〜 ” (^∇^) 

 

 

 

 

 

  • 2019.02.09 Saturday
  • 20:27

健康

人間塾の気功教室

 

 

 

 

気功を始めて8年になる。

 

ご承知のように、気功は多人数でやればやるほど、気場・磁場が上がるといわれている。大勢で練功すると生命磁場が強くなり、得気が早い。場の効果は人数と比例する。

 

これまで朝夕、一人でやってきたが、健康法に有効なこの気功を今回、少年少女部のお母さん達や一般部女子に開放しようと思う。当面は月イチ(日時不定期)のペースでやっていき、ゆくゆくは定期化できればと思う。

 

 

  • 2019.02.04 Monday
  • 14:34

健康

リタイア人生・・・どうしてますか?

 

小生が職を辞したのは2010年だ。定年まで未だ5年はあったが、正直、もう限界だった。

 

月々もらえるサラリーや年2回のボーナスは無くなってしまったが、職場の煩わしい人間関係から解放されたことや、自分の自由になる時間が大幅に増えたことが何よりも嬉しかった。有難かった。心底そう思った。ヽ(^。^)ノ

 

 

そういえば、昨年の娘夫婦との旅行でのこと。

 

高松市の栗林公園でボランティアガイドをしていた60代の男性、そして那覇空港から帰りの60代タクシーの運転手さん。二人ともやはり同じことを言っていた。「収入は断然減ったけど、その代わり自分の自由になる時間がもてたことや、好きなことをしていて毎日が楽しい」と。

 

 

 

 

 

退職金の殆どが道場建築、起ち上げに消えてしまった。が、思う存分、好きな空手に打ち込める。弟子や新しい仲間も出来る。

 

不思議なことに、果たして入門者はどうなるのだろうとか、道場の運営はどうなるのだろう、とかは頭の片隅にも無かった。ホントに・・・。

 

 

何とかなるもんだ。

 

結局、人は収入の範囲内で生きていくしかない。前職時、如何に浪費していたのか、リタイア後、思い知らされた。

 

 

気をつけることといえば、年齢に伴う体力の衰えや病だ。以前はワインも呑み過ぎることが多々あったが、流石にここ数年は何とかコントロールしている。

 

 

 



ところで、最近、自分自身驚いているのが読書。読む量が圧倒的に少なくなっている。

 

書籍雑誌の購入は現在の懐事情から仕様が無いとしても、是まで購入した本は山ほどある。いい話しが、ためになる話しが、一杯載っている。人の器を大きくするには、幾つかの手段方法があるが、読書もその一つだと思う。

 

 

 

因みに、お笑い芸人だらけのTVの通常番組は見ない。かつて良く見ていたニュースもみない。フィルターがかかり過ぎて信用していない。

 

映画、アニメ、格闘技系の番組などを録画して見ている。有料の衛星放送やネット配信ものには多少興味はあるものの、お金を出してまで見ようとは思わない。

 

 

 

 

このブログもお陰様で10年目を迎える。

 

ブログを読み返すと、その当時の状況や背景が思い返される。

 

”徒然なるまま日々の想いを綴り 我が人生の軌跡足跡と為す”  

 

現在、進行中 )^o^(

 

 

 

 

  • 2019.01.18 Friday
  • 16:18

健康

人生で最も後悔していることは何ですか?

 

 

 

 

この動画をみて、「チムアタイ」して、「そうだ。なんとかしないと!!」と思うのは、やはり高齢者のかたではないだろうか。

 

おそらく、かく言う私でも、もし30代40代でこのような動画を見ても、「感じる」だけで、本気で「行動に移す」ことはあまりなかっただろう。

 

 

 

人は「死」を意識することによって、今在る「生」を一生懸命生きようとする、と思う。

 

昨年初めに「兄」が急逝した。持病を抱えていたとはいえ、想定外だった。本人自身、そのような<ふし>があった。

 

身近な人の死を目の当たりにすると、死を意識し、そして生を意識する。

 

 

 

 

 

”本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマにとらわれてはいけない。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。” By  スティーヴ・ジョブズ(アップル創業者)

 

 

 

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 15:59

健康

老いるとは

JUGEMテーマ:健康

 

「人は老いることはありません」

あなたにとって、年齢とは何ですか? 年をとることがこわいでしょうか? それとも、あなたはそんなことは気にもかけずに楽しく生き、若さの泉とは、自分自身の意識にあるのだということがよく分かっている人でしょうか。

心を若く、新鮮で目覚めた状態にしておけば、年をとるということはありません。関心を持つことがたくさんあり、人生を100パーセント楽しんでいるなら、いったいどうして老いることなどがあるでしょうか。

人生70年などと考えてしまうと、自分に限界を課してしまいます。生きることの素晴らしさに目覚めることが、長い人生のはじまりになる人もたくさんいるのです。そういう人たちは、目覚めてから初めて人生を楽しめるようになります。

老齢などという考えはすべて捨ててしまいなさい。それは、みんなが持っている思考にすぎません。それが強くなりすぎて、固いナッツのようになり、殻を壊すのが難しくなってしまったのです。年齢についての思いを、この瞬間から変えて下さい。
                      
(アイリーン・キャディ著 「心の扉を開く」 6/19今日の言葉)





人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

希望ある限り若く 失望と共に老い朽ちる

(サミュエル・ウルマン の言葉)


特にサミュエル・ウルマンのこの詩は、若い頃から大好きでした。60も超えた現在、益々私の心に響きます。

 

 

(この記事は2012年6月にアップしたものを再掲した。現在、68驀進中。)

 

 

  • 2018.12.21 Friday
  • 19:36

健康

女性が長生きするワケとは? 何故、病気になる?


 

沖縄県を始め、日本本土や世界的に女性は男性に比して長生きである。

 

女性が長生きする理由って何だろう。早いハナシ、出入りのバランスが良いってことではないだろうか。


受け入れる一方で女性は出すのがうまい。よく泣く、よく笑う、よくしゃべる。涙は浄化。笑いは副交感神経の優位。しゃべるは発散。


 

 


これらは全て出す行為で、これにより女性は体の中にストレスを溜め込まないで済んでいる。感情を外に出さないと体の各部にいろいろな異変がおきてくるのだ。


もっとも近年は、草食系男子や肉食系女子という言葉も流行ったので、一概には言えないかも?・・ですね。
 

 

 


人は何故病気になるのか?

「本来の自分らしさ」を失った時、人は病気になる。自分らしさを失った姿が病気という形をとる。
 

 

 

 

では人間はどんな時に自分らしさを失うのか? ストレスで心がゆがんだ時だ。心の声、身体の声を無視して、外の声に振り回されるときだ。


「本当の自分らしさ」とは、いつもわくわく楽しく生きることだ。好きなことに没頭している時だ。

 

 

 

 

 

※ 今日の記事はあくまでも、私の主観的なもので一般論ではありませんので、念の為。

 

 

 

  • 2018.12.08 Saturday
  • 06:30

健康

からだが学ぶ

 

 

 

私が以前通っていた道場を含め多くの空手道場が床は板間にしていますが、人間塾はジョイントマットを敷きました。板間だと、受身、投げなどがなかなか思い切ってできないのです。それで、当初の主な狙いはそれだったのです。

 

・・・が、別の効果もありました。

 

板間でないので、冬場も余り寒くありません。

 

さて、一番予想外だったのは子供たちへの効用です。稽古を始める前や、ブレイク時に子供達を自由に遊び回らせております。また、稽古メニューには立ち稽古だけではなく、寝っころがったり、回転したり、飛び回ったりするような遊び心を採り入れたメニューもあります。

最近、気づいたことがあるのです。それは、自分の身を守る術を彼らは、自然に覚えていくのです。

例をあげます。

 

稽古開始前、子供たちは鬼ごっこで駆け回ります。その時ぶつかったり、転んだりします。又、人間跳び箱の時は着地に失敗して尻から落ちたり、胴体着陸でべちゃっと落ちたり、肩から突っ込んだりといろんな角度でこけます。見ていると、いつのまにか、こけかたが上手くなるんですね。本能的に身体を守る姿勢体勢をとっていくのです。

幼児は立っては転び立っては転びをしながら、歩むことを憶えていきます。野生の動物は、子供同士、じゃれあいながら獲物を獲る術を学んでいきます。

 

 

 

  • 2018.12.05 Wednesday
  • 16:08

健康

ネンネンコロリ?・・・ピンピンコロリの法則

 

(「沖縄タイムス」12/4)

 

 

経験則的に認識していた事柄もあるが、「え〜?」というのも幾つか。

 

古今東西、健康に関する話しは「百花繚乱」の如く、或いは「雨後の竹の子」の如く、咲き誇り、且つ、入り乱れている。

 

 

 

 

《お酒を毎日飲む人が長生きしている》 ?

 

小生同様、我が意を得たりとニヤニヤしている御仁もいるでしょうなあ。にしても「過ぎたるは猶及ばざるが如し」だと思うので、一度に呑む量もほどほどなんでしょうなあ。小生はどちらかというと「休肝日派」。

 

 

《人生の途中で生活習慣を改善した人たちが早死にしていた》?

 

いやあ、これは初耳だ。もう少し詳細に確認する必要はある。

 

 

《小太りのほうが長生きする。・・特に男性は痩せると短命になる》?

 

全くもって同意。例えば、健康法として世界中に多くの愛好家がいる、丹田を意識した呼吸法を伴う「気功」や「太極拳」。高齢でも元気で頑張っている人達を見れば ”一目瞭然” だろう。

 

 

 

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 11:34

健康

倉庫片づけで思うこと

 

 

 

 

台風一過、めっきり涼しく凌ぎやすくなった沖縄県那覇市。

 

天気もよく、昨日は半日かけて長年ほったらかしていた倉庫の整理を済ませた。断捨離ではないが、いかに不要の物や道具を抱え込んでいたか、改めて思い知らされた。

 

確かにその時は必要だったし使用していたものもある。が、ただ単に衝動買いで買ったものも相当数あった。(視点を替えれば、私にとっては無駄な出費ではあったが、店にとってはプラスになったわけだ。)

 

 

 

物や道具で埋まっていた倉庫の整理後、風の流れもよくなり、大袈裟に言えば「淀んでいた邪気が浄化」されたとでもいおうか。

 

部屋やトイレの掃除もそうだが、掃除した後は<空気感>がまるで違う。

 

 

 

昨日も調子良し。

 

今日もまたまた調子良し。

 

生かされていることに、日々感謝。m(__)m

 

 

 

 

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 10:01

健康

健康十訓

 

古今東西、百花繚乱の如く、世の中には様々な「健康法」があります。多くの健康法の中でも歴史に耐え、現在でも伝えられているものは、それなりに効果があるということでしょうか。

 

 

 

この画像は未だおふくろが元気でいる時に、実家に貼られていたものです。ネットで画像検索してみると、この「健康十訓」なるものは相当数ヒットします。見づらいと思いますので、改めて明文化してみます。

 

 

一.少肉多菜:肉を控えて野菜を多く摂りましょう
二.少塩多酢:塩分を控えて酢を多く摂りましょう
三.少糖多果:砂糖を控えて果物を多く摂りましょう
四.少食多噛:満腹になるまで食べずよく噛んで食べましょう
五.少衣多浴:厚着を控えて日光浴し風呂に入りましょう
六.少車多走:車ばかり乗らず自分の脚で歩きましょう
七.少憂多眠:くよくよせずたくさん眠りましょう
八.少憤多笑:いらいら怒らず朗らかに笑いましょう
九.少言多行:文句ばかり言わずにまずは実行しましょう
十.少欲多施:自身の欲望を控え周りの人々に尽くしましょう

 

 

一から七は”食事や生活習慣”についての心得のようで、(七を含め)残りは”気もちの持ち様”を言っているようですね。

 

さ〜て、自分に当てはめてみますと、「う〜ん、気もちの持ち様は特に問題無し」なんですが、前半の項目では半々ぐらいでしょうか。(^_^;) 

 

 

・・少車多走について・・

 

多走」で、身体を動かすことや運動することを勧めていますが、その比較対象として「少車」があります。

 

いやいや、私めはこれは完全に”アウト”です。多くの”ウチナ〜ンチュ” 同様、私めも何処に行くにも「車」無しではアカンのです。「多車」なのです。^_^;

 

 

 

・・・で、この「車」でふと思ったのですが、近年、社会問題化している「高齢者ドライバーの事故」や、「運転免許証の自主返納運動」。

 

”明日は我が身” になるのは間違い無いのですが、正直、考えたくもありませんので・・・考えないようにしています。( ー`дー´)キリッ

 

 

 

ところで、「高齢者に車の運転を辞めさせるフレーズ」なんて〜のを見つけました。

 

『今日は自家用車 明日は霊柩車』

『若者の車離れが進んでるんだって 流行に乗り遅れちゃうよ』

『いくら逆走しても時間は巻き戻せませんよ?』

『我が孫に賠償金を遺す気か』

『賠償金 貴方の年金底をつく』

『車の運転 冥途に一直線』

『早そうな 棺桶ですね』

 

 

イヤハヤ です。(>_<)

 

 

今日のブログ「健康十訓」は、「高齢者ドライバー」に依るモノでした。(-。-)y-゜゜゜

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

(追記)

 

おもしろい偶然?です。このブログを最初にアップしたのは昨晩15日ですが、今日の新聞投稿欄にも「高齢者と車」について掲載されていました。(@_@;)

 

 

 

 

  • 2018.04.16 Monday
  • 09:35