うちなーぐちと沖縄空手

  • 2019.11.17 Sunday
  • 17:45

 

空手のハナシは楽しい。

 

同輩、後輩、弟子であれ、或いは先輩方であれ。

 

空手のハナシはとても楽しい。

 

 

しかし、歳を重ねたせいなのかどうか知らないが、同じ空手のハナシでも、先輩方からうちなーぐちで聞くことは、より楽しいものだ。うちなーぐちそのものが内包している柔らかさというか、大らかさというか、ゆったりした語り口が何とも言えない。

 

うちなーぐちプラス空手のハナシだ。

 

 

もっともっと私が若い頃にこの気持ちがあれば良かった、とつくづく思う。何となれば、私自身がななじゅう一歩手前になってしまっているし、それほど多くのうちなー空手の先輩方や先生方を私は知らない。

 

 

・・・いやいや、実は多くの先輩方が「うちなーぐち」は意外と使ってなかったのだ。通常の会話でも宴会などでも、一昔まえはみな「日本語」だった。(但し、上地流のU氏だけは別格である。同年であるが、通常の会話でも”むる うちなーぐち” だった。)

 

 

思うに、ここ数年の傾向は「沖縄の伝統空手への誇りや自信」は勿論だが、「沖縄が抱えている社会的状況」と「アイデンティティ認識への目覚め」ではないかと勝手に思っている。

 

 

uchinaguchi (5).jpg  uchinaguchi (1).jpg

 

 

uchinaguchi (2).jpg  uchinaguchi (4).jpg 

 

 

uchinaguchi (3).jpg

 

以上、日頃お世話になっている書籍。

 

 

 

命の洗濯をしてきました

  • 2019.11.09 Saturday
  • 11:11

 

10月31日の深夜便で中部国際空港へ着いたのは零時前。予想していたほどには寒くは無かった。

 

娘夫婦と私等夫婦の旅行も今年で4回目になる。

 

 

例年どおり、娘婿がレンタカーを借りての全行程何百キロのドライブ旅行である。(白川郷、飛騨高山、平湯温泉、上高地、恵那峡遊覧、熱田神宮などなど。)

 

 

初めての土地を車で移動するにはどうしてもカーナビに頼らざるを得ない。

 

 

・・・のだが、何とレンタカーのナビがまともに機能しなかった・・のだ。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

「レンタカーのナビがオカシイなんて・・・普通、有り得ないだろう。」<`ヘ´>

 

しかしながら、二人は二台のスマホを駆使しながら全行程を乗り切った。おそるべし現代のスマホ。おそるべし娘夫婦。

 

 

帰ってきてからネットでチェックしてみた。

 

名古屋→白川郷(155Km)

白川郷→平湯温泉(84Km)

平湯温泉→恵那峡(136Km)

 

おそらく最短の距離だろうが、実際のところ、我々は行きつ戻りつの迷いながらのドライブで距離も時間も相当食った。

 

 

そういえば岐阜を中心に田舎の道路を走っていて気付いたのだが、コンビニはファミマとローソンはまあまああったのだが、圧倒的にセブンイレブンが少なかった。(因みに、ファミマやローソンでは私の持っている”イオンのワオン”は使えるが、セブンでは使えない。)(^_^;)

 

 

沖縄で生まれ育った私にとって人生初の多くの、そして長いトンネルに遭遇した。トンネルを出たかと思えば又トンネルが延々と・・・。一番驚いたのは沖縄では想像もできない長いトンネル、最長で何と11Kmもあった。

 

因みに那覇から糸満市まで12Km余ですよ。その間、ず〜とトンネルの中を走っているのです。いやあ、沖縄では考えられません。

 

 

 

 

8Nov blog (1).jpg

(白川郷)

 

8Nov blog.jpg

 

たまたま一軒の家で屋根の葺き替えが行われていた。案内やチラシでは村人総出で作業にあたるらしいが(結と云うらしい)、見たところ、どうも業者のような感じがした。(やはり、時代ですかね)

 

 

 

 

 

8Nov blog (3).jpg

 

高山の”古い町並み”に行ったのが11/2の土曜日だったせいか、人ひとヒトで昔ながらの狭い道は随分混んでいた。

 

 

 

 

今回は10/31〜11/4までの旅程だったが、名古屋も岐阜も昼間の最高気温が20〜21℃の陽気で、歩いているとやや汗ばむほどだった。しかし、流石に上高地は寒かった。もっとも2時間近く歩いた後はかなり身体は暖かくなってはいたが・・・。

 

 

8Nov blog (5).jpg

(恵那峡遊覧)

 

8Nov blog (6).jpg

 

 

8Nov blog (8).jpg

(熱田神宮近くにある、白鳥庭園)

 

8Nov blog (9).jpg

 

 

 

8Nov blog (7).jpg

 

名古屋の熱田神宮。11月の祝日ということもあり、七五三の家族が多かった。

 

上高地もそうだったが、大和の神社仏閣の境内は敷地が広く、高く大きな樹木に囲まれ、何ともいえない爽やかな気持ちになる。

 

 

娘婿が旅程の全てを予約や手配をし、そして車を一人で運転してくれた。ほんとに彼には感謝に耐えない。

 

 

 

 

 

最終日4日のお昼。

奮発して名古屋名物「ひつまぶし(特)」なるものをオーダーした。

 

”ひつまぶし”なるものは何か食べ方があったようで、娘に事前に説明は受けたのだが、「お父さんのは”うな丼”になっちゃっ」って言われてしまった。(;一_一)

 

(熱田神宮近くの鰻専門店「大和田」)

 

”なごやめしの代表的料理の「ひつまぶし」とは、関西風で焼き上げ、細かく刻まれたうなぎの蒲焼をお櫃に入ったご飯の上にどっさりと乗っけた料理です。1杯目はお櫃に入った「ひつまぶし」をお茶碗によそい食べ、2杯目はお茶碗によそったひつまぶしに薬味をかけて食べ、3杯目はお茶漬けにして食べます。店によってはお茶漬けの際に出汁がきいたお茶漬けにする場合もあり、店によってさまざまな味の違いを楽しめるでしょう。”(ネットより転載)

 

 

 

沖縄空手の日 記念演武祭にて

  • 2019.10.29 Tuesday
  • 23:14

 

 

(沖縄タイムス10/28)

 

 

 

 

2019年10/27、那覇市国際通りにて恒例の記念演武祭が開催された。

 

薄曇りの夕方、やや肌寒くはあったが、空手演武は滞りなく実施された。

 

上の動画は少年少女を含めた沖縄の空手家達の壮大な一斉演武だ。

 

流派を超えた型。普及型気班甬攘伸兇論気鵬罎沖縄の誇るべきものである。

 

 

 

 

 

一生懸命な子供たち。

 

この子たちの中から必ずや将来、沖縄の空手界で活躍する者、背負って立つ者が輩出されるものと信じる。

 

 

 

※ 参照:2019年「空手の日演武祭」を終えて

 

 

記念演武祭に向け、Aクラスの子供たち

  • 2019.10.25 Friday
  • 18:19

 

 

 

 

 

27日の「空手の日記念演武祭」での一斉演武は、「普及型機廚函嵒甬攘伸供廚如僅か数分で終わってしまう。

 

・・・のだが、海外含め県内外から空手家が集う壮大なお祭りだ。(一斉演武終了後は、五つの演武エリアに分かれての演武がある。)

 

 

一斉演武は、昨年までは型をしっかり出来る子に絞っていたが、今回からは多少型に自信のない子も、思い出つくりや後学の為に参加させることにした。

 

天気予報を見る限り、当日は天気が崩れる心配もなさそうだし、気温も30度を割るようだ。

 

 

karatenohi muke.jpg

 

 

karatenohi muke (5).jpg

 

 

karatenohi muke (4).jpg

 

 

karatenohi muke (3).jpg

 

 

karatenohi muke (2).jpg

 

 

karatenohi muke (1).jpg

 

 

因みに、”一斉演武”終了後の各エリアでの各道場の演武タイムで、当人間塾は第4演武場で「制引戦」を演武披露する。

 

 

 

ラジオのインタビュー「集まれ空手キッズ」

  • 2019.10.14 Monday
  • 17:29

 

 

 

※ 音声データ提供 Sakiyama san

 

 

人間塾Aクラスの子供たち

  • 2019.10.11 Friday
  • 17:54

 

二学期制の学校の殆どが明日から秋休みに入るようですね。

 

昨日の稽古では数名がどこどこに行くから「来週の稽古は休みま〜す」とのこと。

 

なかには、「中国や香港、台湾、韓国、モンゴルなどに行ったよ〜」と意気揚々と言う子供たちもいて、数えるほどにしか外国に行ったことのない塾長の私には驚きを禁じ得ません。(;一_一)

 

 

 

やっと私にも孫を授かりましたが、塾長の私にとっては塾の子供たちも、みな孫のようなものです。ただ、おそらく自分の孫には”デレデレ〜”かもしれませんが、塾の子供たちにはかなり厳しい「おじいちゃん」かもしれません。(-。-)y-゜゜゜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、子供たちは掛け声をかけながら「アヒル歩き」をしていますが、何と言っているか解りますか?

 

 

答えは「てぃーち」「たーち」「てぃーち」「たーち」・・・です。笑

 

 

 

猛烈な台風が関東へ・・・

  • 2019.10.11 Friday
  • 14:57

 

 

 

これは昨日10日に東京のヨシオカさん(昨年11月迄、子供たちが当道場へ通っていた)から、送られてきた映像です。

 

スーパーのパンコーナーの棚です。

 

 

南方に発生したこの19号は、早いうちから猛烈で大きな台風になるといわれ、結局は沖縄はそれるものの東海や関東に直撃すると予想されている。

 

私の息子夫婦と初孫も東京にいる。大きな被害がないことを祈るばかりだ。

 

先ごろの千葉県の例もあり、今回はメディアも日々大きく取り上げて注意を促している。勿論、自治体や国も台風対策には本腰を入れていることと思う。

 

 

 

第24回全沖縄空手道連盟空手選手権大会

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 09:22

 

 

 

 

 

※ ブログ「人間塾空手」にも大会について掲載しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ m(__)m 動画提供 Asari Maeda  

 

 

第24回全沖空連選手権大会を終え、感想やコメントなど。

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 15:40

ちりも積もれば・・・ほんとに・・・山になる・・・

  • 2019.10.04 Friday
  • 19:36

 

 

・・・やっと処分した。(;一_一)

 

 

2tトラック一台で、●●万〇千円。\(゜ロ\)

 

 

おふくろが倒れて3年余。そして、2年前に兄は親不幸にも親より先にグソーに行ってしまった。

 

 

 

 

兄夫婦は2階、そして、おふくろは1階に住んでいた。

 

大正生まれのおふくろの世代では殆どがそうだとは思うが、「持物はなかなか捨てない。いや、捨てきれない。」のだ。そして、2階に居た兄はいつか処分しようと思っていたのだろうが、自分ら夫婦の廃棄品もひとまず1階に置いてしまっていた。

 

 

残った我々、兄弟や嫁さんたちが、しーみーやお盆に集まるたびに「何とかしないとなー。何とか・・・」とは話してはいたが・・・。

 

 

 

今回、お世話になった業者の方は、

 

「小嶺クリーンサービス」 

〒904-0021 沖縄市胡屋6-6-6

TEL/FAX 098-932-8728

 

知り合いの業者に紹介して頂いた。

 

 

 

何でも最近は、いわゆる「終活」とでもいうのか、お年寄りの方からの依頼がメチャメチャ多いそうだ。子供たちは独立し、それぞれの住まいをもっている。子供たちに迷惑をかけたくない、ということなのだろう。

 

 

私等夫婦も持物は多い。出来るだけ、子供たちには「負動産」は残したくない。

 

 

 

 

ところで、業者さんのハナシに戻るが、今回の処分費用、他の業者ならおそらく2〜3倍になるだろうと言っていた。

 

もし、このブログに訪れた方が同じ境遇におられるなら、どうぞ、幾つかの業者の見積もりを比較して頂きたい。

 

間違いなく、私が勧める「小嶺さん」が良い。<(`^´)>

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM