昇級昇段審査に際し

  • 2020.03.20 Friday
  • 20:13

 

 

3月20日の今日、昇級昇段審査の為の特訓を終えた。

休む者もなく全員参加してくれた。

 

こういう特訓や集中稽古の場合は、実に時間が過ぎるのが速い。

1時間30分があっという間だ。

 

集中するということが、如何に有益有意義であるかということであり、時間というものが絶対ではなく相対的であるということだ。

 

 

最近は小学生、中学生でも黒帯の子が居るが、元来、沖縄では18歳以上の大人しか取得できなかった。しかし、空手の普及に伴い、ここ沖縄でも高校生から取得できるようになった。

 

ということは、小さいころから何年頑張ろうが、初段になるためには16歳まで待たなければならない。

 

 

さて、今回、当道場では初めて「生え抜き」といえばいいか、小学校の時の入門以来、初の初段挑戦である。誠に感慨深い。何となれば、おそらくどこも同様の状況だと思われるが、中学に上がる際、余程のことが無い限り道場を去っていくのだ。

 

 

 

稽古日時の変更について

  • 2020.03.18 Wednesday
  • 21:33

 

 

 

 

四月より稽古日時は次の通りになります。

 

稽古日:火・木曜日

 

● 少年少女の部(午後5時30分〜 7時)

● 一般の部(午後7時30分〜10時)

 

 

突然の来訪者

  • 2020.03.06 Friday
  • 19:51

 

 

昨日のこと。

 

子供たちのクラス中に、指導員の前田さんが「Gさんが遅くに来るそうです」と。

 

何でも仕事の関係で夜遅くに沖縄に来て、翌朝には発つようだ。

 

出来たら是非私に会いたいとのこと。

 

勿論、私に異存は無い。

 

 

結局、クラスを終え一風呂浴び、ワインを呑み始めるころ、彼はやってきた。

 

彼、Gくんは暫く当道場に通っていたが、2年程前にA県に転勤になった。律儀な男で、仕事で沖縄に来るとき、多少とも時間がある時は道場に来てくれる。

 

 

幸い、ビールが何缶か残っていたので、飲んでもらった。念のため聞いてみたら、時間が無く飯も食わず私のところにきたとのこと。早速にご飯とおかずをカミさんに頼んだ。

 

 

 

世の中にはいろいろな職業がある。

 

表には出ないが、ほんとうに我々の為に日夜頑張っている人達がいる。

 

 

お蔭さまで、あっという間に彼は残っている4缶を、そして私はワイン1本を飲み終えてしまった。

 

 

数少ない一般部の弟子達ではあるが、・・・あったが、一人でも何かの折に訪ねてきてくれる、これほど嬉しいことはない。

 

正に、道場主の冥利に尽きる

 

 

 

2月24日の特訓

  • 2020.02.24 Monday
  • 17:58

沖縄空手 世界に動画配信

  • 2020.02.24 Monday
  • 11:23

 

 

 

 

 

是非、動画もご覧ください。(画像をクリック)

 

 

 

 

継続は力なり

  • 2020.02.21 Friday
  • 19:06

 

以下の記事は2016年に一度アップしたものを多少修正し再アップした。

 




(琉球新報 2/27)
 

 

「継続は力なり」で、兎にも角にも続けること。続けることで見えてくるものがあるはずである。

意志と行動。通常は意志が先にあり、次に行動を起こす。が、行動を続けることによって、そのスランプややる気のなさ、を超えることがある。

意志と行動の例でよく引用されるハナシがある。普通、嬉しい時や面白い時、我々は笑う。だが、気分が落ちこんでいる時、無理してでも笑い続けていると、その落ち込んだ状況から解放されることがある。(人前では xx と思われるので、身近に誰もいない所で実行するしかないのですが・・・)



さて、同新聞からも一つ「健康に関する話題」を抜粋引用。

40歳で運動すると・・・

認知症予防に役立つ?

”中年期に頑張って運動すると、認知症を予防できるかもー。米ボストン大などが、四十前後の時期に身体能力の高い人は、老化に伴う脳の委縮の度合いが小さいとする研究レポートを発表した。脳の委縮は認知症の原因とされる。・・・”


私からすると「継続的な運動が心身の健康健全に良い」ということは、経験則で知っていることだ。

 



 

続けることや出会いについて

  • 2020.02.21 Friday
  • 10:16

 

 

 

 

ある物事を続けること、それはそれは結構大変です。

 

すぐに結果がでるようなものであれば、やる気も起きやすい。

 

すぐには結果が出ない、又は、分かりにくいものであれば、それはそれは結構大変なんです。

 

 

沖縄の伝統空手も本来はそうなんです。

 

ただそうは言っても、今の若い人や子供たちに旧来の指導方法では付いて来れる者もごく僅かです。

 

 

沖縄空手の継承発展には、どうしても若い人や子供たちに空手に関わってもらわなければならない。

 

 

沖縄県や組織団体の活動は別におくとして、われわれ町道場はそれぞれ独自のカラー、指導体系で日々取り組んでいます。

 

 

お子さんを空手道場や教室に通わせたいと思っておられる方は、必ず事前の見学や体験稽古を勧めます。

 

マスメディアに頻繁に登場する道場や教室以外にも、我が沖縄には素晴らしい道場や先生方がいらっしゃいます。

 

 

一昔前と違い、現在はネットの世界です。事前にある程度の情報を調べておくことも必要でしょう。

 

 

 

ただ、真逆のことを言うようですが、世の中には「出会うべくして出会う」ということもあります。

 

 

かく言う私がそうでした。

 

 

 

個人演武

  • 2020.01.31 Friday
  • 15:50

全沖縄空手道連盟主催の「空手古武道演武大会」

  • 2020.01.13 Monday
  • 18:12

 

 

 

前回2015年の演武大会から5年ぶりに開催される。(参照:「空手古武道演武大会を終えて」2015/1/26

 

 

(2015年の演武大会)

 

 

5年を短いととるか長いととるかはともかく、現在、当道場で頑張っているのは2名のみである。

 

子供たちは親の転勤や中学高校進学に伴う塾通い、一般部は仕事との関わりが主な理由であろうが、改めて思い知らされる。如何に「空手の稽古を続けること」が難しいか。

 

 

にんげんじゅく えいっ えいっ お〜〜

  • 2020.01.10 Friday
  • 18:21

 

 

 

今年の少年部の稽古始めは1月7日でした。

未だ帰省先から戻ってない子や、年末年始の疲れ等でお休みの子が数名。

稽古開始前にAクラスは楽しかった年末年始をどう過ごしたか、皆の前で話して貰いました。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM