不思議な おハナシ

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 10:57

 

(沖縄タイムス 11/14)

 

 

投稿者のY.N(76歳)さんは、ウチナーグチでいう「さーだか生れ」の人だと思う。

 

たまーに投稿されているが、毎回、不思議な おハナシなので、楽しみにしている。以前の彼の投稿記事も是非ご覧あれ。

 

「蛇の恩返し?」2017/9/6

 

「事実は小説よりも奇なり」2016/5/28

 

 

 

次に紹介するのはY.Nさんではないが、人の出会いの不思議さを述べた記事である。

 

「ちむぐすい」2016/11/18

 

 

”サーだか生れ” でない小生でも60余年も生きていると、やはり不思議な出来事に遭遇したことが何度かある。おそらく拙ブログに訪ねて頂いている「あなた」にもそういう経験が絶対あるに違いない。そうですよね?

 

 

 

蛇の恩返し?

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 10:50

 

 

 

 

今日6日の「沖縄タイムス」に掲載されていた投稿。実に不思議なはなしです。

 

ところで、この人は以前にも不思議な体験を投稿しています。参照→事実は小説よりも奇なり

 

 

世の中には「さーだか生まれ」というか、そういう人が居るのですね。嘘かホントか分かりませんが、沖縄はそういう方々が他県に比べて多いというはなしも聞いたことがあります。

 

 

幸か不幸か、小生は見事なまでに、そういう意味では「凡人」であります。^_^;

 

 

別れもあれば・・・出会いもある

  • 2017.04.02 Sunday
  • 16:01

 

 

例年、この時期は世間でもそうだろうが、我が人間塾もご多分に漏れず”そうですよ”と、過日書いた。

 

しかしながら、反面、人生においてターニングポイントとも捉えるべき”大いなる出会い”というものも少なからずある。

 

今日は過去ログからお二人を紹介したい。

 

「出会い」2009年7/29

 

 

 

 

 

 

 

ちむぐすい

  • 2016.11.18 Friday
  • 10:05

 

 

(琉球新報)

 

 

生きていると誰にでも一度や二度はある「もし、あの時あの人と出会ってなかったら・・・??」との想い。

 

 

長く生きていると一、二度ではすまないかも・・・ですね。

 

 

中にはその人との出会いが自分の生き方や考え方、或いは環境を強烈に変えていく。

 

 

その出逢いは偶然だと思いますか? あなたは・・・

 

 

私自身も是まで、幾度となくそういう経験があります。このブログでも幾つか紹介していますので、お暇な方は(?)チェックしてみたらどうでせうか。

 

 

 

 

 

余談ですが、偶然で思い出しました。

 

昨日のことです。

 

たまたまある人の事を考えていたら、どんぴしゃ、その人から電話。

 

ある出来事があり疎遠になったその人。

 

再び、お付き合いが始まります。

 

面白いものです。ハナシには聞いていましたが、こういうことってあるんですね。

 

 

 

事実は小説よりも奇なり

  • 2016.05.28 Saturday
  • 09:34


あるんですねぇ〜 こういうことが・・・。

貴方は信じますか?

若い頃、自分に関わる正夢のようなものは見たことがあるんですが・・・。




(琉球新報)


投稿者N氏は投稿欄の常連さんです。毎回、いいお話しを披露されています。GJ (^_^)v


 

映画 振り子

  • 2016.01.26 Tuesday
  • 21:16


ぱらぱら漫画の「振り子」が実写化されていたんですね。知りませんでした。昨日、TV放映された「振り子」を観ました。



(公式HPより)


私自身、大分前にこの「鉄拳」さんのパラパラ漫画についてはブログアップしたことがあります。(「泣ける漫画 ぱらぱら」1/27,2014)※ 動画を貼り付けていましたが削除されています。YouTubeでチェックしてみてください。



今回もやはり (>_<) うるうる、でした。テーマが「夫婦愛」であるし、いやはや何とも ”チムアタイ” するのですよ。ほんとに。部分部分、自分の人生と重ねてね・・・。


実のところ、私は泣き虫です。いえいえ歳のせいではありません。若い頃からそうだったのです。映画でも、テレビでも、漫画でもですよ。どうしてでせうね。(参照記事 「なぜ、歳を重ねるごとに涙もろくなるのでしょう?」



劇中、夫である彼が言うのですね。「俺と出会わなければ、違う人生があったろうに・・・」って。


・・・でも、二人はやはり出会うべくして出会ったのです。


私は、そう・・・思うのです。




私とカミさんは、お蔭さまで四人の子供を授かりました。

この映画を観ながら何度も思い出しました。子供たちの出産に立ち会った時を・・・。あの時の気持ちを・・・。m(__)m



p.s. ついでに、も一つ参照記事をどうぞ。(「60才のラブレター」1/3、2011


 

今日の呟き

  • 2016.01.21 Thursday
  • 21:44

ブログをチェックしていたら、ふと目にした数字。


2009年7月13日におそるおそる始めたこのブログ。


今日で6年と193日になる。そして投稿した記事が935件。


いやあ、良く言えば小生の好きな言葉「継続は力なり」で、悪く言えば「ちりも積もれば山となる」か。(^_^;)







今日まで続けてこれたのは、やはり「空手のお蔭」だろう。


”空手との出会い”がなければ・・・


”空手を続けて”こなければ・・・



そしてそして、”清水の舞台から飛び降りる”つもりで、退職金をはたいて「人間塾」道場を起ち上げていなければ・・・




そしてそして、やはり縁ある方々との「出会い」がなければ・・・


今の私はない。


・・・そして、このブログも・・・ない。



m(__)m









 

御世話様

  • 2016.01.17 Sunday
  • 15:53
 

沖縄の那覇。今日は朝から雨模様です。週間予報を見ても、曇りや雨マークです。





このような天気になると、うっとうしく、正に気分が”晴れ晴れ”しない人たちは多いのではないでしょうか。かく言う私めも、以前はそうだったのです。ところが、リタイア後の今ではそうでもないのですね、お蔭さまで・・・。



さて、私めは、かつて否が応でもPC操作に向かわざるを得ない職場環境におりました。ワープロの時代からIBM,そして”Windows”(或いはMac)の出現、コンピュータネットワークの進化や携帯などのモバイルの登場。そのような環境におりました。

ですから、一通りは使えることは使えるのですね。PCもスマホも・・・。また、ネットや機器をいじるのも好きで、振り返ってみると、結構、散財してきました。(参照記事「文明の利器」1/10/2012


リタイア後の今、お陰様で、このブログや道場のホームページ管理、そして、塾生保護者の方や知人とのやりとりも、結構、これらIT機器にお世話になっております。有難いことです。


私にとって、空手もそうですが、好きなことや興味のあることをずっとやってきて、「ほんとに良かった」と思っています。人生、何が自分を助けてくれるか、わからないものですね。


 

終わりよければ・・・

  • 2016.01.11 Monday
  • 14:41

一昨日の事です。

寝起きで未だボ〜としている時、階下から娘の声。・・・どうも冷蔵庫の様子がおかしいらしい。カミさん曰く「先ほどまで何でもなかったのに、さっき開けたら、電気がこなくなってうんともすんともない」 (-_-メ)







冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、レンジなどなど、毎日お世話になっている家電が、急に故障したり動かなくなったりした時、「青ざめたり」「チムワサワサ〜」したことって、誰にもありますよね。家族が多いところは、より深刻です。



ブレーカー、コンセント特に問題ないようだったので、いつものように「S電気」さん来てもらいました。・・・が、何と電源プラグを差し込んだら、今度はちゃんと稼動するではないですか。汗


あれこれ調べてもらったのですが、結局はわからずじまいでした。「暫く、様子をみましょう」ということになったわけですが、今回のドタバタでひとつ良いことが・・・。


冷蔵庫は重いという先入観” 故に、冷蔵庫周りの掃除をほったらかしてきたわけですが、何のことは無い、前後の移動は実に簡単なのです。


お蔭さまで、冷蔵庫の背面や壁、床面のゴミ、埃など、(おそらく)十数年分の塵あくたなどを綺麗に掃除し片づけました。(これは冷蔵庫からのメッセージだったんではないか?・・・なんて思ったり・・・)(-。-)y-゜゜゜


 

他生の縁

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 01:00

今日の記事は以前、このブログにアップしたものを抜粋し若干手直ししたものです。

・・・・・・・


「袖触れあうも(又は擦りあうも)他生の縁」という私の好きな言葉がある。

”どんな子細で小さなことでも、人との関わりは偶然ではなく宿縁によって起こるものであり、例え、道すがら見知らぬ人と袖がすり合う程度でも何らかの因縁がある” 





60年以上も生きていれば、それなりに多くの人と関わりをもってきた。只、付合いが長ければ良いというものでもない。長い短いでは計り知れない何かが人との関わりにはあると思っている。


気が合う人合わない人、好きな人嫌いな人。すべて縁だと思っている。その時々必要な人と出会い、必要なことが起きる。出会いもあれば別れもある。


時間軸と空間軸。無限大のタペストリー。壮大なオーケストラ。



世は常に変化変転し、永遠に同じだというものはない。諸行は正に無常である。だからこそ、生かされていることに感謝し、そして、一日一日を生ききる。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM