Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

偶然?必然?

英語と空手との出会い

 

小学校で英語の授業がある今の時代と違い、私が若い頃は中学に入って初めて英語の授業に接することになっていた。大学出たてのバリバリの青年教師K氏が小生の最初の英語担当だった。そして、運よくK先生に3年まで教えて頂いた。


当時は、例えば、他のクラスの中年の先生の場合、”This is a pen” の発音が ”ジス イズ ・・・” とか ”L と R” の違いも無い。そういう先生も仲良く授業をもっていた時代だった。(今では考えられませんよね。)
 

さて、そういう中学校でアメリカ帰りの(?)イケメンK先生が、巻き舌でぺらぺらネイティブ並みの英語を話す。当然のことながら、女子学生にもかなり人気のある先生だった。実際、見た目も良かった。(今は亡きジェームス・ディーンに良く似ていた。)


今でも鮮明に思い出す。

或る日の下校時。校門の前で夕映えの中。そのK先生と外(国)人の女性が立ち話をしていた。(当時の中学周辺にはかなりの外人住宅が有った。)

そばを通り過ぎながら、単純に小生は思った。

カッコ イイ〜 (*^_^*)

本気で英語に興味をもった瞬間だった。
 

 


数年後、R大学に在学中、偶然、K先生と再会し暫くは良く呑みに行った。未だ独身だった。

 

体型も変わり貫禄も付き、ジェームスよお前は何処に?・・・ではあったが。 m(__)m


ところで、事ほど左様に学校の先生の影響は凄いのである。今時の先生方は大変だと思う。確かにトンでもない不祥事をおかす先生も居る。それでもしかし、素晴らしい職業だと思う。どうぞ、世の先生方、初心忘れず、チバリヨ〜 ☆♪☆♪ 
 

 

子供たちに教え指導する意味では我々道場主もそうだ。彼らに及ぼす影響を考えると、日々の稽古は”あだや疎かには到底できない”。

 

沖縄空手を好きになってもらい、できれば将来的にも空手を続けていってほしい。そして、今度は彼らが子供たちに沖縄空手を伝えていくのだ。



・・・・・・・・・



学生時代から仲の良かったH君と、呑みながら良く話しをしていた。

 

何か趣味を持ちたい、どうせなら、伝統的な何かが良い。サンシンか空手か?(何故か琉舞は論外だったし、当時はエイサーも今ほど盛んでは無かった。)

ある日、彼に「安里の近くに空手道場があるけど、一度行ってみないか?」と誘われた。



初めてお会いした宮里栄一先生は・・・・・・

 

 

 

 

普通のおじさんだった〜〜〜〜〜〜 と、浅はかにもその時はそう思った。全くもって恥ずかしい限りだ。m(__)m

 

それほどやさしく、例のゾウのような目で話をしてくれたものだから・・。 




・・・結局、H君は入門しなかった。

宮里先生の道場も他の多くの道場同様、外国にも支部道場があった。交流も頻繁にあった。沖縄は外国人との交流が盛んだ。まともな英語かどうかはともかく、日常会話には困らない。特に空手仲間との会話は楽しかった。

 

 



あの時、K先生とアメリカ人の女性が普通に立ち話をしている傍を通り過ぎなかったら?

 

あの時、H君が宮里先生の道場を紹介してくれなかったら?

 


 

  • 2018.12.10 Monday
  • 10:15

偶然?必然?

ありがとう。人間塾に来てくれて・・


2Dec (4).JPG


11月27日がY姉弟とI君の最後の稽古となった。長い間、よく頑張ってくれた。ありがとう。

 

人間塾を選んでくれて、そして4年もの間、稽古をつづけてくれたことに改めて感謝したい。

 

 

 


2Dec (1).JPG 2Dec (2).JPG

 

両家から子供たちにと戴いたお菓子。

 

 

2Dec (3).JPG

 

・・で、これはワタクシメに。m(__)m


「生きるということは、正に出会いと別れ。この世に「おぎゃあ」と生を受けた瞬間から、数多くの人たちとの出会いと別れを経て、今の私が在りあなたが在る。」

 

 

 

 

 

そういえば、忘年会の時、入門の意思表示をしてくれたA兄弟のお母さん。先日、初稽古にきてくれました。)^o^(

 

 

  • 2018.12.02 Sunday
  • 15:43

偶然?必然?

ワンネス




 

この写真を見てどう思います?


カメラマンが意図的にそうさせたのか、そうでないのかは定かではありません。実はこの写真と次に紹介する記事は、大分前にFACEBOOKでシェアーされたものです。

皆さんにもご紹介致します。(原文英語。訳 by ガジャンビラヌ ティチカヤー)
 

 

 

”その学者はアフリカの部族の子供たちにあるゲームの提案をした。彼は木の近くに果物がいっぱい入ったかごを置いて、それから言った。

 

 

「さあ、誰が一番になりその果物を手にすることができるのかな? さあ、走れ!!」

 

 

そしたら、何と子供たちはお互いの手をとり、一緒に走った。そして、一緒に座って仲良く分け合って食べた。



学者は彼らに尋ねた。「みんなより早く走れば、一人で全部たべられたのに、どうして?」


一人が言った。「どうしてひとりだけ幸せになるの? そしたら残ったみんなが悲しむでしょう。」”

 

 

 

※ 今日の記事は2012年5月に掲載されたものです。

 

 

 

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 23:00

偶然?必然?

不思議な おハナシ

 

(沖縄タイムス 11/14)

 

 

投稿者のY.N(76歳)さんは、ウチナーグチでいう「さーだか生れ」の人だと思う。

 

たまーに投稿されているが、毎回、不思議な おハナシなので、楽しみにしている。以前の彼の投稿記事も是非ご覧あれ。

 

「蛇の恩返し?」2017/9/6

 

「事実は小説よりも奇なり」2016/5/28

 

 

 

次に紹介するのはY.Nさんではないが、人の出会いの不思議さを述べた記事である。

 

「ちむぐすい」2016/11/18

 

 

”サーだか生れ” でない小生でも60余年も生きていると、やはり不思議な出来事に遭遇したことが何度かある。おそらく拙ブログに訪ねて頂いている「あなた」にもそういう経験が絶対あるに違いない。そうですよね?

 

 

 

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 10:57

偶然?必然?

蛇の恩返し?

 

 

 

 

今日6日の「沖縄タイムス」に掲載されていた投稿。実に不思議なはなしです。

 

ところで、この人は以前にも不思議な体験を投稿しています。参照→事実は小説よりも奇なり

 

 

世の中には「さーだか生まれ」というか、そういう人が居るのですね。嘘かホントか分かりませんが、沖縄はそういう方々が他県に比べて多いというはなしも聞いたことがあります。

 

 

幸か不幸か、小生は見事なまでに、そういう意味では「凡人」であります。^_^;

 

 

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 10:50

偶然?必然?

別れもあれば・・・出会いもある

 

 

例年、この時期は世間でもそうだろうが、我が人間塾もご多分に漏れず”そうですよ”と、過日書いた。

 

しかしながら、反面、人生においてターニングポイントとも捉えるべき”大いなる出会い”というものも少なからずある。

 

今日は過去ログからお二人を紹介したい。

 

「出会い」2009年7/29

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017.04.02 Sunday
  • 16:01

偶然?必然?

ちむぐすい

 

 

(琉球新報)

 

 

生きていると誰にでも一度や二度はある「もし、あの時あの人と出会ってなかったら・・・??」との想い。

 

 

長く生きていると一、二度ではすまないかも・・・ですね。

 

 

中にはその人との出会いが自分の生き方や考え方、或いは環境を強烈に変えていく。

 

 

その出逢いは偶然だと思いますか? あなたは・・・

 

 

私自身も是まで、幾度となくそういう経験があります。このブログでも幾つか紹介していますので、お暇な方は(?)チェックしてみたらどうでせうか。

 

 

 

 

 

余談ですが、偶然で思い出しました。

 

昨日のことです。

 

たまたまある人の事を考えていたら、どんぴしゃ、その人から電話。

 

ある出来事があり疎遠になったその人。

 

再び、お付き合いが始まります。

 

面白いものです。ハナシには聞いていましたが、こういうことってあるんですね。

 

 

 

  • 2016.11.18 Friday
  • 10:05

偶然?必然?

事実は小説よりも奇なり



あるんですねぇ〜 こういうことが・・・。

貴方は信じますか?

若い頃、自分に関わる正夢のようなものは見たことがあるんですが・・・。




(琉球新報)


投稿者N氏は投稿欄の常連さんです。毎回、いいお話しを披露されています。GJ (^_^)v


 
  • 2016.05.28 Saturday
  • 09:34

偶然?必然?

映画 振り子



ぱらぱら漫画の「振り子」が実写化されていたんですね。知りませんでした。昨日、TV放映された「振り子」を観ました。



(公式HPより)


私自身、大分前にこの「鉄拳」さんのパラパラ漫画についてはブログアップしたことがあります。(「泣ける漫画 ぱらぱら」1/27,2014)※ 動画を貼り付けていましたが削除されています。YouTubeでチェックしてみてください。



今回もやはり (>_<) うるうる、でした。テーマが「夫婦愛」であるし、いやはや何とも ”チムアタイ” するのですよ。ほんとに。部分部分、自分の人生と重ねてね・・・。


実のところ、私は泣き虫です。いえいえ歳のせいではありません。若い頃からそうだったのです。映画でも、テレビでも、漫画でもですよ。どうしてでせうね。(参照記事 「なぜ、歳を重ねるごとに涙もろくなるのでしょう?」



劇中、夫である彼が言うのですね。「俺と出会わなければ、違う人生があったろうに・・・」って。


・・・でも、二人はやはり出会うべくして出会ったのです。


私は、そう・・・思うのです。




私とカミさんは、お蔭さまで四人の子供を授かりました。

この映画を観ながら何度も思い出しました。子供たちの出産に立ち会った時を・・・。あの時の気持ちを・・・。m(__)m



p.s. ついでに、も一つ参照記事をどうぞ。(「60才のラブレター」1/3、2011


 
  • 2016.01.26 Tuesday
  • 21:16

偶然?必然?

今日の呟き


ブログをチェックしていたら、ふと目にした数字。


2009年7月13日におそるおそる始めたこのブログ。


今日で6年と193日になる。そして投稿した記事が935件。


いやあ、良く言えば小生の好きな言葉「継続は力なり」で、悪く言えば「ちりも積もれば山となる」か。(^_^;)







今日まで続けてこれたのは、やはり「空手のお蔭」だろう。


”空手との出会い”がなければ・・・


”空手を続けて”こなければ・・・



そしてそして、”清水の舞台から飛び降りる”つもりで、退職金をはたいて「人間塾」道場を起ち上げていなければ・・・




そしてそして、やはり縁ある方々との「出会い」がなければ・・・


今の私はない。


・・・そして、このブログも・・・ない。



m(__)m









 
  • 2016.01.21 Thursday
  • 21:44