Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

空手karate

サンチン・・漫画の世界から・・

 

 

    

 

 

    

(コミック「TOUGH」Vol.1)

 

 

 

何か、日々、自分がやっている「サンチン」とは思えないぐらい迫力がありますねぇ。 ^_^; 

 

筋肉隆々のオッサンのやる「息吹き」が凄い。^^;  何かオーラのようなものも出ていますが・・・??

 

同じサンチンをやる者として、正直、悪い気はしませんが・・・ (-_-;) 

 

只、沖縄の剛柔流空手の場合、突きの後の引きは、所謂、直受けです。

 

尤も、4コマ目の健康に良い云々については、まるまる同感です。

 

 

先日もこのブログで「サンチン要諦」をアップしました。

 

サンチンは、その時々の気分又は身体の状態に応じて「気・息・体」を配分します。特に「息と体」は・・・。

 

 

因みに、サンチンには二種あるんですよ、ご存知ですよね?

 

 

 

  • 2017.05.21 Sunday
  • 21:14

空手karate

鍛錬型と鍛錬法

 

今日紹介するのは、沖縄の伝統空手の鍛錬方法と鍛錬を主とした型である。(「沖縄空手古武道グラフ」1995 より転載)

 

 

首里泊手系と那覇手系、面白い。勿論、写真では出てないが、他にも各流派ごとに多種多様なものがあるようだ。

 

 

沖縄の伝統空手は先ず身体づくりから始まる。

 

例えば、我が剛柔流(那覇手系)では一昔前までは、”サンチン三年”と謂われていた。・・・今では”オーマイガー”だろう。九割がたが頓ずらか・・・。苦笑

 

 

 

嘗ての沖縄の拳聖と呼ばれている方々は、誰にでもそう容易くは教えなかった。稽古をつけなかった。弟子入りのハードルはチョウ高かったのだ。

 

そして指導するに際しても、(先生方独自の、或いは各流派に伝わる)基礎的な鍛錬方法で鍛え、且つその人間のやる気を観た、性格を視た。

 

 

それ故にこそ、入門できた弟子達は必至に日夜、先生の指導の下、稽古鍛錬に励んでいたはずである。

 

 

 

当時は一子相伝とはいわないが、信頼できる、期待のもてる弟子たちだけに、指導稽古をつければ良かった。

 

 

然るに現代は、いや我々は、その伝統空手を普及発展させるべく状態状況に置かれている。(勿論、そうではない先生方もいらっしゃると思いますが・・・)

 

 

 

・・・・・

 

画像では説明文が読みづらいので、文字を起こす。

 

 

首里手系:鍛錬型はナイファンチとセーサンである。糸州安恒・安里安恒の系統は鍛錬型をナイファンチを得意とし、喜屋武朝徳の系統はセーサンを得意とする。

 

 

 

泊手系:鍛錬型はナイファンチである。松茂良興作の流れをくみ、泊地方で伝承されたため泊手と呼ばれる。

 

 

 

那覇手系:東恩納寛量から許田重発等へ継承されたもので、鍛錬型はサンチンである。

 

 

因みにこの人は小生の先輩だ。若くして鬼籍に入った。実に惜しい人を亡くした。(知念真三先輩)

 

 

 

上地流系:上地完文が中国福建省に渡りもたらした純粋の中国拳法。基本型の「三戦」と「十三」「三十六」の三つの型は、完文直伝の型であり、上地流の根幹をなしている。たたいて鍛える極めて実践的特質をもっている。

 

 

 

 

 

 

  • 2017.05.20 Saturday
  • 19:53

空手karate

先生方と交わる

 

ご承知のように来年8月、「第1回沖縄空手国際大会」が開催される。

 

小生は今、その開催に向けての作業部会、県振興課主催の「競技専門部会」の一委員として関わっている。競技専門部会は那覇手系(剛柔流)、首里泊手系(小・少・松林流)、上地流の計3部会となっている。(大会は各流派ごとに競技が行われる)

 

沖縄伝統空手道振興会(会長・翁長知事)の構成四団体から各2名ずつ推薦され、計8名の委員で構成されている。

 

 

競技専門部会に委嘱されている検討事項は概ね次の通りである。

・競技規程に関する事

・構成、型に関する事

・勝敗方法に関する事

・武具に関する事

・参加資格、募集、表彰に関する事

・その他

 

 

 

(左から)奥間隆先生、喜久川政成先生(両名とも副部会長)

 

 

九場良男先生(部会長)

 

 

 

さて、嬉しいことは、沖縄剛柔流の先輩格の先生方と同席で、討論議論に加わらせてもらっていることだ。勿論、短時間での会議では込み入った話やプライベートな話はそうそうには聞けない。

 

しかしながら、会議では小生の知り得ない、現場現状や過去のお話しなどが出て来る場合がある。まことに小生にとっては有意義な会議となっている。

 

 

 

今回のように、沖縄空手界に関わる人たちが一同に会し、国際大会を成功裏に導かんと共同作業に従事することは、実に意味あることであり、有意義なことであると考える。

 

 

 

  • 2017.05.19 Friday
  • 10:25

空手karate

沖縄空手界の先人たち

 

 

流開祖より伝承された直伝世代の先生方。

 

過酷な沖縄戦を体験し、戦後から復帰前、そして祖国復帰後のこの間、沖縄空手界の礎を築いてくれた先生方。

 

改めて、沖縄の一空手家として感謝の意を表したい。(写真は「沖縄空手古武道グラフ」県教育員会、1995年)

 

 

 

   

1. 比嘉佑直(1910-95)小林流

2. 長嶺将真(1907-97)松林流

 

 

   

3. 上原清吉(1904-2004)本部流

4. 仲里常延(1922-2010)少林寺流

 

 

 

   

5. 仲里周五郎(1920-2016)小林流     

6. 宮里栄一(1922-99)剛柔流 ※我が師。師なくば今の我れ無し。

 

 

 

   

7. 宮平勝哉(1918-2010)小林流

8. 高嶺朝睦(1908-2006)剛柔流

 

 

 

   

9. 上地完英(1911-91)上地流

10. 八木明徳(1912-2003)剛柔流

 

 

 

   

11. 又吉真豊(1921-97)古武道

12. 赤嶺栄亮(1925-99)古武道

 

 

 

2017年沖縄空手会館の落成、そして2018年「第1回沖縄空手国際大会」を機に、わが沖縄の空手界は新たな時を迎え飛翔する。

 

 

 

  • 2017.05.18 Thursday
  • 12:20

空手karate

サンチン(三戦)要諦

 

 

 

 

 

 

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 13:25